« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

今日は何の日


2008  6/1 (日)先勝

蛙軍・蛙女房・蛙の相撲・蛙が兜虫に成る・蛙の行列・
蛙の子は蛙・蛙の面に水、人間とのつき合いは長い。
<過去の出来事>


西光・俊寛らの平氏討伐の鹿ケ谷の陰謀発覚(1177年)


生田万が同志とともに越後柏崎で決起(1837年)


日比谷公園が開園(1903年)


幸徳秋水が大逆罪容疑で逮捕(1910年)


社会・民主などが連立して片山哲内閣成立(1947年)


国鉄・専売公社が発足する(1949年)


フランスのド・ゴール内閣が成立(1958年)
<記念日>


●写真の日
銀板写真(写真機)は1839年にフランス人画家のルイ・ダゲールが開発し、その2年後には早くもオランダから日本に上陸。その写真機を日本で最初に手にしたのは島津藩(今の鹿児島県あたり)の御用商人・上野俊之丞だった。彼は早速、藩主・島津斉彬に献じ、1841年6月1日に斉彬を撮影したという。これを記念して日本写真協会が1951年に毎年6月1日を「写真の日」と制定した。


●電波の日
1950年6月1日に施行された電波法・放送法により、電波は一般に開放された。これを記念して郵政省は、1951年から毎年6月1日を「電波の日」と制定。国民に広く、電波に関する知識普及と利用の発展を呼びかけている。


●気象記念日
1875年6月1日、赤坂の葵町に設置された東京気象台は中央気象台を経て、1956年7月1日に気象庁に昇格。その際、毎年6月1日が「気象記念日」と制定された。またこの日は、1884年に東京で初めて天気予報が出された日でもある。


●人権擁護委員の日
1949年6月1日、人権擁護委員会法が施行されたことを記念して、全国人権擁護委員連合会が1981年の総会で、毎年6月1日を「人権擁護委員の日」とすることを制定。全国の人権擁護委員が、その使命を再認識し自ら研鑽するとともに、人権思想がより広く普及することを目的としている。


●麦茶の日
「麦秋」と呼ばれる6月初旬は麦の収穫時期であり、夏の暑さを迎えて麦茶が飲みたくなりはじめるころ。そこで全国麦茶工業協同組合は、麦茶の需要拡大を図って、1986年に衣替えの日の6月1日を「麦茶の日」と制定。PR活動を行っている。


●ねじの日
1949年6月1日、JIS(日本工業規格)の基本法である工業標準化法が公布された。これを記念して、日本ねじ工業協会は、工業技術の隠れた担い手である「ねじ」に関心をもってもらおうと、1976年から毎年6月1日を「ねじの日」と制定した。


●プロポーズの日
ジューンブライドの月にちなみ、1994年に全日本ブライダル協会が、6月の第1日曜日を「プロポーズの日」と制定した。
<今日生まれの著名人>


蓮見孝之 (アナウンサー 1981年)


千代の富士貢 (力士 1955年)


山下泰裕 (柔道家 1957年)


坂上忍 (俳優 1967年)


佐多稲子 (作家 1904年)


玉置成実 (歌手 1988年)


夏川結衣 (女優 1968年)


岡本舞 (女優 1963年)


黄川田将也 (俳優 1980年)


モーガン・フリーマン (アメリカ・俳優 1937年)


ミハイル・グリンカ (ロシア・作曲家 1804年)


マリリン・モンロー (アメリカ・女優 1926年)


ニコラ・レオナール・サディ・カルノー (フランス・物理学者 1796年)


つまみ枝豆 (タレント 1958年)
<今日の雑学>

カラー・フィルムの発明
6月1日は「写真の日」だが、実用的なカラー・フィルム製版法を完成したのは「ゴッド」ことレオポルド・ゴドフスキー・ジュニアと「マン」ことレオポルド・マニスというふたりの発明家。彼らはニューヨークの高校時代、写真が趣味だったことから知り合った。1917年、総天然色が売りものの映画を見にいったが、質の悪さに憤慨し、優れたカラー・フィルム製版法の開発にとりかかった。だが、イーストマン・コダック社からの技術援助と投資会社や親からの資金援助を受けながらも、研究は遅々として進まなかった。30年にはコダックのスタッフに迎えられ、3年後ようやく2色フィルムを完成。即時発売を望むコダックをおさえて、さらに3原色フィルムの完成に没頭。そして35年4月15日、夢の結晶であるコダクローム・フィルムが全世界に発表された。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

商売は真剣勝負
商売は真剣勝負である。真剣勝負では、首をはねたりはねられたりしているうちに勝つということはあり得ない。それと同じで、商売は、ときによって損もし、得もするが、それを繰り返しているうちに成功するものだ、などと考えるのは、根本的に間違っている。熱心にやるからには、失敗なしに成功しなければならない。うまくいかないのは、環境でも時勢でも、運でも、何でもない。その経営の行き方に当を得ないところがあるからだと考えなければならない。真の経営者は、不景気に際して、かえって進展の基礎を固めるものである。まず世間的な、信念のない考え方を改めることが大事であろう。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
当日ページへ戻る
Illustrated by rueshell

誕生石=真珠(健康・長寿)

誕生花=牡丹(恥じらい、気品)
<季節の言葉>

●梅雨
暦の上では立春から135日目の6月11日か12日を「入梅」というが、気象上の梅雨は5月下旬から始まることもあれば、雨の少ない年もある。南の小笠原高気圧とオホーツク海の冷たい高気圧のせめぎあいによってできる梅雨前線が日本付近に停滞、長雨をもたらし、梅雨の降水量は年間の20〜30%。梅の実が熟す頃に降り続くので、梅雨と呼ばれる。
<旬の味>

6月上旬には各地で鮎漁が解禁になり、夏の味覚が出回りはじめる。じめじめした梅雨どきは、食中毒をおこしやすい季節。清潔を心がけ、旬の味覚で体をリフレッシュしましょう。

魚介=鮎(アユ)、鯵(アジ)、穴子、いさき、鱧(ハモ)、鱒(マス)
野菜・果物=南瓜(かぼちゃ)、ピーマン、胡瓜(きゅうり)、さやえんどう、いんげん、とうもろこし、トマト、茄子、梅、さくらんぼ、桃
<今月の草花>

6月を代表する花、紫陽花は、つぎつぎと花色を変えることから七変化(しちへんげ)ともいわれる。鎌倉の明月院、千葉県の麻綿原(まめんばら)高原、静岡県下田の城山公園などが紫陽花の名所として有名。山地の沢沿いや樹下には自生種のコアジサイ、ヤマアジサイなどが咲く。

花菖蒲(はなしょうぶ)泰山木(たいさんぼく)、夏椿、銭葵(ぜにあおい)、鈴蘭、どくだみ、雪の下、敦盛草(あつもりそう)、九輪草(くりんそう)、岩鏡(いわかがみ)
<風習・伝承>

●衣替え(更衣)
平安期、朝廷では中国にならって旧暦4月1日と10月1日に、冬装束と夏装束を着替えると定めていた。江戸幕府もこれに習い、江戸時代には幕府が、4月1日から袷(あわせ)小袖、5月5日からは帷子(かたびら)、9月1日から袷小袖、9月9日から綿入小袖などと定めて衣替えを制度化した。4月1日には綿入れを脱ぐことから、「四月一日」と書いて「わたぬき」と読ませる姓があるが、この習慣に由来したものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフト一本紹介しよう

gqs。
今日はニュースなどをその場で読めるソフトを一本紹介しよう。
このソフトはラジオブラウザと言うソフト。
概要はweb上のニュースを自動的にDLして読むためのソフト。
自分が読みたい時にこれをつこたら結構えーと思う。
読みたいニュースと違う場合はスペースを押したら次の項目に移動して読み上げる。
使い方は簡単。
LZHの形式になっとるけん任意のフォルダに解凍してそれからEXEファイルを実行したら最初の設定が出てくる。
ほんでタブで移動して設定でスペース。絶対にエンターは押さんように。
音声読み上げの速度の移動も可能。
初期値は100になっとるけど好きな数字に変更出来る。
このソフト一本だけでなしに例えばIEで自分のページを開いたとしよう。
ほんで開いて全て選択をクリックして右クリックして上下の矢印で移動して行くと
「ラジオブラウザで読み上げる」と言う項目が追加されるからそこでエンターしたらラジオブラウザが起動して読み上げると言う方式。
このソフトのDLさきは
http://www.vector.co.jp/download/file/win95/net/fh455071.html
になる。
作者のページは
http://crocro.com/pc/soft/radio_browser/index.html
になる。
読み上げの開始ボタンと一時停止ボタンと停止のボタンが在るけど読み上げたときに自分が読みたい奴と違う場合はそのままの状帯でスペースを押したら次の項目に移動する。
そして読み上げる。
わざわざ読みあげを停止したり一時停止をする必要は無論なし。
タイトルと読み上げる部分が多少違うところは在るけど聞いて聞けん音声ではなかった。
良かったらお試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨やのー

夜中から雨やのー。
そなんがいには降ってないんやけどの。
12時現在18℃やけどむっしょるの。
ドライにしとるけど。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

今日は何の日


2008  5/31 (土)赤口

五月晴れ、チュンチュン、キョロキョロ、お宿を忘れて。
<過去の出来事>


東学党の乱鎮圧のため朝鮮が清に出兵求める(1894年)


義和団鎮圧のため日英米などの軍が北京入城(1900年)


豪華客船タイタニック号が進水(1911年)


ロンドン・オペラハウスに三浦環、日本人として初出演(1915年)

ユトランド沖海戦で独海軍が敗北(1916年)


総理府・郵政省などを設置(1949年)


東ドイツが東西ベルリン間の境界線を封鎖(1952年)


ペルー北部で大地震。死者7万1000人(1970年)


ギリシア・トルコ両国がキプロス問題で合意(1975年)
<記念日>


●世界禁煙デー
1989年の世界保健機関(WHO)第42回総会で、世界人類の健康のため、毎年5月31日を「世界禁煙デー」と定めた。日本では、1992年5月31日に「医者が率先して禁煙運動を」と言う主旨で、全国の医師らが集まって「日本禁煙医師連盟」が発足。健康を守る立場の医者が喫煙の危険性を認識して積極的に禁煙運動を展開している。
<今日生まれの著名人>


鈴木京香 (女優 1968年)


領健 (野球選手 1982年)


有吉弘行 (タレント 1974年)


野間口貴彦 (野球選手 1983年)


日高のり子 (女優・声優・ラジオパーソナリティ 1962年)


東八郎 (コメディアン 1936年)


土方歳三 (幕臣 1835年)


土屋義彦 (政治家 1926年)


松岡洋子 (キャスター 1979年)


勝村美香 (女優 1980年)


伊福部昭 (作曲家 1914年)


レーニエ3世 (モナコ公国首 1923年)


ブルック・シールズ (アメリカ・モデル・女優 1965年)


クリント・イーストウッド (アメリカ・俳優 1930年)


ウォルト・ホイットマン (アメリカ・詩人 1819年)
<今日の雑学>

不運だった初舞台
1915年の今日、ロンドンのオペラハウスで、三浦環が「蝶々夫人」を上演。日本人初のプリマドンナとして舞台を踏んだ。三浦環は上野の音楽学校時代に教師だった滝廉太郎に求愛されたというエピソードの持ち主。その美貌と声楽の才能はロンドンの人々を魅了したが、公演初日にとんでもないハプニングが起こった。ピンカートンの船が長崎に入港するシーンで大砲の音が鳴り響くと、観客が浮足だって逃げ始めた。効果音だと思って歌い続けた環が気が付いたときは、客席はからっぽ、彼女だけが舞台に立っていたという。爆音は本物で、折しも第一次世界大戦の最中、ドイツの飛行船ツェッペリンがロンドン市街を初空襲した爆撃音だったのだ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

ゼロ以上の人間に
人間の生活はすべてのことが自分ひとりではできない。着物にしても食べものにしても、他の人の労作によってできたものだ。そのかわり自分もなんらかの労作を他人に与えて生活が成り立っている。つまり労作の交換である。この労作を交換しない、もらうばかりで与えるものがないというのでは役に立たない。これはマイナスである。プラスとマイナスがゼロ以上でなければ役に立つ人間とは言えない。たとえば反物を三反もらったら、それを四反にして提供する人になるということだ。精神面でもこれは同じである。人に対してより高い考え方を与える。これが人と生まれて社会に役立つ人間の姿であろう。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違うルート

ローソンかいもんとちょっと用事が在って行ってきた。
帰りはナビつこて帰ってきてやろう思うて出発地と目的地をセット。
移動開始。
やがてナビゲーションが出るけん指示通りに左折。
又むちゃくちゃ狭い道。
車もやっと通りかねるような道。
それも真っ直ぐならえんやけどくにゃくにゃ間借り回っとる。
横は田圃や川や用水路。
晩は該当がないけん真っ暗の通り。
そこを通って帰ってきた。
距離は確かに最短なんやけどなー。徒歩モードではこんな道がよう出る。
使用したナビゲーションのソフトは例のナビタイムの地図ナビソフト。
たまにはこんなんもえーかの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/30 (金)大安

一陣の春風を待って、旅支度。飛んでいく先は風まかせ。
<過去の出来事>


ジャンヌ・ダルクが処刑される(1431年)


ロンドン条約調印で第1次バルカン戦争終結(1913年)


上海で学生2000人がデモ(1925年)


英労働党が保守党を破り、初めて第1党となる(1929年)


間島で朝鮮人の反日武装暴動起こる(1930年)


米原子力潜水艦が横須賀に初入港(1966年)


テルアビブ国際空港で日本人ゲリラ乱射事件(1972年)
<記念日>


●消費者の日
1968年5月30日、消費者保護の立場から消費者保護基本法が公布施行。その10周年を記念して、政府の消費者保護会議が1978年に制定した日。消費者行政の推進を図ることを目的とした行事が行われている。


●ゴミゼロの日
5月30日を「5(ご)3(み)0(ゼロ)」と読ませる語呂合わせから、関東地方知事会の空き缶等対策問題推進委員会が、1982年に毎年5月30日を「ゴミゼロの日」と制定。河原や公園のゴミ集めなどが行われている。この日は日本電機工業会も「掃除の日」に定めているほか、厚生省は5月30日から6月5日の「世界環境デー」までを「ごみ減量化推進週間」と定めている。
<今日生まれの著名人>


矢口史靖 (映画監督 1967年)


北村龍平 (映画監督 1969年)


保志総一朗 (声優 1972年)


18代目・中村勘三郎 (歌舞伎役者 1955年)


大野雄二 (作曲家・ジャズピアニスト 1941年)


大村益次郎 (兵学者 1824年)


小坂一也 (俳優 1935年)


酒井敏也 (俳優 1959年)


左とん平 (俳優 1937年)


吉川十和子 (女優 1966年)


火野正平 (俳優 1949年)


宇野勝 (野球選手・野球コーチ 1958年)


安藝ノ海節男 (力士 1914年)


安岡章太郎 (作家 1920年)


ベニー・グッドマン (アメリカ・ミュージシャン 1909年)


ヒロ・ヤマガタ (画家 1948年)


ダンテ・アリギエーリ (イタリア・詩人 1265年)
<今日の雑学>

祖国愛の少女・ジャンヌ・ダルク
「ピューセル(乙女)」「オルレアンの少女」とも呼ばれるジャンヌ・ダルク。彼女は英仏百年戦争(1339〜1453年)中の1412年、敗色濃厚だったフランスのドンレミ村の農家に生まれた。13歳のころ「フランスを救え」という神のお告げを聞き、王位継承権を奪われていたシャルル7世を助けてオルレアンを解放。シャルル7世をランスの聖堂で戴冠させてフランスを勝利に導いた。しかし、王の側近に妬まれ、30年にコンピエーニュ救出に赴いた際、イギリス軍に売り渡されてしまった。そして、翌31年5月30日午前9時、イギリス軍の手でフランスのヴィユー・マルジェ広場に引き出されて「悪魔につかれた女」として火あぶりの刑に処された。1456年には名誉が回復され、詩・小説・戯曲の題材となり、今も祖国愛の象徴として親しまれている。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

叱ってもらえる幸せ
叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である。叱ってくれ手のないことは寂しいことである。どんな人でも、より多く叱ってもらうことにより、進歩向上が得られるのだ。叱られて反感を持ち、不愉快な態度を示すことは、再び叱ってもらえる機会を失うとともに自己の進歩はもうそれで行き詰まりとなる。叱ってもらうことは自己向上の一大資料であることを感じて、これを受け入れてこそ、そこに効果が生まれるのである。修業途中にある諸君は、叱ってもらうことの尊さを知り、叱られることに大いなる歓びを感じる境地に到達しなければならないと思うのである。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 乙女座 穏やかな一日が過ごせそうです ◎ ◎ ◎
2 蠍座 ちょっと冒険をしてみる日です ◎ △ ◎
3 獅子座 深呼吸でもして、肩の力を抜きましょう △ ◎ ◎
4 魚座 展覧会や催し物に出会ったら覗いてみましょう ◎ ◎ △
5 牡牛座 レジャーの誘いがあるかもしれません ○ ○ ◎
6 山羊座 環境が変わりやすいので、体調を崩さないように ◎ ○

7 蟹座 今日思い出した人と連絡をとってください ○ △ ◎
8 水瓶座 過ぎたことにいつまでもくよくよしないこと ○ ○ △
9 双子座 決断は素早く。機敏な行動を心がけましょう ○ ○ △
10 牡羊座 お金の浪費に注意しましょう △ ○ △
11 射手座 期待が大きいほど落胆も大きいものです △ ○ △
12 天秤座 遠い先を見るより、まずは自分の足元を △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

四国地方も梅雨入り

平年から比べると1週間ほど早いけど梅雨入りした。
ちなみに去年は6月13日やの。
これからしばらく好かんの。蒸し暑いし。
雨も4時40分位から降り出した。
今は弱い雨やの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/29 (木)仏滅

イギリスの王家の紋章から国花となる
花言葉は「愛情」ラテン語のROSA(赤)が語源。
<過去の出来事>


オスマン・トルコが東ローマ帝国を滅ぼす(1453年)


原田孫七郎がフィリピンに到着(1592年)


東京に師範学校が開校(1872年)


東京にコレラが発生。死者3万3784人(1882年)


ヒラリーらがエベレストの初登頂に成功(1953年)


中国雲南省で大地震(1976年)


京都に地下鉄開通(1981年)
<記念日>


●こんにゃくの日
5月29日を「5(こん)2(にゃ)9(く)」と読ませる語呂合わせから、日本こんにゃく協会が1989年に制定した日。


●呉服の日
5月29日を「5(ご)2(ふ)9(く)」と読ませる語呂合わせから、東京青梅市の呉服店などが制定した日。
<今日生まれの著名人>


野口雨情 (詩人・作詞家 1882年)


北野大 (工学博士・タレント 1942年)


片山右京 (レーシングドライバー 1963年)


武田祐子 (アナウンサー 1970年)


美空ひばり (歌手 1937年)


内田百間 (作家・随筆家 1889年)


堤義明 (事業家 1934年)


池上遼一 (漫画家 1944年)


大鵬幸喜 (力士 1940年)


大桃美代子 (タレント・女優 1965年)


小島忍 (タレント 1973年)


小出早織 (女優 1988年)


高野悦子 (岩波ホール総支配人 1929年)


金田朋子 (声優 1973年)


芦屋雁之助 (俳優 1931年)


チャールズ2世 (イギリス・国王 1630年)


ジョン・F・ケネディ (アメリカ・第35代大統領 1917年)


イサーク・アルベニス (スペイン・作曲家・ピアニスト 1860年)

<今日の雑学>

そこに山があるからだ
ネパール東部、中国国境に接するヒマラヤ山脈中にある標高8848m(端数は諸説あり)の世界最高峰・エベレストとはインド測量局初代長官の名からとった英国名で、ネパール名はサガルマータ、チベット語では「大地の母神」の意味の「チョモランマ」と呼ばれる。多くの登山家の命を奪ったこの山は、53年5月29日、ついにイギリスのハント隊のE・P・ヒラリーとネパール人シェルパのテンジンによって征服された。ところで「なぜ山に登るのか」という問いに対して「そこに山があるからだ」と答えたのは、イギリスの登山家ジョーニ・マロリー。彼も3度にわたりエベレストへ挑んだ人物で、3度目の挑戦(1924年)ではアービングとともにエベレスト頂上付近で行方不明になっている。名言はその直前にアメリカでの講演した際に語られたものである。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

まかせてまかせず
「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、人に仕事をまかせる場合、原則としては、こういう仕事をやりたいと思っている人にその仕事をまかせる、ということがいいのではないかと思います。しかし、まかせてはいるけれども、たえず頭の中で気になっている。そこでときに報告を求め、問題がある場合には、適切な助言や指示をしていく。それが経営者のあるべき姿だと思います。これは言いかえますと“まかせてまかせず”ということになると思います。まかせてまかせずというのは、文字どおり“まかせた”のであって、決して放り出したのではないということです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/28 (水)先負

花言葉「私を美しいと言わないでください」
純潔のシンボルの花。
<過去の出来事>


将軍・家光が奉書船以外の海外渡航を禁止(1634年)


長崎港内に扇形の出島を築き始める(1634年)


神奈川・函館・長崎が開港、米英露仏蘭と通商(1859年)


水戸藩士らが品川東禅寺の英公使館を襲撃(1861年)


衆議院が開院(1870年)


パリ・コミューンが崩壊(1871年)


田中義一内閣のもとで第1次山東出兵始まる(1927年)


ベルギーがナチス・ドイツに降伏(1940年)
<記念日>


●ゴルフ記念日
1927年5月28日、第1回全日本オープンゴルフ選手権大会が、横浜の保土ヶ谷カントリークラブで開催された。これを記念してスポーツメーカーのミズノが、1994年に毎年5月28日を「ゴルフ記念日」と制定。店頭イベントなどを行っている。
<今日生まれの著名人>


林明日香 (歌手 1989年)


立花隆 (ジャーナリスト 1940年)


北原文枝 (女優・声優 1920年)


内藤洋子 (女優 1950年)


筒美京平 (作曲家 1940年)


仲谷かおり (タレント 1975年)


中沢新一 (宗教学者・哲学者・評論家・文化人類学者 1950年)


中尊寺ゆつこ (漫画家 1962年)


村上ショージ (タレント 1955年)


石井眞木 (作曲家 1936年)


水沼貴史 (サッカー選手・サッカーコーチ 1960年)


辛島美登里 (歌手・作曲家 1961年)


若槻千夏 (タレント 1984年)


宮内淳 (俳優 1950年)


カイリー・ミノーグ (豪・歌手 1968年)
<今日の雑学>

出島の歴史
江戸幕府の鎖国中、日本とオランダとの貿易が唯一許された場所が「出島」と呼ばれた、長崎港内に扇の形に突き出た3969坪の人工島。かねてからキリスト教が国内に広まるのを恐れて弾圧してきた幕府は、ポルトガル人を隔離・収容したうえ、貿易を独占する目的で、出島を築かせた。築造が始められたのは、幕府の鎖国政策の進む1634年5月28日で、2年後の36年に完成。島原の乱の後の39年にポルトガル人の来航が禁止されると、今度は平戸にあったオランダ商館(オランダ東インド会社の日本支店)がここに移されることとなった。以後、オランダ人は、江戸末期までこの島にだけ在留することを許され、出島は鎖国中に西洋からの物資や文化が入ってくる貴重な場となった。現在は埋め立てられ、市内に編入されている。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

今日は何の日


2008  5/27 (火)友引

青葉闇という言葉がある。
季語で夏、青葉の闇で昼でも暗いことを云う。
<過去の出来事>


墾田永年私財法が布告される(743年)


初めて日本に来た象を8代将軍吉宗が見物(1729年)


米東インド艦隊が浦賀に来航、通商を要求(1846年)


貿易銀の一般通用を許し金銀複本位制となる(1878年)


ロシアのバルチック艦隊と日本海海戦始まる(1905年)


ピカールが気球で人類初の成層圏へ達す(1931年)


サンフランシスコ湾に金門橋が完成(1937年)
<記念日>

今日は記念日はありません
今日生まれの著名人


内藤剛志 (俳優 1955年)


中曽根康弘 (政治家・首相 1918年)


村上信夫 (シェフ 1921年)


増山さやか (アナウンサー 1966年)


相本久美子 (女優・タレント 1958年)


植田まさし (漫画家 1947年)


小向美奈子 (女優・タレント 1985年)


山本一清 (天文学者 1889年)


山根良顕 (タレント 1976年)


荻原博子 (経済ジャーナリスト 1954年)


ルイス・ゴセット・ジュニア (アメリカ・俳優 1937年)


ポール・ベタニー (イギリス・俳優 1971年)


ヘンリー・キッシンジャー (ドイツ・政治家 1923年)


いっこく堂 (腹話術師 1963年)
<今日の雑学>

でっかい夢をかなえた金門橋
サンフランシスコ湾の入口(金門海峡)に、金門橋ことゴールデン・ゲート・ブリッジが完成したのは1937年5月27日。全長2830mの吊橋で、塔と塔の間の長さ1280m。ケーブルは5mmのワイヤーが2万7000本ほど束ねられており、その直径は約90cm。ワイヤーをすべてつなぎ合わせると、地球を3周した長さになる。金門橋は、ニューヨーク市にベラザノナローズ橋ができる64年までは世界最長の吊橋だったが、それを造りあげた技術者ジョセフ・シュトラウスがたいへんな小男だったことはあまり知られていない。大人になっても身長が150cmしかなく、学生時代にラグビーをやりたいといったところ、友達から笑われ、ボールがわりにパスされたとか。その時、彼は「いつかでっかいことをやってお前らをあっといわせてやる」と心に誓ったという。金門橋が完成した時、彼はさぞかし満足感を覚えたことだろう。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

誠意が基本
経営を進めていく上で、もっとも困難があろうと思われるのは販売です。製造には新しい発見や発明がよく考えられますが、販売にとりわけの妙案が生まれることはなかなかむずかしいでしょう。それでは、そのように妙案奇策のあまりない販売の世界で特色を発揮し、販売を成功させるために何が基本になるかというと、結局はお互いの誠心誠意ではないでしょうか。どうすればお得意様に喜んでいただけ、どういう接し方をすればご満足願えるかを常に考えることが何よりも大切で、そういう誠意が根底にあってこそ、その人の言葉、態度に深い味わいも生まれ、販売力もまた高まっていくと思うのです。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 蠍座 まっすぐな信念を貫くことが必要です ◎ ◎ ◎
2 蟹座 今日のラッキーカラーは白 ◎ ◎ ○
3 双子座 雨に濡れてもかまいません ○ ◎ ○
4 牡羊座 ご無沙汰の人に電話をしてみましょう ○ ○ ○
5 天秤座 対人関係に小さな誤解が生まれそうです △ ◎ ◎
6 射手座 同じことの繰り返しにうんざりさせられそう ○ △ ◎
7 獅子座 儚い夢より現実に目を向けましょう ○ ○ ○
8 牡牛座 一緒に食事をすることで関係がほぐれるかも ◎ △ △
9 乙女座 物ごとがうまくゆかず、カッとならないように △ ○ △
10 山羊座 慢性の病気がある人は病院へ ○ △ △
11 水瓶座 思わぬ事件に思わぬ形で巻き込まれるかも △ ○ △
12 魚座 友達を敵にまわすと、大変です △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

2008/05/26 歩数

日付:2008/05/26
歩数:4530歩
カロリー:145kcal
累積歩数:345751歩
いきいき歩数:1674歩
いきいき累積歩数:197399歩
脂肪燃焼量:20グラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/26 (月)先勝

雪解け水をたっぷり吸収して、
幼子の手のように葉を広げ陽光にいろ鮮やか。
<過去の出来事>


ロシア船が来航、ゴローニンの釈放を求める(1813年)


日米約定(下田条約)が調印(1857年)


北条県(岡山県)で血税反対の農民暴動(1873年)


兌換銀行券条約を定める(1884年)


米大統領クーリッジが排日移民法に署名(1924年)


京大の滝川教授の休職が発令。滝川事件(1933年)


東名高速道路全線開通(1969年)


日本海中部沖地震。死者104人(1983年)
今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


和月伸宏 (漫画家 1970年)


木佐彩子 (アナウンサー 1971年)


徳丸完 (声優 1941年)


東海林のり子 (アナウンサー・レポーター 1934年)


黛ジュン (歌手・アーティスト 1948年)


西脇愛美 (歌手 1983年)


岩井由紀子 (タレント 1968年)


伊東美咲 (女優 1977年)


モンキー・パンチ (漫画家 1937年)


マイルス・デイビス (アメリカ・ミュージシャン 1926年)


ヘレナ・ボナム・カーター (イギリス・女優 1966年)


トミーズ健 (漫才師 1959年)


つるの剛士 (俳優・歌手・タレント 1975年)


ジョン・ウェイン (アメリカ・俳優 1907年)


イサドラ・ダンカン (アメリカ・舞踊家 1878年)


TAKURO (ミュージシャン 1971年)
<今日の雑学>

五月晴れって五月のことじゃない?
「五月(さつき)晴れ」というと、5月の気持ちよく晴れあがった空をさすと思いがち。でも、ほんとの「五月晴れ」とは、5月は5月でも、旧暦の5月のことで、鬱陶しい梅雨の晴れ間のことをさす。梅雨の時期が陰暦では5月だったためだが、太陽暦での生活が長くなるにつれ、5月の晴天も「五月晴れ」と呼ぶことが定着してしまっている。そのため、辞典によっては新旧両方の意味を載せているものもある。五月晴れと同様に「五月雨(さみだれ)」も、梅雨(つゆ)の時期に降る雨のことで、本来は5月に降る雨をさす言葉ではなかった。ちなみに「さつき」の「さ」は、「田の神」とか「田植え」の意味で、「みだれ」とは「水垂れ」の意味。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

不要なものはない
みなさんは、いろいろな立場にお立ちになっておられると思いますが、私はどんな立場でも、この立場はいけない、この仕事はまずいということはないと思います。どの仕事が必要でなくて、どの仕事が必要であるということはないのです。この世に存在するものは、すべて必要である、というように考えていただきたいと思うのです。そしてそうした考えに立って、要は自分には何が適しているか、何が向いているか、自分はどういうところに自分の使命を見出し、そこに打ち込むべきであるかということを、みずから考え、そしてそこに信念を持つことが大切だと思います。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 蟹座 思わぬ出会いがあります ◎ ◎ ◎
2 獅子座 さまざまな収穫のある日でしょう ◎ ◎ ◎
3 牡牛座 中古品に掘り出しものあり ○ ○ ◎
4 蠍座 相手に伝えたことをもう一度確認してください ○ ◎ ○
5 山羊座 思いがけない収入がありそうです ○ △ ◎
6 射手座 チャンスをものにするのは、周到な準備あってこそ ○
○ ○
7 牡羊座 氷がゆっくり溶けるように好転のきざしあり △ ○ ○
8 魚座 時節の到来まで、計画は暖めましょう ○ ○ △
9 双子座 人やお金の出入りが賑やかです ○ △ △
10 天秤座 説明は筋道だてて行わないと伝わりません △ △ ○
11 水瓶座 金銭のトラブルが発生しやすいので注意 ○ △ △
12 乙女座 人まねは魅力を半減させてしまいます △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

2008/05/25 歩数

日付:2008/05/25
歩数:17566歩
カロリー:575kcal
累積歩数:341199歩
いきいき歩数:9613歩
いきいき累積歩数:195725歩
脂肪燃焼量:82グラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松駅に自動改札機

来月1日からJR四国では2番目になるけど高松駅に自動改札機が導入される。
これは高知駅に着いで2番目になる。
まーどんなもんやろうなー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっぱりの

今日は久しぶりに教会に顔を出した。
携帯のバッテリーも充電出来とるのは一つしかない。後のは起きてから家を出る直前までの15分ほどしか出来てない。
そのほかのバッテリーはからっぽ。
まー二つで行くかと家を出た。
ナビの実験もかねて。
高松駅から教会まで2.3km。
ナビタイムのアプリを起動して移動開始。
1kmほどでバッテリー切れたけん新しいのを入れて移動開始。
これは夕方までもたんの分かっとるけん簡易の充電器を4年ぶりに買う。
乾電池交換して使う奴と一回つこたら終わりの奴と会ったけん後のにした。
バッテリー充電在る奴しとったら別に買う必要もなかった。
値段は600円。

まー帰るまでは何とか持つやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよ。いやー昨日は昼過ぎ3時位からようく雨降ったのー。闇間もほとんどなかったのー。
今日は久しぶりに教会に顔を出す。実に2年半ぶり。
金曜日の夜に様子を訊いたらちょこちょこと新しい人も居るげな。
今日は自己紹介せねいかんかも分からん。
話は変わるけど天気は急速に回復しておひさんがでとる。
携帯のバッテリーまともに充電しとる奴一つしかないが。夕方ぐらいまでもたさねいかんのー。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/25 (日)赤口

さぁ旋回準備OK。飛び立つ先は未知の国。
<過去の出来事>


富士山が噴火(864年)


足利尊氏が湊川の戦いで楠正成らを破る(1336年)


アルゼンチンがスペインから独立(1820年)


日清戦争後、台湾が独立を宣言(1895年)


山陽鉄道に日本初の食堂列車登場(1899年)


21カ条要求による日中間の条約が調印(1915年)


皇居が米機に爆撃されて炎上(1945年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


友部正人 (ミュージシャン・詩人 1950年)


豊田有恒 (作家 1938年)


浜田廣介 (作家 1893年)


石田ひかり (女優 1972年)


陣内大蔵 (歌手 1965年)


小林尽 (漫画家 1977年)


小倉智昭 (アナウンサー 1947年)


荒木経惟 (写真家 1940年)


江川卓 (野球選手・野球解説者 1955年)


桂小枝 (落語家 1955年)


菊池武夫 (ファッションデザイナー 1939年)


葛城ユキ (歌手・アーティスト 1949年)


だいたひかる (タレント 1975年)


ケント・ギルバート (アメリカ・タレント 1952年)


カイヤ (アメリカ・タレント 1962年)
<今日の雑学>

銀がないのに「銀の国」アルゼンチン
ペロン大統領夫人だったエビータの生涯がマドンナ主演の映画で話題になっているアルゼンチン。この国名(スペイン語読みではアルヘンティーナ)は銀を意味するが、アルゼンチンで銀は産出しない。ではなぜアルゼンチンと呼ばれるようになったのか?アルゼンチンがスペイン人に知られたのは、1516年のソリス、27年のカボットらによるラ・プラタ川の探検からである。カボットが川を探検中、原住民が銀とカボットの所持品とを交換してくれた。そこでカボットはその流域で銀が産出するものと思い込み、その川を「銀の川」(リオ・デ・ラ・プラタ)と名づけ、河口に近い植民地をラ・プラタと呼んだ。1810年5月25日、ラ・プラタはスペインからの独立を宣言したが、旧国名を嫌って、新国名には同じ「銀」を意味するラテン語を用いることにした。それをスペイン語読みにしたのがアルヘンティーナというわけ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

社長は徳、副社長は賢
人の組み合わせというのは、微妙なものだと思う。たとえば、会社の場合、非常に優秀な二人の経営者が社長と副社長になっても、相性が悪いとうまくいかないものである。総じて、どの会社でも、社長が積極的で、副社長は女房役といったところが多いが、原則としては最高首脳者はおだやかで、次席がバリバリやる方が望ましいようだ。つまり経営者の組み合わせとしては、社長はお人柄で、副社長は実行力に富む、といったあり方が安定感があるように思う。王は徳をもって立ち、その下に賢相がおれば、物事が徳望によって行なわれるという。企業の経営についても同じことが言えるだろう。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 牡羊座 昼飯をちょっと贅沢にいきましょう ◎ ○ ◎
2 双子座 身近な人にヒントをもらうかも ◎ ○ ◎
3 牡牛座 毎日の良い習慣が、功を奏します ○ ◎ ○
4 乙女座 アルバムを整理してください。気持ちの整理もつきます
◎ △ ◎
5 天秤座 気になる噂が聞こえてきても、惑わされないように △
○ ◎
6 蠍座 付き合いはほどほどに ○ ○ ○
7 山羊座 難しいことに挑戦する機会だと思ってください △ ○ ◎
8 獅子座 迷いを吹っ切って原点に戻ってください ○ △ ○
9 魚座 職場や仲間の暗黙のルールを無視すると痛い目に △ ○ △
10 射手座 敬遠していた人やものが近づいてきます ○ △ △
11 蟹座 今日は目立たないほうがいいです △ △ ○
12 水瓶座 騒動を見物すると、災いに巻き込まれやすい ○ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)

<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

今日は何の日


2008  5/24 (土)大安

春は滴ちるばかりの新緑萌え出ずる。
<過去の出来事>


老中・松平定信による寛政異学の禁(1790年)


日本最初の盲唖学校、訓盲唖院が開校(1878年)


12歳以上の男女混浴禁止の内務省令発令(1900年)


日本初のゴルフ場がオープン(1903年)


日本商工会議所が創立(1928年)


売春防止法が公布(1956年)


チリ地震の津波で三陸地方4万戸以上に被害(1960年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


鈴木清順 (映画監督・俳優 1923年)


服部祐民子 (歌手 1973年)


渡部恒三 (政治家 1932年)


田村亮 (俳優 1946年)


塚原愛 (アナウンサー 1976年)


小林聡美 (女優 1965年)


小沢一郎 (政治家 1942年)


柴田亜美 (漫画家 1967年)


河相我聞 (俳優 1975年)


加藤武 (俳優 1929年)


横溝正史 (作家 1902年)


井上喜一 (政治家 1932年)


哀川翔 (俳優・歌手・映画監督 1961年)


ボブ・ディラン (アメリカ・ミュージシャン 1941年)


たかしまあきひこ (作曲家 1943年)


ガブリエル・ファーレンハイト (ポーランド・物理学者 1686年)

ヴィクトリア (大英帝国女王 1819年)
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

世間に聞く
誰しも日々の仕事の中、生きていく中で迷いは生じるもの。いくら仕事に生きがいを感じていても、それを進めていくにつれて迷いが生じます。では、その迷いをどう解決するか。私は広く衆知を集めればいいと思います。広く世間にそれを求めればいい。世間は道場、人間錬成の道場です。大きくは社会に、小さくは同僚、友だちに尋ねればいい。そうしていくことによって、そこに自分の具体的な活動の形が求められてくる。尋ねて答えが返ってくる場合もあるでしょうし、返ってこない場合もあるでしょう。しかし、ある程度は返ってくる。不十分ながらも返ってくる。素直な心で求めることだと思います。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

<今日の雑学>

日本初のゴルフ場がオープン
1903年5月24日、日本初のゴルフ場といわれる「神戸ゴルフ倶楽部」が兵庫県の六甲山にオープンした。設立の中心になったのは六甲山頂に住んでいたイギリス人アーサー・グルームで、発会式には兵庫県知事の服部一三、イギリス総領事ホールらが招かれた。始球式を行った服部知事のドライバーは一間(1・8m)も飛ばなかったという。ちなみにゴルフの起原については、スコットランド発祥説、オランダ発祥説などがあるが定かではない。1608年に創設されたロイヤル・ブラックヒースが世界最初のゴルフクラブといわれ、その前後にスポーツとしての形態が整えられたものらしい。また現在、日本には約2000か所のゴルフ場があるが、世界的に見ても異常なほど多く、森林伐採や大量の農薬散布などによる自然破壊、会員権詐欺などが問題になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはえーわ。

こんなもん見つけた。
ぐるっぽ - 携帯で遊ぼぅ

と言う携帯向けの便利なサイト。
urlは
http://lupo.jp/
ここに接続してユーザー登録「無料」してたとえばわしのサイトをgoogleなんかで検索して見つけた後音声のファイル「mp3」とか「wma」なんかを携帯で聞く事が出来るようにオンラインで3gp形式に変換したりpdfなんかも変換してくれるげな。
あくまでも上記のサイトを介して接続した場合の話。
わしもユーザー登録してやってみたら出来た。
自分のユーザー名で中に入って8を押したらいろんな設定が出来る。
再生した時の音質の設定とか変換の容量「例えば60mbまで変換」とか音質は48khzで192kbpsまで設定出来たり
チャットの機能が在ったりsnsの機能が在ったりする。
これはなかなかおもっしょげなサイトやの。
まーよかったら遊んでみての。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

サイト更新終わり

サイト更新終わった。
らくらくホンプレミアムのページにドライブサポーターでのナビゲーションをインプレッションした奴を配信中。
http://9.pro.tok2.com/~jg5gqs/rakrak/rakrak.htm
がパソコン向けのサイト。
その中に携帯で一部聞く事が出来るストリーミング向けにも公開中。
パソコン向けに配信しとる奴と全くおんなじもんを配信中。
よかったらアクセスしてな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散髪

久しぶりに散髪してきた。三ヶ月は行ってないのー。頭がちいそんなったような気がするが。
散髪しよる時におっさん携帯出した。
F881Iやったが。
古いの持っとるのー。三世代前の携帯やが。
おっさんはこれでえんやと。
電話したりメールだけしかせんらしい。
けどわし個人としては新しい携帯に変更して欲しいのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後から

後からナビタイムでドライブサポーターでのナビゲーションした奴インプレッションして配信する予定。
やり方も分かったし。
今朝未明2時44分にちょっとだけインプレッションしたけど距離が短かった為直ぐナビ終わってしもた。
後からきちんとした奴をインプレッションする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブサポーター

いやーgqs。
ドライブサポーターの分やけどやり方分かったぜ。
ナビタイムプロ「315円」だけでは全部の機能使えんのやけどドライブサポーターのコースには入ってないかどうか不安になったけん調べたら入会しとったのー。
アイコンがようけ在るけど例えば検索して目的地とそれから出発地を検索してそれから指定条件で検索をクリックしてから後アイコンが在るけどその時やな。
例えば「自宅」と言うアイコン見つけたらそこで決定押したら「指定されたソフトを起動しますか?」と言うのがでるけん当然決定を押す。
ほんだら注意事項みたいなんがでるけん又決定を押す。
その操作を二回か三回か繰り返したらナビが始まる。
「ルート案内を介しします。一般の交通規制に従って走行して下さい」と。
まーとりあえずインプレッションしとるけんな。
http://9.pro.tok2.com/~jg5gqs/rakrak/rakrak.htm
にな。
携帯でもおんなじ奴やけどストリーミングで流しとるけんなー。自販機の在る所からうちまで100メートルしかないけん直ぐナビは終わってしもたけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

地図アプリ検証

いやー今日は誕生日。
それはえーとして今携帯には地図アプリのソフトが2本入っとるけど最初から搭載されとるゼンリンの地図ナビのソフトでは徒歩ナビも車のナビも問題ないけどナビタイムプロのソフトは徒歩ナビはきちんとナビゲーションする。
webに接続して必要事項を入れてやったら。
けど車のナビはドライブサポーターの機能が在るけどそれ使わないかん。
アプリだけ起動して出発地と目的地を入れて探してと言う校庭たどる必要が在るけど上記のようにするのはえーけど音声のガイドがないけんやりかた覚えないかんのー。
ナビが始まったらナビゲーションを介しします。
交通規制に従って走行して下さいと言うけどの。
行程覚える必要が在るんやけどわかる人居ったら行程教えてくれー。
よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

今日は何の日


2008  5/21 (水)友引

犬の陰嚢(ふぐり)と書く。実がそのカタチに似ているとか
黄色い花はカタバミ。
<過去の出来事>


舎人親王らが『日本書記』を完成する(720年)


織田信長・徳川家康が武田勝頼を長篠で破る(1575年)


京都に日本最初の小学校が開校(1869年)


パリ・コミューン攻撃の血の1週間が始まる(1871年)


リンドバーグが大西洋無着陸横断飛行に成功(1927年)


売春防止法が成立(1956年)


アメリカがビキニ環礁で水爆投下実験(1956年)
<記念日>

今日は記念日はありません
梨花 (モデル・タレント 1973年)


北林谷栄 (女優 1911年)


米良美一 (声楽家 1971年)


板垣退助 (政治家 1837年)


白井晃 (俳優・演出家・声優 1957年)


中村泰士 (作曲家・作詞家 1939年)


大竹佑季 (歌手 1987年)


高野進 (陸上競技選手 1961年)


原田貴和子 (女優 1965年)


玖保キリコ (漫画家 1959年)


岡本健一 (俳優・歌手 1969年)


芦辺拓 (作家 1958年)


フェリペ2世 (スペイン国王 1527年)


アンリ・ルソー (フランス・画家 1844年)


アルブレヒト・デューラー (ドイツ・画家・版画家 1471年)


アグネス・ラム (アメリカ・タレント 1956年)
今日の雑学

翼よ!あれが巴里の灯だ
1902年、州下院議員を父にデトロイトに生まれ、ウィスコンシン大学中退後、航空学校で教育を受け、郵便飛行士になったチャールズ・A・リンドバーグ。彼は27年5月20日、ライアン単葉機「スピリット・オブ・セントルイス号」に乗りロング・アイランドを出発。5816kmを33時間39分で飛行し、21日21時52分にパリ郊外のル・ブールジュ空港に着陸。世界初の大西洋無着陸横断単独飛行(2万5000ドルの賞金がかけられていた)に成功した。彼の快挙は『翼よ!あれが巴里の灯だ』で映画化され、著書『スピリット・オブ・セントルイス号』はピュリッツァー賞を受賞。第2次大戦では陸軍省顧問、戦後准将となった。また32年に彼の長男が誘拐・殺害された事件は、子女誘拐犯に死刑を課する「リンドバーグ法」制定のきっかけになった。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

自分が社長の心意気を持つ
戦争中に、ある青年が会社の業務として、一つの工場を売りに私の所へきました。私は話を聞いた結果、「君が私の会社へ入って、その工場の経営を引き受けてくれるのなら、買おう」と言うと、彼は「私は社長ですから現在の会社をやめるわけにはいきません」と言下にそれを否定したのです。「君は社員ではなかったのですか」と聞くと、「いや、自分は社員ですが、心持は社長のつもりでいます」と言うのです。この返事を聞いて、えらい人だなと思いました。われわれも一人ひとりが、それくらいの心意気を持って仕事をすれば、いろいろ新しいことも発見できるでしょうし、日々新たに成長もしていくと思うのです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もちょっと探検

今日も通った事ない所通って帰ってきた。
車では通った事在るけど歩いてはない所。
家の近所の駅下車して携帯の中に入っとる地図ナビソフトのセット。
今は二つ入っとる。
一つはゼンリンの地図ナビソフトともう一つはナビタイムのナビソフト。
どっち使おうかなー思うて結局ゼンリンの地図ナビソフトでセット。
こっちの方がナビをようするけんの。
ほんで礼の通りに最短距離で検索してセットして出発。
暫く進んで「まもなく100メートル先を右方向です。その先1km先を左方向です」と出た。
右折して2.300メートル進んだ所で川を発見。
かなり深いなー。わしは夜になったら殆ど見えん。
視野が狭い所持ってきて。横を見ながら歩く。
落ち込んだら高さ2メートルは在るかなー。水もあんまりないけん怪我するなーと思いながら歩く。
暫く行くと斜めに出る所を見つけた。
ここはばんばん車が通る。
とぎれた瞬間走ってわたりきる。
それで左折して進んで家の近所まで帰った。
そこでナビ終わらせてたばこ吸いながら帰る。
距離にして1.7km。
所要時間20分位やの。
地図ナビソフトやけどナビタイムの地図ナビソフトよりゼンリンの地図ナビソフトが正しいナビをするのー。
それとここで1つポイントやの。
わしはまず100%迷う事はないけどもし迷い始めたら再探索の機能をつこて現在位置と自宅の距離が縮まったら近づいてきとるし距離が遠かったら離れていっきょると言う事やの。
再探索機能つこて動いたらえーわ。
まー参考までに書いとくわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手紙

gqs。さて6月15日に在る携帯の競技会の募集要項の手紙がきた。
今からちょっと見てみないかんのー。
一応は簡単には目を通しては見た。
じっくり見てみるかのー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/20 (火)先勝

日陰や湿ったところはまったくだめで、
カタバミが生えていれば日当たりよし。
<過去の出来事>


蘇我蝦夷が大臣となる(626年)


応仁の乱が始まる(1467年)


キューバがスペインから独立、共和国となる(1492年)


江戸町人が米穀商を襲う。天明の打ち毀し(1787年)


中野重治・三木清ら共産党シンパとして検挙(1930年)


人は右、車は左の対面交通が決まる(1949年)


新東京国際空港(成田空港)開港(1978年)
<記念日>


●新東京国際空港開港記念日
1978年5月20日、千葉県成田市に新東京国際空港(成田空港)が開港した。東京国際空港(羽田空港)の発着容量が限界にきたため建設されたものだが、1966年の新東京国際空港公団発足以来、新空港建設は土地収容に反対する地元農民、学生、労働者の激しい抵抗を受けた。そのため、開港は予定より大幅に遅れたうえ、滑走路1本の部分開設となった。


●ローマ字の日
『羅馬字用法意見』を著して日本式のローマ字表記法を主張した元東大物理学教授の田中館愛橘の命日が1946年5月21日であることにちなみ、1955年に財団法人日本のローマ字社が、区切りの良い5月20日を「ローマ字の日」と制定。この日は日本のローマ字社主催による「日本ローマ字教育大会」が開催されている。
<今日生まれの著名人>


相田みつを (詩人・書家 1924年)


前畑秀子 (水泳選手 1914年)


真理アンヌ (女優・タレント 1948年)


山本舞衣子 (アナウンサー 1978年)


咲野俊介 (声優 1965年)


高橋和也 (俳優・歌手 1969年)


光浦靖子 (タレント 1971年)


河村隆一 (ミュージシャン 1970年)


岡田友香 (タレント 1987年)


王貞治 (野球選手・監督 1940年)


益子直美 (バレーボール選手・スポーツキャスター 1966年)


永井大 (俳優・タレント 1978年)


スージー・カン (韓国・タレント 1971年)


ジョン・スチュアート・ミル (イギリス・哲学者・経済学者 1806年)


ジェームズ・スチュワート (アメリカ・俳優 1908年)


オノレ・ド・バルザック (フランス・作家 1799年)
<今日の雑学>

ローマ字の表記法
明治時代には、日本の国際化のためにフランス語を公用語とすべきだという極論まであったほど、国語についてさまざまな議論がなされた。文盲を無くすためには漢字を使うのは止め、すべて仮名もしくはローマ字で表記すべきだという意見はかなり根強かった。日本語のローマ字表記法も、明治以来いろいろな方式が提案されてきたが、現在もヘボン(標準)式、日本式、訓令式の3種類がそれぞれ使われている。ヘボン式はアメリカ人の医師・宣教師ジェイムズ・カーティス・ヘッバーン(夫人は明治学院の創立者)が、1867年刊行の『和英語林集成』で使った方式。日本式は物理学者・田中館愛橘が『羅馬字用法意見』で主張した方式。訓令式は両者の折衷案として内閣訓令で示された方式だ。ワープロなどの日本語入力システムもたいてい複数の方式に対応している。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

公平な態度
国における法律の適用には万が一にも不公平があってはならないが、会社や団体における規律や規則についても、これまた同じことが言える。会社の規則というものは、一新入社員であろうと社長であろうと等しくこれを守り、それに反したときは等しく罰せられるということで、はじめて社内の秩序も保たれ、士気も上がるのである。だから、指導者は常に公平ということを考えなくてはならない。利害とか得失、相手の地位、強弱にかかわりなく、何が正しいかというところから、公平に賞すべきものは賞し、罰すべきものは罰するという姿勢を遵守しなければならないと思う。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 蠍座 昼飯をちょっと贅沢にいきましょう ◎ ○ ◎
2 山羊座 きれいな色を身につけるとラッキー度上昇 ◎ ◎ ○
3 牡羊座 ささやかな自由が得られる一日です ◎ ◎ ○
4 水瓶座 マンガやゲームにふれてみましょう ○ ◎ ○
5 射手座 人間関係で悩み事が △ ○ ◎
6 獅子座 思考がちょっとマニュアル的に。もっと自由に発想して
○ ◎ △
7 双子座 あふれるパワ−を少し押さえて、落着いて行動しましょう
○ ○ ○
8 牡牛座 悔しくてもじっと我慢の日です ○ △ ○
9 蟹座 無理押しして話をまとめても、後が大変 ○ △ △
10 天秤座 今日はちょっと辛抱が必要になるかも △ ○ △
11 魚座 物事がうまく行かずとも、クサらずボヤかずです ○ △

12 乙女座 見栄をはると恥をかきます △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

大げさやけどちょっと冒険

今日はちょっと用事が在ったけん役所に行ってきた。
帰りに歩いて戻ろうと思うて携帯のナビゲーションを設定してお任せのルートで帰ってきた。
役所から家までは3.4kmほど。
取り合えず出発。
お任せルート即ち近道ばっかりが出てくる。
移動開始。
ナビゲーションが始まってその通りに進んで踏切を渡って暫く進むと又ナビゲーションが出る。
「間もなく左方向です。その先100メートル先を右方向です]と出てきた。
どんなルートかと入ったら車が1台通りかねるような田舎道。
右が用水路で左が田んぼ。
又その逆も在った。
進んで言われた通りに右に曲がる。
さっきと同じような道がどんどんと続く。
それから暫く進んだら又ナビゲーションが出る。
「その先大きく右方向です。そのさき1km先右方向です」とナビが出る。
広い通りに出てからのナビ。
高速道路の下を通って暫く進んだら又ナビゲーションが出た。
「間もなく右方向ですその先1km先を左方向です」と。
それも無事通過。
ここでポイントを見つけた。
徒歩ナビのルートでお任せで検索したら近道ばっかりが出てくるんやなーと。
うちみたいな田舎ではあぜ道が多い。
それと側道の場合斜めに入って出てくる場合斜め右方向ですと言うガイダンスも出てくる。
これは結論から言うとわしみたいにあちこち歩ける人間はこのナビは使いこなす事が出来るけど道に慣れてない人とか臆病な人は多分この携帯のナビは使いこなすのは鍛錬が要る。
わしは大丈夫やけどの。
あれよあれよと言う間に1万歩を超えた。
帰ってきてみたら1万2千歩を超えた。
地図アプリを使うと携帯のバッテリーの消耗が激しい。
2時間半ほどで残量が1になってしもたのー。
けどこれからもどんどんと携帯のナビゲーションつこて歩き回るぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

曇り

天気曇ってきたのー。明日は夕方から雨げなの。
台風4号がどうなるかの。
けどこの時期に台風が発生するのは珍しい事ではない。
平成16年6月にも台風は発生しとる。
確か6月22日やったかも分からんけどその時は会社休みと言う連絡が全くこっちにないけん知らんもんやけんそのまま会社に行く。
途中で連絡入って昼からはあける言うけんもうその日は休んだ。
然しざっとしとるの。
わしはそんなんは好かん。
途中で引き返して帰ってきたの。
高松駅に着いたとたん猛烈に風吹き出したの。
瞬間風速28メートルやったと思う。
その中でタクシー探すけど一向に居らん。
4.5分待ってタクシー見つけて飛び乗って帰ったの。
平成16年6月に発生した台風やけど正式な日にちを後から調べてやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日「二日分」


2008  5/18 (日)大安

キク科の多年草で花苦菜と書き、葉や茎に苦みのある
白い乳液を持っていることからこの名がついた。
<過去の出来事>


豊臣秀吉が長崎からキリシタンを追放(1588年)


英が仏に宣戦布告し、7年戦争始まる(1756年)


ナポレオン1世が皇帝に推される(1804年)


函館五稜郭で榎本武揚が降伏。戊辰戦争終結(1869年)


護憲三派が領袖会議を開く(1924年)


米大統領ルーズベルトがTVAを設立(1933年)


阿部定事件起こる(1936年)


韓国・光州市で学生・市民と軍隊が衝突。光州事件(1980年)


アメリカ北西部の活火山セントヘレンズが大噴火(1980年)
<記念日>


●国際親善デー
1899年5月18日、オランダのハーグで、ロシア皇帝ニコライ2世の主唱により26カ国が参加した第1回平和会議が開催。国際紛争平和的処理条約が結ばれたのを記念して、この日を「国際親善デー」とした。日本では1931年から実施され、国際交流を通して平和を実現するという目的のもと、さまざまな催しが行われている。
<今日生まれの著名人>


槇原敬之 (歌手・作詞家・作曲家 1969年)


尾崎直道 (プロゴルファー 1956年)


飯島真理 (ミュージシャン・声優・女優 1963年)


東尾修 (野球選手・監督・野球解説者 1950年)


島本理生 (作家 1983年)


2代目・中村七之助 (俳優 1983年)


寺尾聰 (俳優・ミュージシャン 1947年)


山崎ハコ (歌手・女優・文筆家 1957年)


宇野あゆみ (女優 1987年)


フレッド・ペリー (イギリス・テニス選手 1909年)


フランク・キャプラ (イタリア・映画監督 1897年)


バートランド・ラッセル (イギリス・哲学者・数学者 1872年)


ニコライ2世 (ロシア・帝政ロシア最後の皇帝 1868年)


チョウ・ユンファ (香港・俳優 1955年)
<今日の雑学>

ゲリラの発生とナポレオン
1804年5月18日、皇帝に推されたナポレオン1世。彼は1808年、スペインの制圧に乗りだし、12万の大軍を投入した。その暴挙に憤激したマドリード市民は石や棒をもって抗戦したが、たちまち鎮圧され銃殺された。ちなみに、ゴヤの「マドリード、1808年5月2日」は、彼が自宅の窓から銃をかまえ、その様子を描いたもの。これをきっかけに武器を取って立ち上がったスペイン国民は、山岳地帯などにたてこもり、各地で「ゲリリャ」を繰り返し、フランス軍を悩ませた。「ゲリリャ」とは「ゲリラ」のことで、スペイン語で「小戦争」を意味する。以来、変則的戦闘行為や不正規武装団体のことをゲリラと呼ぶようになり、20世紀の人民解放戦争では重要な戦術となった。ちなみに類義語の「パルチザン」は第2次大戦中のレジスタンス(フランスの国民的な対独抵抗運動)から生まれた言葉。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

国際化時代と日本人
日本という国は、資源なき工業国として、今後とも世界の諸国との密接なつながりの中で生きていかなければならない。だから、いたずらに警戒されたり嫌われたりするようでは非常にマイナスである。そうならないためには、日本人お互いが、これまでの行き方を大いに反省し、また誤解があれば誤解をといてもらえるように、日本と日本人の考え方を正しく伝えていくことが必要である。そのためにもまず大事なことは、お互いにこの国日本と日本人自身というものの特性なり背景を、みずからしっかり把握することではないだろうか。そしてその上に立って、国際化時代に処する道を、ともども真剣に考え合うことだと思う。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。
2008  5/19 (月)赤口

薄緑色の茎の頂きに、純白の玉をのせたような花が開く
別名コンペイトウ草。
<過去の出来事>


聖武天皇の時代に禁酒令が出される(737年)


織田信長軍が桶狭間の戦で今川義元軍を破る(1560年)


ハレー彗星が地球に大接近(1910年)


対仏ベトナム独立同盟(ベトミン)が結成(1941年)


東京の食糧メーデーに25万人が参加(1946年)


経営者団体連合会(経団連)結成(1947年)


白井義男が日本人初の世界チャンピオンに(1952年)


衆議院で新安保条約を強行採決(1960年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


堀源一郎 (天文学者 1930年)


豊原ミツ子 (随筆家 1938年)


大塚芳忠 (声優 1954年)


荘口彰久 (アナウンサー・ラジオパーソナリティ 1968年)


西田幾多郎 (哲学者 1870年)


神木隆之介 (俳優 1993年)


安藤政信 (俳優 1975年)


ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ (ドイツ・哲学者 1762年)


ポル・ポト (カンボジア・政治家 1925年)


ホー・チ・ミン (ベトナム・政治家 1890年)


ピート・タウンゼント (イギリス・ミュージシャン 1945年)


アンドレ・ザ・ジャイアント (フランス・格闘家 1946年)
<今日の雑学>

銚子と徳利
禁酒令といえばアメリカが有名だが、日本でも聖武天皇の時代の737年5月19日に禁酒令が出されたことがある。ところで、日本で酒の器と言えば、銚子か徳利だが、その違いはご存じだろうか。今では同じように使われる言葉だが、もともとは正月のお屠蘇や、神前結婚式の三三九度に用いられる、柄や下げ手のついた鍋型の酒器が銚子、瓢箪のような形の酒器が徳利と呼ばれていた。銚子は平安時代から使用され、のちにおもに儀式用となった。一方、徳利は古代の酒器である瓶子から変化したもので、酒を運ぶ道具として発達。酒を燗をして飲むようになった江戸時代に、銚子をじかに火にかけて燗をすると味が悪くなるため、徳利に酒を入れて湯燗するようになり、徳利が一般化。次第に徳利を銚子と呼ぶようになった。ちなみに徳利の語源は、酒を注ぐ時の音という説、朝鮮語のトックル(酒壷)からきたという説などがある。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

戦乱の中での商売よりも
昔の商人たちは、洋の東西を問わず、戦乱のちまたの中にあって、いつ流れ玉に当たって死ぬかもわからないという状態の中でも、立派に商売を進めてきました。しかし、今日では流れ玉に当たるというようなことはまずありません。ですからそのような時代に比べると、今日は困難であるとか経済危機であるとか言っていますが、まだずいぶん楽である。むしろ非常に商売のしやすい絶好の機会と言えるのではないでしょうか。そう考えて自分の商売をもう一回見直し、必要のあるところに創意工夫を加えていくことによって、難関を切り抜けていくこともできるかと思います。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったの/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

暑い

暑いのー。
まだこの時間で20℃在る。
昨日エアコン付けっぱなしで寝てしもた。
今もエアコン付いとるけど自動にしとるけん除湿やの。
ちょっと室内機回ったら止まり回ったら止まりしよるなー。
もうちょっとおきとってから寝るかのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

啓太地図ナビ地図ナビ実験

5月17日:これは文面だけで掲載するけど1つの実験をしてみた。
その実験は今日ちょっと用事が在って高松まで行って高松駅から現地まで徒歩で移動。
最短距離でナビゲーションするようにしとる。
例えば1kmほど直線が続いて左に曲がる場合を例に挙げてみる。
1kmほどの直線が続いてそれから左に曲がる場合「直線の道に入った後「1kmほど道のりです。その先左方向です]とガイダンスが出る。
それから後は500メートル。さらに進んで300メートル。さらに進み100メートルとガイダンスが出る。
それから「まもなく左方向です」とガイダンスが出た時は測位のレベルにもよるけど
レベルが3の時つまり一番制度が高い状帯の時大体20メートルほど手前でまもなく左方向ですとガイダンスされる。
そのガイダンスが聞こえたら左に注意したらちゃんと曲がる道が在る。


これは右に曲がる場合も一緒。
まー目的地に到着する直前に「まもなく目的地不均です」とガイダンスが出た場合これも測位レベルにもよるけど一番えー状帯で20メートルほど手前になった時にガイダンスされる。
暫く進んだら「目的地不均です」とガイダンスが出た時は自分の右か左に目的地の建物がある。
その時に決定を押したら「お疲れ様でした」とガイダンスが出る。
このナビは道路の構造とか道を歩きなれとる人は全然問題なしに使えるけど道を歩きなれてない人とか
道路の構造を分かってない人は多分使うのはちょっと鍛錬せないかんかも分からんなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて

さて日付変わったなー。今から寝るかー。
明日は朝早いし。
取りあえず今から寝るかな。
けど昨日の晩と一緒で暑いのー。
無風やし。
ちょっとエアコン運転して冷やすかの。
昨日も夜中暑かったけん冷やしてからぎんぎんに冷えた所でエアコン止めたけどこのごろのエアコンは止めても直ぐには止まらん。
1時間ほど送風になる。
これは熱交換機に湿気が着かんようにするため水滴を全部都バス為。
その為に送風で運転して交換機の湿気が全部飛んでしもたら完全に運転が止まる。
フィルターも掃除するしほんまによんなったのー。
今頃のエアコンは。
臭い取りも在るし。
前までのエアコンは付けたら必ず生活臭がしよったけどこのごろは生活臭も取り除いてくれるわの。
エアコン付けた時にオプションでフィルターもこうた。
華美がはえんようにする為のフィルターやの。
わさび抗菌とか書いとったのー。
さて取りあえず今から寝るわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

暑いのー然し

今日は朝から暑いのー。
へたしたら昨日より温度高いかも分からん。
多分今24℃越えとるかも分からんの。
今日は予想では24℃言いよったけどふょっとしたら予想を上回るかも分からんの。
明日も天気えーげなし。
暫く天気続くげなの。
ちなみにさめうらダムの貯水率は今100%で平年の今の時期より多い。
ちなみに平年は94%。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いのー然し

いやー今日の夜は暑いのー。
今冷房入れとる。
温度はこのエアコンでこれ以上下がらん温度「16℃」で運転中。
もうちょっと冷やしたら運転終わらすかのー。
つけっぱなしでもえんやけどちょっと今はまだ早いかの。
6月になったら毎日エアコンつけっぱなしの状態が続く。
去年の6月にはウインドファンやったけんつけっぱなしにするのが出来んかった。
冷えが悪いとか言うんではなしに音が五月蠅いけん。
あいつはいかん。室外機の部分に当たるコンプレッサーもボディーの中に搭載されとるけん。
それにウインドファンは効率が悪いし電気もようけ食うし。
えー所なしや。
8月に今のエアコンになった。
11日にぽーん言うてめげてその日に何件か電気屋電話して見積もりして15日水曜日に新しいエアコンになった。
以外と早かったのー。
あれから後3ヶ月で1年。
こないだパナソニックのサイトに繋いでわしがこうたエアコンの型番見たら生産終了品になっとった。
早いのーしかし。
まだ発売されて1年も経過してないのにはや生産終了品のリストになっとるけんのー。
8月15日に新しいエアコン工事に来た時にウインドファンは自分ではずして直ぐ持って帰ってくれるようにしとった。
さーぼつぼつ寝るかのー。
眠気来よるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

今日は何の日「二日分」


2008  5/16 (金)先負

葉や球根を食用とし、外傷・打身には
根と茎とをすり潰して薬用とする。
<過去の出来事>


ロシアに対する海防を説いた『海国兵談』が発禁となり、著者・林子平が禁錮に処される(1792年)


自由党員・日比遜らが農民3000名を集結して高利貸しの邸宅を打ちこわす。群馬事件(1884年)


帝国博物館を東京・京都・奈良に設置(1889年)


ハリウッドで第一回アカデミー賞授賞式開催(1929年)


朴正熙の軍事革命委員会が韓国でクーデター(1961年)


十勝沖地震。死者52人、全壊家屋673戸(1968年)


オウム真理教教祖・麻原彰晃逮捕(1995年)
<記念日>


●旅の日
1689年5月16日(旧暦では3月27日)に、松尾芭蕉が「奥の細道」へ旅だった。これを記念して、旅を愛する作家などが組織する日本旅のペンクラブが、1988年に5月16日を「旅の日」と制定。旅の文化に貢献した団体などに「日本旅のペンクラブ賞」を贈っている。
<今日生まれの著名人>


北の湖敏満 (力士 1953年)


日比野玲 (俳優 1961年)


大下容子 (アナウンサー 1970年)


松本康太 (タレント 1979年)


山崎銀之丞 (俳優 1962年)


荒川強啓 (アナウンサー 1946年)


関谷亜矢子 (アナウンサー・ライター 1964年)


遠山景織子 (女優 1975年)


阿知波悟美 (女優 1959年)


わたなべまさこ (漫画家 1929年)


ヘンリー・フォンダ (アメリカ・俳優 1905年)


ジャネット・ジャクソン (アメリカ・歌手 1966年)


ささきいさお (歌手・俳優・声優 1942年)


ガブリエラ・サバティーニ (アルゼンチン・テニス選手 1970年)

エドワード・ヒューズ (イギリス・発明家 1831年)
<今日の雑学>

「奥の細道」の旅費は?
生涯のほとんどを旅に過ごした江戸時代の俳聖、芭蕉が『奥の細道』の旅にでたのは1689年5月16日(旧暦では3月27日)。江戸・深川から最終地の大垣までの距離は約2500km。要した日数はおよそ5カ月だが、その間の旅費はどうやって工面したのだろうか。芭蕉は出発に先立ち、芭蕉庵を売っている。どのくらいで売れたかはわからないが、築6年の比較的新しい草庵だったので、それなりの金が手に入ったと思われる。出発の際には当然、餞別も貰ったに違いない。また、芭蕉は旅の途中、何度も句会を開いており、そのたびごとに謝礼を手にしたはずである。行く先々での門人や支持者たちからの餞別もあっただろう。それを合わせたら、かなりの額になったはずで、宿を提供してくれた人もいたので、そんなに貧乏したわけではなさそうだ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

人間観を持つ
人間の幸せを高めていくためには、まず人間が人間を知ることが大切だと思う。言いかえれば、人間とはどういうものであり、どういう歩み方をすべきであるかという正しい人間観を持つということである。そうした人間に対する正しい認識を欠いたならば、いかに努力を重ねても、それは往々にしてみのり少ないものになってしまい、ときにはかえって人間自身を苦しめることにもなりかねない。そういう意味において、指導者がまず正しい人間観、社会観といったものを生み出し、それに基づく指導理念を打ち立てていくならば、それはきわめて力強いものになってくると思うのである。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。
2008  5/17 (土)仏滅

白色の小花を輪上に付け下から上へと咲きあがっていく姿は、
愛すべきものがある。葉は利尿剤や胃病に効果がある。
<過去の出来事>


後醍醐天皇が北条氏の擁立した光厳天皇を排す(1333年)


徳川幕府が選銭を禁じ金1分を銭1貫文とする(1616年)


ラオーグの海戦で英蘭連合艦隊が仏艦隊突破(1692年)


間宮林蔵が宗谷海峡を探検(1804年)


屯田兵が初めて札幌に入植(1870年)


ゾルゲ事件が公表される(1942年)


米最高裁が公立学校の人種差別を違憲と判決(1954年)
<記念日>


●世界電気通信記念日
国連の専門機構・国際電気通信連合(ITU)の前身である万国電信連合が発足した1865年5月17日にちなんで「あらゆる電気通信の改善と合理的な利用に関する国際協力の維持拡大と、技術開発の促進を行うこと」のPRを目的に、ITUが1968年より実施している。
<今日生まれの著名人>


飯沼慧 (俳優 1926年)


白木清か (アナウンサー 1973年)


島田楊子 (女優 1953年)


城之内早苗 (歌手 1968年)


松尾和子 (歌手 1935年)


山形由美 (フルート奏者 1959年)


坂井真紀 (女優 1970年)


斎藤陽子 (アナウンサー・タレント 1968年)


横山隆一 (漫画家 1909年)


井ノ原快彦 (俳優・歌手 1976年)


安部譲二 (作家 1937年)


安井曾太郎 (洋画家 1888年)


デニス・ホッパー (アメリカ・俳優 1936年)


エリック・サティ (フランス・作曲家 1866年)


エドワード・ジェンナー (イギリス・医学者・種痘発明者 1749年)

<今日の雑学>

世間を驚かせたゾルゲ事件
報道禁止が解かれた1942年5月17日の各新聞は、リヒアルト・ゾルゲ、尾崎秀実ら5人をスパイとして逮捕したという、いわゆる「ゾルゲ事件」を大きく報道した。事件は太平洋戦争がまだ日本に有利に展開していたころのこと。ソ連共産党の機密部員だったドイツ人ゾルゲは、駐日ドイツ大使館顧問として1933年に来日し、日本の対ソ開戦の意図を探っていたのだった。協力者は、アメリカ共産党員・宮城与徳や満鉄嘱託の尾崎秀実ら。特に尾崎は近衛文麿のブレーンのひとりであり、中国・ソ連の知識も深く、対ソ開戦に反対していた人物だったため、衝撃は大きかった。ゾルゲは日本の南進とドイツのソ連侵略を事前に察知して本国に通報したが、1941年10月、特高に逮捕される。日本の敗色濃い1944年11月、ゾルゲと尾崎の死刑が執行された。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

悩んでも悩まない
われわれ人間は、たえずといっていいほど悩みにつきまとわれる。しかし私は、悩みがあるということは、人間にとって大事なことではないかと考えている。なぜかというと、常に何か気にかかることがあれば、それがあるために大きなあやまちがなくなる。心がいつも注意深く活動しているからである。だから、悩みを持つことは、むしろプラスにつながる場合が多い。したがって悩みに負けてしまわず、自分なりの新しい見方、解釈を見出して、その悩みを乗り越えていくことが大切である。悩んでも悩まない、そういうように感じることができれば、人生は決して心配することはない。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

携帯

携帯競技会まで後一ヶ月やの。
どれだけ性格になおかつ決められた時間でどれぐらいまで書く事出来るかと言う大会が来月大阪で在る。
わしは来月この大会に出る。
さてどれぐらい書けるかのー。
まーだいたい携帯で文面書いたりするのは昔から得意なしのー。
考えながら文面ふつうは書いたりするけどわしは考えた時には指動くし書いてしもとるけんのー。
どかすかどかすかと入力するけど。
明日がたぶん参加の手続きの締め切りやったかのー。
明後日になったら日取りを掲載したメールが届くんやろうの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/14 (水)先勝

今まさに咲かんとする前の敬虔な祈りにも
似た静寂の時春は訪れる。
<過去の出来事>


旧教徒がナント勅令を発したアンリ4世暗殺(1610年)


フランス、ルイ14世が4歳で即位(1643年)


英国人ゴードンが浦賀に来航し通商を求める(1818年)


幕府が渡辺華山・高野長英ら弾圧。蛮社の獄(1839年)


大久保利通が不平士族に暗殺される(1878年)


朝鮮問題についての日露協定が調印(1896年)


イスラエル共和国の建国が決定する(1948年)


ソ連と東欧7カ国がワルシャワ条約に調印(1955年)


信楽高原鉄道で列車衝突事故。死者42人(1991年)


横綱・千代の富士引退(1991年)
<記念日>


●種痘記念日
1796年のこの日、ワクチンの発明者であるジェンナーが初めて子供に牛痘の接種実験をしたことを記念して制定された日。ジェンナーは牛乳しぼりの女性が牛の天然痘に感染すると、以後まったく痘瘡に罹患しなかったり、罹患しても軽度であることに着目してワクチン療法を見いだした。
<今日生まれの著名人>


前川國男 (建築家 1905年)


小木逸平 (アナウンサー 1974年)


秋谷智子 (声優 1976年)


市川大祐 (サッカー選手 1980年)


斎藤茂吉 (歌人・精神科医 1882年)


佐戸井けん太 (俳優 1957年)


古尾谷雅人 (俳優 1957年)


吉野紗香 (女優・タレント 1982年)


岩波理恵 (タレント 1976年)


ロバート・ゼメキス (アメリカ・映画監督・脚本家 1952年)


ロバート・オウエン (イギリス・社会改革家 1771年)


ジョージ・ルーカス (アメリカ・映画監督 1944年)


くらもちふさこ (漫画家 1955年)
<今日の雑学>

イスラエル共和国の建国
19世紀末から、祖先の地パレスチナにユダヤ人の国を建設しようとするシオニズム運動が起こり、ユダヤ人のパレスチナ流入が盛んになるとともに、アラブ人と対立が起こった。第1次大戦中、英国はアラブとユダヤ双方にパレスチナでの建国を約束するという矛盾した政策をとったため、戦後はさらに対立が激化。第2次大戦後の47年、国連はパレスチナの委任統治廃止と、ユダヤ、アラブ両民族への分割を決定。ユダヤ人は48年5月15日に「ユダヤ民族の権利と国連の決定にもとづいて、イスラエルの建国をする」と宣言。怒ったアラブ各国はイスラエルを攻撃、パレスチナ戦争が始まることになった。イスラエルは米英の支持を得てアラブ軍を破り、49年に国連仲介で休戦したが、多くのアラブ人が土地を奪われ、両者の対立は一層深刻となった。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

母の愛
私は今でも、大阪へ奉公に出る息子の私を駅まで送ってきてくれた母の姿を、はっきりと心に浮かべることができる。涙で語ってくれた注意の言葉、汽車が出るまでしっかり握って離さなかった手のあたたかみ……。そのときの母の思いは、大阪へ行ってからの私の幸せ、私の健康を、言葉では言いあらわせないくらい心に念じていてくれたんだ、としみじみ感じる。このように、あふれるようなというか、ひたすらな母の愛というものは、今も私の心に脈々と生き続けているのであって、これまで仕事を進めてこられたのも、私の将来というものを心から祈ってくれた母の切なる願いの賜ものであろうと思っている。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

2008  5/15 (木)友引

花言葉、赤いポピーは「慰め」
白いのは「眠り-我が毒」
特にアヘンが多く取れるのは白い花から。
<過去の出来事>


承久の乱が始まる(1221年)


水野忠邦が天保改革を行うと宣言(1841年)


上野の彰義隊が新政府軍と戦って敗れる(1868年)


犬養首相射殺。5・15事件(1932年)


初のナイロン製靴下が全米で発売(1940年)


コミンテルン(第3インター)が解散決議(1948年)


クリスマス島でイギリスの第1回水爆実験(1957年)


沖縄の施政権がアメリカから返還される(1972年)


プロサッカーのJリーグ開幕(1993年)
<記念日>


●沖縄復帰記念日
第2次世界大戦末期にアメリカ軍に占領され、1951年のサンフランシスコ条約の結果、アメリカ合衆国の統治下に置かれることとなった沖縄が、1972年5月15日、27年ぶりに日本へ返還された。沖縄はもともと琉球王国という独立国だったが、1609年から薩摩藩の支配を受け、明治維新に際して日本へ強制的に接収。1872年に琉球王国から琉球藩となり、1879年に琉球藩から沖縄県となった。
<今日生まれの著名人>


美輪明宏 (歌手・俳優・演出家 1935年)


美川憲一 (タレント・歌手 1946年)


長谷直美 (女優 1956年)


大竹省二 (写真家 1920年)


大森うたえもん (タレント 1959年)


前田忠明 (芸能リポーター 1941年)


石山透 (脚本家 1927年)


瀬戸内寂聴 (作家・僧侶 1922年)


鹿内春雄 (フジ・サンケイグループ議長 1945年)


市川房枝 (婦人運動家・政治家 1893年)


江夏豊 (野球選手・野球解説者 1948年)


琴の若晴將 (力士 1968年)


井上光晴 (作家 1926年)


伊丹十三 (映画監督・俳優・随筆家 1933年)


ポール・サミュエルソン (アメリカ・経済学者 1915年)


ピエール・キュリー (フランス・物理学者 1859年)


クレメンス・メッテルニヒ (ドイツ・政治家 1773年)
<今日の雑学>

靴下が強くなったわけは?
「戦後、強くなったのは女性と靴下」とは、かつての流行語だが、これはナイロン製の靴下のこと。1920年代になって薄手の絹靴下がもてはやされだしたが、あまりにも高価だったので、絹に代わる繊維の研究が始められた。アメリカのデュポン社の化学者たちは合成ゴムの研究をしていたが、37年ころ、研究員のウォーレス・カローザスが、ガラス棒の先についていた真っ白な細い糸が非常によく伸びる性質を持っていることを発見。人類初の実用的な合成繊維「ナイロン」(デュポン社製のポリアミド繊維の商品名)の発明のきっかけになった。そして40年5月15日、いよいよナイロンを使った最初の靴下が発売された。最初はデラウェア州ウィルミントンでテスト販売されたが、評判を呼び、遠くニューヨーク、ボルチモア、フィラデルフィアから駆けつけた女性もいたという。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

業界の信用を高める
どんな商売もそうでしょうが、自分の店が発展、繁栄していくには、そのお店の属している業界全体が常に健全で、世間の人びとから信用されていることが非常に大事だと思います。もしそうではなく、業界の中に不健全な店が多ければ、「あの業界はだめだ、信用できない」ということになって、その業界に属する個々の店も、同じような評価を世間から受け、商売は成り立っていきにくくなるでしょう。ですから、お互い商売を進めていく上で、自分の店の繁栄をはかることはもとより大事ですが、それと同時に、他の店ともうまく協調して、業界全体の共通の信用を高めることを配慮することが、きわめて大事だと思うのです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、//

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

検査

検査結果が出た。
いつもの通りに昨日病院行って採血してもろて貧血の奴はかって貰うけどこれはわしいつも16.5とか16.3とかそのあたりを維持。
中性脂肪とコレステロール地は若干やけど中性脂肪は下がったけどそれでも330位。
コレステロール地は220位。
GPTは41から44。
なかなかうまい事改善されんのー。
取りあえずまた2週間薬が出た。
ゼチーアとウルソ。
また飲むかのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

今日は何の日「二日分」

gqs。
これから今日は何の日を二日分まとめてアップするようにする。
まずは5月12日「本日」と翌日「13日」の仏果間。
2008  5/12 (月)大安

ギリシャ語の「真珠」マルガリテースからついた名。
キク科の多年草。
<過去の出来事>


北条時頼が日蓮を伊豆の伊東に流す(1261年)


織田信長が伊勢長島の一向一揆と戦う(1571年)


天明の打ちこわしが起きる(1787年)


キュリー夫妻がラジウムを発見(1898年)


治安維持法が施行(1925年)


関東軍とソ連モンゴル軍がノモンハンで衝突(1939年)


世田谷の米よこせデモが皇居へ押しかける(1946年)


ソ連が西ベルリンの地上封鎖を解除(1949年)
<記念日>


●民生委員の日
1917年5月12日、民生委員の前身とされる岡山県の済生顧問制度が発足したのを記念。全国民生委員児童委員協議会が1977年に、民生委員の活動に対する理解と関心を高めることを目的に制定した。民生委員は都道府県知事の推薦によって厚生大臣が委嘱する名誉職で、任期は3年。生活困窮者や母子家庭などの保護指導にあたる。


●看護の日(ナイチンゲール・デー)
1820年5月12日、近代看護の改革者、赤十字の母とも称えられるフロレンス・ナイチンゲールが誕生した。これを記念し、1965年に国際看護婦協会(ICN)が、毎年5月12日を「看護の日(ナイチンゲール・デー)」と制定。記念行事を行うほか、世界各国の優れた看護婦に「ナイチンゲール記章」が国際看護婦協会より贈られる。
<今日生まれの著名人>


余貴美子 (女優 1956年)


裕木奈江 (女優・歌手 1971年)


風吹ジュン (タレント・女優 1952年)


武者小路実篤 (作家 1885年)


萩尾望都 (漫画家 1949年)


渡辺徹 (俳優・タレント 1961年)


草野心平 (詩人 1903年)


泉政行 (俳優 1980年)


川津祐介 (俳優 1935年)


石黒彩 (タレント 1978年)


西川のりお (漫才師 1951年)


秋川リサ (女優 1952年)


高見盛精彦 (力士 1976年)


奥田民生 (ミュージシャン 1965年)


フローレンス・ナイチンゲール (イタリア・看護婦・看護教育学者 1820年)


キャサリン・ヘプバーン (アメリカ・女優 1907年)


ガブリエル・フォーレ (フランス・作曲家 1845年)


EPO (歌手 1960年)
<今日の雑学>

クリミア戦争の遺産
1820年5月12日、英国人フロレンス・ナイチンゲールはイタリアのフィレンツェで誕生した。富裕な家庭で育ち、ドイツで看護婦教育を受けた彼女は、1853年にロンドン淑女病院看護婦長となり、翌年のクリミア戦争では野戦病院で活躍。兵士の死亡率を半減させて「クリミアの天使」「光明婦人」と呼ばれた。ナイチンゲールの活躍とともに、クリミア戦争では現代まで残るものが生まれている。一つはラグラン袖という名称。兵士がロシアの寒さから身を守るために重ね着をした衣服から生まれた名で、カーディガンという名も、この戦争に従軍した将校の名からきているそうだ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

使い捨てと経済性
高度成長の時代に「使い捨て」「消費は美徳」という考え方が浸透しました。私は時どき注射を打ちますけれども、見ていると一度使った注射器をすぐ捨てています。もったいないじゃないかと言ったら、消毒するガス代、水道代、洗う手間を考えたら捨てる方が安いというのです。なるほど、生産の経済性というものがそこまで上がったのかと驚きました。使い捨てというとたいへんもったいなく思えますが、実は経済の法則にかなっているのです。しかし昔のことを知っている人間には、やはりもったいないという考えはある。その考えは尊く、それはそれで残し、経済性も重んじるということが必要だと思います。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 天秤座 ささやかな、幸せが訪れます ◎ ◎ ◎
2 水瓶座 あなたを支えてくれる人に感謝の気持ちを示すこと ◎
◎ ○
3 山羊座 好きな人に花をプレゼントすると効果大 ○ ◎ ◎
4 牡羊座 やりたいことをリストアップすると実現の鍵が ○ ○ ◎
5 射手座 趣味・道楽には出費を惜しまず積極的に ○ ◎ ◎
6 蟹座 スポーツ観戦が幸運を呼びます ○ ◎ △
7 乙女座 気軽に相談すれば同志が集まります ◎ ○ △
8 魚座 会いたくない人には無理して会わない方がよい △ ○ ○
9 双子座 忙しいときほど、ひと休みが大事です △ △ ◎
10 獅子座 チェックの甘さが目立つ日になりそう ○ △ △
11 蠍座 落とし物、忘れ物をしないように気をつけて △ △ ○
12 牡牛座 こんな日もあるさ、と思ってしまえば気が楽 △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。
2008  5/13 (火)赤口

散歩は朝か、黄昏時がいい。
<過去の出来事>


三浦泰村ら三浦一族が北条時頼に反して蜂起(1247年)


足利義満が日明貿易のため遣明船を派遣(1401年)


幕府が神田に医学館を建設(1765年)


漢口で日本商店襲撃事件(1915年)


田山花袋が死去(1930年)


社会党が「非核武装宣言」を発表(1958年)


大阪・千日デパート火災。死者118人(1972年)


ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世狙撃される(1981年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


由利徹 (俳優 1921年)


並川倖大 (俳優 1976年)


平井和正 (作家 1938年)


中村メイコ (女優 1934年)


太田光 (タレント・随筆家 1965年)


黒川芽以 (女優・歌手 1987年)


熊田曜子 (タレント 1982年)


笠智衆 (俳優 1904年)


加藤晴彦 (俳優・タレント 1975年)


円谷幸吉 (マラソン選手 1940年)


井上和香 (タレント・女優 1980年)


マリア・テレジア (オーストリア大公 1717年)


ハーバート・ロス (アメリカ・映画監督 1927年)


スティーヴィー・ワンダー (アメリカ・ミュージシャン 1950年)

ジョルジュ・ブラック (フランス・画家 1882年)


法然 (僧侶 1133年)
<今日の雑学>

田山花袋と森鴎外の意外な関係
『蒲団』『田舎教師』などで自然主義文学の作家として知られる田山花袋は、1930年5月13日に59年の生涯を終えた。花袋は小説家として大成する前、博文館という出版社に勤めていたが、日露戦争では従軍記者として余州・南山・遼陽などで戦いに接し、偶然にも陣中で軍医である森鴎外と知り合っている。花袋は鴎外をたずねて、文学や戦争の話などをしたという。やがて腸チフスにかかった花袋は帰国することになるが、日本に戻ってから鴎外に慰問の歌を送った。するとその返しに「君の野糞をのぞみし……」と書いたハガキが届いたとか。花袋は従軍中よく野グソをしたのだが、その場所というのが鴎外のいた軍医部の裏の畑。どうやらみっともない姿をいつも鴎外に見られていたらしい。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

プロの自覚
私は以前、寄席で短剣投げを見たことがある。それは、女の人を壁の前に立たせ、そのからだスレスレのところに次から次へと、20本あまりの短剣を投げるのである。そのときに私は“これがプロだな”と感じた。わずかでも手もとが狂えば、人の命にかかわるのである。それを毎日毎日やり続けて一つの失敗もないというのは、実に大変なことである。しかし、それをやり遂げるのがプロである。考えてみれば、サラリーマンの仕事でも一緒である。こういう厳しい境地に立って、はじめて一人前として給料がもらえるということであろう。今日のサラリーマンに要求されるのは、アマチュアではない“プロ”の仕事である。
今日の運勢

申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ//

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カードリーダー

いやー昨日携帯とパソコンを接続すりusbケーブルDSに買いに行く。
そんでもってそこのDSはわしの行きつけやけんデータリンクのソフトはマシーンに入れとるけどマイクロSDカードのファイルをパソコンで見てコピー出来るかどうかを副店長二人とあんちゃんに動作検証させた。

ほんだらデータリンクのソフトでは携帯本体のデータをマシーンにコピーするあるいはその逆しか出来ん事が分かった。
F884の箱の中にCDが入っとるけどその中にドライバーが在る。
これはF884専用のドライバー。
そのドライバーをマシーンにインストールして携帯とマシーンをケーブルでつないだらまいこんぴゅーたから携帯がドライブとして認識出来るかどうかも検証してみたら全然いかん。
これではいかん。データリンクのソフトはわしは必要がない。カードに保存しとるファイルをマシーンにバックアップするのが目的。
マシーンでそのファイルを編集云々は二の次。
今朝カードリーダーをホームセンター「ここもわしの行きつけ」に訊いてみる。
売っとった。
昼過ぎに行く。
カードリーダーはマルチ。
マイクロsdにはアダプターが二つ入っとる。
取りあえずSDに変換するアダプターつけてリーダーに入れる。
マシーンとusbケーブルで接続。
ドライブとして認識した。
マシーンにバックアップ開始して15分で完了。
去年8月から今日の朝までで1GBのマイクロSDに500MBほど保存しとった。
まー今頃のマシーンは標準でカードスロット在るけどわしのにはないけんのー。
けどカードリーダーやすかった。1280円。
マルチやけんの。
CFも行けるしMSも行けるしSDもマイクロSDも行ける。
これで良かった。
カードをマシーンでFORMATして携帯に入れて作業終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

データリンク

gqs。
今までらくらくホンベーシックを覗いて全てつこてきたけど箱の中に在るcdを始めて出してみた。
今まで出した事がなかった。
マイクロsdに保存しとるデータ全てをデータリンクで取り込もうとしてそれでcdを出した。
後からドライバのインストールをしてデータリンクソフトはdocomoのサイトから落としてきてインストールしたけどカードに保存しとるデータ取り込む事出来るんかのー。
去年まではこのソフトを使う必要がなかった。
ICレコーダーがMINISDに対応しとったけんマイクロsdのカードに付いとるアダプター接続してそれをレコーダーの中に入れてやったらカードリーダーみたいな役目をしとったけんマイコンピュータから実行してマシーンに取り込む事が出来たけど今はそのレコーダーがないけんのー。
取り合えずDSにUSBケーブル買いに行ってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日

2008年5月11日:(日)仏滅
小さな花を見つけると、どうしてこんなに
こころ踊るのだろう。
2008
 
5/11

(日)仏滅
<過去の出来事>
5層7重の安土城の天守閣が完成(1579年)

刺青刑が正式に執行(1720年)

蝦夷奉行を箱館奉行と改称する(1802年)

ルクセンブルクが永世中立国となる(1867年)

ロシア皇太子が大津で巡査に襲われて負傷(1891年)

オックスフォード大が初めて女性に学位授与(1920年)

シャムが国名をタイと改める(1949年)

宇高連絡船紫雲丸が沈没。死者168人(1955年)

植村直己らが日本隊としてエベレスト初登頂(1970年)
<記念日>
●母の日(5月第2日曜日)
1908年ころ、アメリカ・バージニア州のクリスチャンの少女アンナ・ジャービスが、母の命日に墓前に白いカーネーションをたむけて、メソジスト教会の教友に分けたのが始まりといわれている。14年にはウィルソン大統領の提唱でアメリカ議会の決議を得て、5月の第2日曜日を「母の日」と制定。日本では昭和初期から皇后誕生日の3月6日を母の日としていたが、戦後はアメリカと同じにした。カーネーションは元々「母性愛の象徴」といわれることから、母の日の花となった。
<今日生まれの著名人>
浜田雅功
(タレント・俳優 1963年)
二木てるみ
(女優 1949年)
藤田志穂
(企業家・アーティスト 1985年)
田辺徳雄
(野球選手 1966年)
中嶋嶺雄
(国際政治学者 1936年)
泉谷しげる
(歌手・俳優 1948年)
松尾貴史
(タレント・俳優・DJ・コラムニスト 1960年)
山東昭子
(女優・政治家 1942年)
山川浩正
(ミュージシャン 1965年)
山口和男
(野球選手 1974年)
高橋洋子
(女優・作家 1953年)
久保田早紀
(歌手 1958年)
岩本勉
(野球選手・野球解説者 1971年)
サルバドール・ダリ
(スペイン・画家 1904年)
<今日の雑学>
金物をはずした罰で初の入墨刑
8代将軍・吉宗の代の1720年5月11日、江戸長崎町の半兵衛という者が、江戸橋の橋脚に巻かれていた金物を外した罪により、北町奉行がかりで入墨のうえ追放されているが、これが正式な入墨刑の第1号といわれる。日本における入墨の歴史は古く、3世紀ごろの日本について書かれた『魏志倭人伝』に入墨のことが記されている。さらにそれ以前の縄文時代からも入墨の習慣はあったらしい。また原日本人とも考えられるアイヌ民族にも入墨の習慣があり、明治時代まで残っていた。入墨の元々の目的は装飾・宗教的儀礼などが考えられるが、江戸時代になってからは刑罰として犯罪者に入墨するようになった。当時の刑罰としての入墨は地方によって異なり、江戸では幅3分(約1センチ)の2本筋を腕にぐるりと入れ、大阪では幅5分の2本筋を入れたそうだ。
<松下幸之助一日一話>
 
PHP研究所編
気分の波をつかまえる
人間というものは、気分が大事です。気分がくさっていると、立派な知恵才覚を持っている人でも、それを十分に生かせません。また別に悲観するようなことでなくても悲観し、ますます気が縮んでいきます。しかし気分が非常にいいと、いままで気づかなかったことも考えつき、だんだんと活動力が増してきます。私は人間の心ほど妙なものはないと思います。非常に変化性があるのです。これがつけ目というか、考えなければならない点だと思います。そういう変化性があるから、努力すれば努力するだけの甲斐があるわけです。そういう人間の心の動きの意外性というものを、お互いにつかむことが大事だと思うのです。
順位
星座
アドバイス








1
魚座
第一印象を信じましょう



2
乙女座
新しいレパートリーに挑戦してください



3
蟹座
人生の趣味と出会うチャンスです



4
牡牛座
過去のものとなって初めて価値が分かることも



5
射手座
仕事や勉強はまず整理整頓をしてから



6
獅子座
今日は一人より複数の方が吉



7
双子座
お金の貸し借りは友情を壊します



8
水瓶座
欲張りすぎると行き違いがありそうです



9
蠍座
のんびり屋さんは、周囲のイライラをつのらせるかも



10
天秤座
ここが我慢のしどころ



11
山羊座
地道に、あなたらしく行動しましょう



12
牡羊座
今日は一日空回り



星座一覧表
牡羊座

月21日〜

月19日生まれ
牡牛座

月20日〜

月20日生まれ
双子座

月21日〜

月21日生まれ
蟹 座

月22日〜

月22日生まれ
獅子座

月23日〜

月22日生まれ
乙女座

月23日〜

月22日生まれ
天秤座

月23日〜
10
月23日生まれ
蠍 座
10
月24日〜
11
月22日生まれ
射手座
11
月23日〜
12
月21日生まれ
山羊座
12
月22日〜

月19日生まれ
水瓶座

月20日〜

月18日生まれ
魚 座

月19日〜

月20日生まれ
<誕生石・花>

PHOTO
Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)
誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

PHOTO
●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

PHOTO
五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。
魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

PHOTO
五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。
赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

貰い風呂

まー今頃は貰い風呂をする人は多分居らんやろうな。家に風呂が在る所が殆どやろうし。
うちは小さい頃には家に風呂がなかった。
銭湯行ったり親戚や連れの家行って風呂入らせて貰うと言うのが当たり前やった。
下着だけをもってよう行ったもんや。
銭湯行った時は出てきた後ラムネでもみかん水でもなんでもかまんけんバンダイのおっさんと話をしながら飲むのが定番やった。
銭湯に行く時間帯はいつも閉まる直前に行ってさっと入って出てきてからラムネかみかん水を飲む。
それからチャリとばしてラーメン屋行って食う。
今考えたら懐かしいの。
けど今でも貰い風呂の経験しとる人も居るやろうかのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩き

日付変わったけど昨日用事が在って出て行っていつも行きつけのうどん屋に入った後食うてから「よっしゃ。家まで歩いて帰ろう」と思うて実行。
gpsで距離見たら5kmちょっと。
まー直線やけど。
まー正式に言うたら6km位かな。
1時間半在ったら帰れるけん歩き出す。
快調やったなー。
予定通り1時間半ほどでかえってきた。
途中寄り道はなし。
弱いけど雨降ってきた。
傘差すほどの雨ではない。
5kmや10km位歩くのはなんともないな。
今のうちにようけ歩いとかねいかん。
真夏になったらがいには歩けんけんの。
暑さでやられるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/09 歩数

日付:2008/05/09
歩数:13718歩
カロリー:747kcal
累積歩数:207116歩
いきいき歩数:12159歩
いきいき累積歩数:121029歩
脂肪燃焼量:106グラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

今日は何の日


2008  5/10 (土)先負

庭石菖。4月から初夏にかけて、
つぎつぎと可愛い花を咲かせる。
<過去の出来事>


インドで対英民族運動「セポイの反乱」起こる(1857年)


長州藩が下関海峡で英仏蘭の軍艦を砲撃(1863年)


アメリカ大陸横断鉄道が開通(1869年)


円・銭・厘の10進法による新貨条例制定(1871年)


仏がアルザス・ロレーヌを独に割譲(1871年)


チャーチルが英の挙国一致内閣首相に就任(1940年)


国鉄の1等車がグリーン車になる(1969年)


女優・和泉雅子、北極点到達(1989年)
<記念日>


●愛鳥週間(〜16日)
1947年に5月10日が「バード・デイ」と決められ、1950年から「愛鳥週間」に変更された。
<今日生まれの著名人>


武田修宏 (サッカー選手・スポーツコメンテーター 1967年)


藤あや子 (歌手 1961年)


島田珠代 (女優 1970年)


田代尚子 (アナウンサー 1966年)


天田ヒロミ (格闘家 1973年)


扇千景 (女優・政治家 1933年)


山口洋子 (作家・作詞家 1937年)


山口果林 (女優 1947年)


高見映 (俳優・作家 1934年)


高橋伴明 (映画監督 1947年)


橋田壽賀子 (脚本家 1925年)


喜多嶋隆 (作家 1949年)


永井一郎 (声優 1931年)


ボノ (アイルランド・ミュージシャン 1960年)


トモ (タレント 1970年)
<今日の雑学>

日本人で最初に鉄道に乗ったのは?
1969年の5月10日は、国鉄が1等・2等の制度を廃止し、1等車をグリーン車とした日。ところで、日本人で最初に鉄道に乗ったのは、おそらく中浜万次郎(ジョン万次郎)だったのではないかといわれている。漁師だった彼は1841年に遭難し、アメリカの捕鯨船に救助され、10年間アメリカに滞在したが、その際に鉄道に乗っているのだ。その様子を彼は『海外鉄道見聞記』に「レイロオ(レイル・ロード=鉄道)という火車に乗った。それは船の形をしており、大きな釜に湯をわかし、湯の勢いで1日300里ほど走る。内部から車輪をのぞいてみたところ、それは飛んでいる鳥のようで、よく見えなかった」と述べている。彼は蒸気で走る列車を見て、腰を抜かさんばかりに驚いたにちがいない。ちなみに彼は日本人で最初にネクタイを着用した男でもある。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

熱意あれば
人の上に立つ指導者、管理者としての要諦というものは、いろいろ考えられるけれども、その中でも最も大事なものの一つは、熱意ではないかと思う。非常に知恵、才覚において人にすぐれた首脳者であっても、この会社を経営しようということに熱意がなければ、その下にいる人も、「この人の下で大いに働こう」という気分になりにくいのではないだろうか。そうなっては、せっかくの知恵、才覚もなきに等しいものになってしまう。みずからは他に何も持っていなくても、熱意さえ保持していれば、知恵あるひとは知恵を、力ある人は力を、才覚ある人は才覚を出して、それぞれに協力してくれるだろう。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/9 (金)友引

庭石菖と書く。日本的な野草に見えるが、北アメリカ
原産の多年草で明治に帰化し、芝地に雑草化した。
<過去の出来事>


上野公園が開園(1876年)


日本の対華21カ条要求を受諾(1915年)


アメリカのバードが初の北極横断飛行に成功(1926年)


イタリアがエチオピアを併合(1936年)


槇有恒らの日本登山隊がマナスル登頂に成功(1956年)


伊豆半島沖地震。死者30人、全壊家屋134戸(1974年)
<記念日>


●アイスクリームの日
旧暦の1869年5月9日、横浜の馬車道通りで氷水屋の町田房蔵が、日本で初めてアイスクリームを販売したといわれている。これを記念して1964年に日本アイスクリーム協会が毎年5月9日を「アイスクリームの日」として制定、アイスクリームのPRを行っている。
<今日生まれの著名人>


片山さつき (政治家 1959年)


長塚圭史 (劇作家・演出家・俳優 1975年)


仁村薫 (野球選手 1959年)


森光子 (女優 1920年)


松田龍平 (俳優 1983年)


松岡直也 (ミュージシャン 1937年)


小高恵美 (女優 1972年)


細井和喜蔵 (作家 1897年)


原田雅彦 (スキージャンプ選手 1968年)


掛布雅之 (野球選手・野球解説者 1955年)


ホセ・オルテガ・イ・ガセト (スペイン・哲学者 1883年)


ビリー・ジョエル (アメリカ・ミュージシャン 1949年)


テツ (タレント 1970年)


ジェームス・マシュー・バリー (イギリス・劇作家・作家 1860年)


キャンディス・バーゲン (アメリカ・女優 1946年)
<今日の雑学>

1人前8000円の「あいすくりん」
1550年ころイタリアで発明され、フランスのルイ王家に伝わったというアイスクリーム。日本では、旧暦の1869年5月9日、横浜の馬車道通りで氷水屋の町田房蔵が、日本で初めて販売したといわれる。町田はアイスクリームを「あいすくりん」という名前で、1人前で金2分(現在の8000円に相当)で販売したが、高値と馴染みの無さから、わずかに外国人が買うだけで、日本人は遠巻きに見ていた。ところが、翌年の伊勢神宮の大祭で販売したところ大評判となり、84年には風月堂が新聞広告を出して販売している。アイスクリームの生産は第1次大戦ころに工業化され、誰もが安く口にできるようになったのは第2次大戦後。ちなみに1860年に咸臨丸でアメリカにわたった勝海舟や福沢諭吉が、日本人として初めてアイスクリームを食べたという記録がある。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

衆知を集める経営
会社の経営はやはり衆知によらなければいけません。何といっても、全員が経営に思いをいたさなければ、決してその会社はうまくいかないと思うのです。社長がいかに鋭い、卓抜な手腕、力量を持っていたとしても、多くの人の意見を聞かずして、自分ひとりだけの裁断で事を決することは、会社の経営を過つもとだと思います。世間一般では非常にすぐれた一人の人がワンマンで経営すれば、事がうまくいくということをよく言いますが、社長一人で事を遂行することはできませんし、たとえできても、それは失敗に終わるだろうと思います。やはり全員の総意によっていかになすべきかを考えねばならないと思うのです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

今日は何の日


2008  5/8 (木)先勝

オダマキとは昔、麻糸を巻いた道具で
花のカタチが似ていることからこの名がついた。
<過去の出来事>


百済・加羅などが新羅と戦い日本に援軍を乞う(552年)


英国国教会の統一令にエリザベス1世が署名(1559年)


大坂城落城、大坂夏の陣が終結(1615年)


イギリス議会で王権復古の決定(1660年)


鼠小僧次郎吉、捕らわれる(1832年)


ロンドン労働者協会が人民憲章を公表(1838年)


台湾島民を日本国籍に編入する(1902年)


米軍基地拡張に反対する砂川闘争始まる(1955年)


富山県のイタイイタイ病を厚生省が公害認定(1968年)
<記念日>


●世界赤十字デー
1828年5月8日、国際赤十字の創始者アンリ・デュナンが誕生したことを記念し、国際赤十字連盟が1948年にスウェーデンのストックホルムで開催された連盟理事会で制定した日。日本では戦前、ジュネーブ条約加盟の1886年11月15日を記念して「赤十字デー」としていたが、1948年以降、毎年5月8日を「世界赤十字デー」とすることにした。
<今日生まれの著名人>


渋澤龍彦 (作家・仏文学者・評論家 1928年)


林家きく姫 (落語家 1970年)


田島寧子 (水泳選手・タレント 1981年)


天童荒太 (作家 1965年)


中原めいこ (歌手 1959年)


池田貴族 (ミュージシャン・評論家・作家 1963年)


赤坂晃 (俳優 1973年)


小池一夫 (漫画原作者・作家 1936年)


曙太郎 (アメリカ・力士・格闘家 1969年)


宗田理 (作家 1928年)


榊原郁恵 (歌手・女優・タレント 1959年)


吉川美代子 (アナウンサー・解説委員 1954年)


ハリー・S・トルーマン (アメリカ・第33代大統領 1884年)


さくらももこ (漫画家 1965年)


かたせ梨乃 (女優 1957年)


アンリ・デュナン (スイス・国際赤十字創始者 1828年)
<今日の雑学>

平和と健康のために活躍する赤十字
1828年5月8日はアンリ・デュナンがスイスで誕生した日。彼は1859年のイタリア統一戦争で傷病兵の惨状を見聞して、著書『ソルフェリーノの思い出』で戦時の中立的救護組織の必要を訴えた。このことがきっかけで1863年に人道主義的民間団体として赤十字が発足。1864年には赤十字条約(ジュネーブ条約)を採択、加盟国には政府公認の1国1社の篤志救護団体(赤十字社)が作られることになった。標章にはスイス国旗の配色を逆にした「白地に赤十字」が用いられている。当初は戦時の傷病者救護のみが任務だったが、第一次大戦後は平時の災害・疾病の救護・予防、病院・輸血センター・看護短期大学の運営も行なっている。ちなみにデュナンは1901年に第1回ノーベル平和賞を受賞。赤十字国際委員会、赤十字社連盟もノーベル平和賞を受賞している。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

社員学の第一歩
社員はまず、社長をはじめ首脳者というものがいかに忙しい仕事をし、いかにその職責が重大なものであるか、ということを知っていただきたい。私は社員学の第一歩は、そこから始まると思う。またそういうように、社員が首脳者の苦労を知ると同時に、社長や会社の幹部は、社員の立場に対して理解を持ち、そして社員の働き、苦労に対して大いに感謝することが大切である。こういうようなことに双方がなると、どんな事業でも成功すると思う。またそういう考え方がどの程度にあるのか、ということによって、その会社の将来を非常にはっきりと判定できると思うのである。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 蟹座 棚からぼたもちが転がり落ちてきそう ◎ ◎ ◎
2 双子座 今日の運気は真剣さが鍵を握っています ◎ ◎ ○
3 魚座 知らない人に話しかけてみるといいかも ◎ ◎ ○
4 乙女座 部屋や仕事場の模様替えをして見ませんか ◎ ◎ △
5 蠍座 妥協も時には吉となるでしょう ○ ○ ○
6 天秤座 責任・プレッシャ−にまけずに、しっかり ○ ○ ○
7 牡羊座 もう少し経験を積んでから再チャレンジを ◎ △ ○
8 牡牛座 意識してリラックスを心がけましょう ○ △ ○
9 山羊座 足下に注意してください ◎ △ △
10 射手座 刺激の強いものはあまり食べないように △ △ ○
11 獅子座 重箱の隅をつつくような細かいことは気にしないように
△ △ △
12 水瓶座 急がば回れです △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

サイト更新完了

gqs。
サイトの更新をした。
らくらくホンプレミアムのページと一部のストリーミングを配信しとる携帯用のページ両方とも同じ内容やけど1つのメールに複数の動画や音声のファイルを添付する方法のインプレッションを配信中。
らくらくホンプレミアムのページ
http://9.pro.tok2.com/~jg5gqs/rakrak/rakrak.htm
ストリーミング配信のページは
http://9.pro.tok2.com/~jg5gqs/rakrak/test.htm
内容は両方とも同じ奴。
まー良かったら参考にしてくれたらうれしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gqs

gqs
F883までは1通のメールには写真は何枚か添付出来るけど動画と音声に付いては1つしか添付出来んけどF884もそうかなーと思うとる人が多いかも分からん。
それが今回の機種では出来る。
-----
gqs。
これは前から出来とったかどうか分からんけどF883IESまでは多分出来てなかったかなー。
それは例えば写真を1つのメールに複数枚点ぷして送る事は出来るのは分かっとったけど音声メールも同じような事が出来る。
F884は1通のメールには2MBまでの動画や写真などが添付出来るようになっとる。
けどこの2MBと言うのはメールの本文に文字を入力してない状帯での話。
まずメールの作成の画面でメニュー411とおして録音をするために決定を押す。
終わったら決定を2回押して保存させたら又上記のように作業をする。

その状帯で何本か音声メールを作って終わったらそのまま通常通りに送信する。
これが音声メールの一括送信と言う事になる。
送信する側はこれで終わり。
受け側つまり受信した人はメールを開いたら↓1回押して決定したら受信出来る。
複数の音声のファイルが在る場合は上記のようにして受信して行く。

多分一括して保存できるん違うんかなー。
なを動画の場合でも1つの動画の容量が2MBいないやったら複数添付する事が出来る。

メールを送る時にメニュー4131と押せばカメラが機動。
その状態ではメール添付小つまり500kBまでの動画作成。
それで実験したら4つ添付出来る。
音声なら1つのファイルが63kb。従ってその計算で行くと31個添付出来る計算になる。
63×31=1953KB。まーやってみて?
今晩インプレッション作成予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はなんの日

今日は何の日 2008  5/6 (火)大安

つるは丈夫で昔は篭を編んだり物を縛るのに使われた。
<過去の出来事>


第一回朝鮮通信使、徳川秀忠と会見(1607年)


オランダ西インド会社がマンハッタン島買収(1626年)


イギリスで世界最初の郵便切手発行(1840年)


ドイツの飛行船ヒンデンブルク号がニューヨーク空港で落雷のため爆発(1937年)


スターリンがソ連首相に就任(1941年)


東海村の原子力発電炉第1号が完成(1957年)


イギリスとフランスを結ぶユーロトンネル開通(1994年)

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


野上弥生子 (作家 1885年)


白木みのる (俳優 1934年)


中野良子 (女優 1950年)


赤星たみこ (漫画家 1957年)


森清 (政治家 1925年)


高橋尚子 (マラソン選手 1972年)


荒木大輔 (野球選手・野球解説者 1964年)


向井千秋 (宇宙飛行士・医学博士 1952年)


吉田美和 (ミュージシャン 1965年)


井上靖 (作家 1907年)


ジョージ・クルーニー (アメリカ・俳優 1961年)


ジークムント・フロイト (オーストリア・精神医学者 1856年)


コロンビア・トップ (漫才師・政治家 1922年)


オーソン・ウェルズ (アメリカ・映画監督・脚本家・俳優 1915年)


<今日の雑学>

たった24ドルで買ったマンハッタン島
アメリカの金融・政治・文化の中心であるマンハッタン島は、もともとはカナルジー・インディアンの居住地であった。1524年にフィレンツェの探検家ジョヴァンニ・ヴェルラザノが初めて足を踏み入れた時、彼らに酒を与えたためにマンハッタン(泥酔の地)と呼ばれるようになったという。独立前のアメリカ大陸には、イギリスをはじめヨーロッパ諸国の植民地がいくつかあったが、オランダも現在のニュー・ヨークにニュー・ネーデルランドという植民地(のちに戦争でイギリスに奪われることとなる)を建設しており、その経営にはオランダ西インド会社があたっていた。そして、1626年5月6日、オランダ植民地総督のピーター・ミニュートは、インディアンの酋長からわずか60ギルダー(約24ドル)相当のナイフや装身具と交換してマンハッタン島を手に入れたのだった。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

派閥の活用
“派閥の解消”ということがよく問題にされる。しかし考えてみると、私は派閥というものはおよそ人間の集まるところ、どこにでもついてまわるものだと思う。派閥をつくるのはいわば人間の本能であって、いいとか悪いとかいう以前の問題ではないだろうか。それならば、むしろ派閥を肯定した上で、これを活用していくことを考えてはどうか。つまり、各人がバラバラでいるよりもいくつかのグループになっていた方が、全体としてまとめやすく、より能率的に事が運べるわけである。派閥は解消できない。むしろあっていい。大切なのは、派閥を真に生かす、心の高まりだと思うのである。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 蠍座 早起きは三文の得 ◎ ◎ ◎
2 天秤座 意志を持てば周辺も理解してくれます ◎ ◎ △
3 牡牛座 出る話は急なのに入る当ては先のことに ◎ ◎ △
4 水瓶座 神経質になり過ぎないようにおおらかな気分で ◎ △ ◎
5 双子座 体の変調は念入りに検査してください ○ ○ ○
6 山羊座 友人を招いてのホームパーティでもいかが ○ ○ △
7 魚座 サ−ビス精神で皆をなごませてください ○ ○ ○
8 牡羊座 一緒に食事をすることで関係がほぐれるかも ◎ △ △
9 獅子座 無いモノはねだっても仕方なし △ ○ ○
10 乙女座 ハーブティーが吉 ◎ △ △
11 射手座 思わぬ落とし穴に注意 ○ △ △
12 蟹座 神経が過敏になりがちです △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

AVGも協力やの

おはよ。
2.3日前にフラッシュプレーヤーアップデートしてやろう思うてサイトにつないで「今すぐインストール」をクリック。
ほんだら情報バーが出るけん右クリックしてアクティブxコントロールのインストールを選択して実行するけど20秒位したらエラーが出てアップデートが出来ん。
なんでかなーと頭悩ます。
又実行してみるが一緒。
ほんで原因究明しよう思うて原因探す。
分かった。
こないだウイルス駆除のソフトをAVG7.5から8にした。
それで協力になったみたいな感じ。
全部終了させて又実行したら正常にフラッシュプレーヤーアップデート出来た。
原因はAVG。
フラッシュプレーヤーのバージョン確認するにはスタートメニュー→コントロールパネル→インターネットオプションで全般のタブシートの中に設定と言うのが在る。
それクリックしてオブジェクトの表示をクリック。
ほんだらフォルダが開く。
その中にフラッシュプレーヤーの奴が在るけんそこでバージョンが分かる。
最新バージョンは9.0.124。
バージョン上げてからMIXIの動画再生してみたらきちんと音が出た。
これで終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/5 (月)仏滅

アルプスを背に、信濃の川面に鯉が勢揃い。
<過去の出来事>


ヴェルサイユで三部会が開かれる(1789年)


咸臨丸がアメリカより浦賀に帰着(1860年)


ボルシェビキの機関紙『プラウダ』が創刊(1912年)


男子の普選を認めた衆議院議員選挙法公布(1925年)


新潟県木崎村で警官と小作人が衝突(1926年)


戦時体制強化のため国家総動員法が施行(1938年)


児童憲章制定(1951年)


東京で第1回日本国際見本市が開催(1955年)
<記念日>


●こどもの日(端午の節供)
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」祝日。1948年7月20日に制定された「国民の祝日に関する法律」で、端午の節句のこの日が「こどもの日」と定められた。また、51年5月5日には「児童憲章」が制定されており、5月5日から11日までが「児童福祉週間」とされた。


●おもちゃの日
「こどもの日」にちなんで、東京玩具人形問屋協同組合が1949年に制定。おもちゃや人形の展示、風船の配布などのPRを行っている。ちなみに「おもちゃ」という言葉の語源は、手に持ち遊ぶものということからきたものといわれ、江戸時代には「おもちあそび」という話し言葉が一般につかわれたという。


●クスリの日
623年5月5日、推古天皇が奈良の菟田野へ出かけ、薬になる草や木、鹿の角などの動物を狩る「薬猟(薬狩り)」をしたといわれている。この故事と「こどもの日」にちなみ、子どもの健康と尊い生命を守り、正しい薬の使い方と、普及PRを呼び掛けるため、全国医薬品小売商業組合連合会が、1987年に制定。ちなみに「くすり」は「苦去り」が語源とされる。


●わかめの日
新若芽が市場に出回る時期と「こどもの日」が重なっていることと、子供の成長・発育に欠かせないミネラルやカルシウムなどを含んだわかめをたくさん食べてもらおうという意図から、1982年に日本わかめ協会が制定した。
<今日生まれの著名人>


嶌信彦 (ジャーナリスト 1942年)


渡部篤郎 (俳優 1968年)


中島敦 (作家 1909年)


馳浩 (プロレスラー・政治家 1961年)


地井武男 (俳優・タレント 1942年)


森川美穂 (歌手・女優 1968年)


山崎一 (俳優 1958年)


工藤公康 (野球選手 1963年)


金田一京助 (言語学者 1882年)


伊良部秀輝 (野球選手 1969年)


レオ・レオニ (オランダ・イラストレーター・絵本作家 1910年)

モト冬樹 (ミュージシャン・タレント 1951年)


デーブ・スペクター (アメリカ・テレビプロデューサー・タレント 1954年)


セーレン・キェルケゴール (デンマーク・哲学者 1813年)


カール・マルクス (ドイツ・経済学者・哲学者・革命家 1818年)

Dr.コパ (建築家・風水師 1947年)

<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

断絶はない
最近の若い人たちの考え方が変わってきているといえば変わってきている。そしてそこから断絶という受けとめ方も出てくるけれども、おとなと若い人の間には、いつの時代でもある程度の隔たりはあったわけである。しかしそれは考え方の違いであり、断絶とは考えられない。それを何か断絶という言葉におどらされて、おとなが言うべきことも言わないというのは、非常によくないことだと思う。断絶という言葉でみずから離れてしまってはいけない。断絶はない。しかし青年と中年、老人とではおのずと考えが違う。永遠にそうなんだ、と考えてそれを調和していくところに双方の努力と義務があると思う。
記念日は本日はなし。

<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

<今日の雑学>

鯉のぼりの由来
端午の節句は、中国から伝わった五節句の一つ。端午の節句に上げる鯉のぼりも、中国の故事からきたもので、昔、楚の国で、ざん言のために淵に身を投げた屈原を慰めるために、紙の鯉を作って奉ったのが始まりとか。日本では室町時代から、武士の家に戦ののぼりに似た吹き流しを立てるようになり、江戸時代になるとそれが町家にも広がって、紙で作った鯉を竿頭に上げるようになった。鯉は「竜門を上がれば化して竜になる」いう伝説から縁起のいい魚とされ、晴れた空を悠々と泳ぐ鯉のぼりに、男の子の健やかな成長と立身出世を願う気持ちを託したものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

すべての予定終わった

gqs。
機能と今日の二日間コトデンで去年のGWにも在ったけど今年もつりかけの運転が実施された。
今日収録してきた。
琴平線の本当は高松築港からコトデン琴平まで収録したかったんやけど終点まで行ったら乗り損ねるけん途中の太田駅で下車して高松築港からくるつりかけに乗った。
去年に比べて乗っ取る人少なかったけど外での撮影は相変わらず多かった。
とりあえず後から収録した奴は配信する。
滝宮駅「たきのみやえき」まではドアの開閉は在ったけどそこから先の琴平までは停車はするけどいっさい開閉はなし。
ノーカット版で公開する。
なをMIXIやわしのblogに写真は掲載。けどあんまり綺麗には撮れてなかったみたい。オートフォーカスで一応撮影した。
太田駅に行きながら1つの実験。
それはF884の地図ナビで末駅から挿頭丘駅までの区間設定して自動車モードのナビにして目的地までナビゲーションする様子も収録。
まー当然電車と車では通る場所違うけん「ルートを外れました」が断続的に出た。
まーこれはお負けじゃ。
しょーもない事しよるなーと思いながら聞いてな。

パレードの動画は昼1時前に送った掲示板に在る。
撮影出来とるかどうかは分からん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gqs。
今からパレードが始まる。
下記のページに動画を順次upしていく。
http://atura.jp/bbs/top/ts870

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収録終わり

収録終わり
収録終わり
収録終わり
とりあえず撮影した。うつっとるかのー。やっぱりつりかけはえーのー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/4 (日)先勝

秋には赤や黄色の実をつけ、鳥達のかっこの餌になる。
<過去の出来事>


藤原保則が陸奥の蝦夷制圧に出発(878年)


千葉勝五郎がラムネの製造販売許可を得る(1872年)


大久保利通、大隈重信らが台湾出兵決定(1874年)


イランで石油国有化法案が成立(1951年)


パリ、カルチェ・ラタンで学生と警官隊衝突。五月革命(1968年)

堀江謙一、ヨットで単独無寄港世界一周に成功(1974年)


日本女性隊がマナスル登頂に成功。女性で初めて8000メートル以上の山を征服する(1974年)


マーガレット・サッチャー、首相就任(1979年)
<記念日>


●みどりの日
大型連休の固定化を狙って1989年に改正された「国民の祝日に関する法律」の「その前日及び翌日が『国民の祝日』である日(日曜日にあたる日及び前項に規定する休日にあたる日を除く)は、休日とする」という規定を受けて、5月4日は国民の休日とされた。2007年に祝日法の一部改正が施行され、「みどりの日」に名称変更された。
<今日生まれの著名人>


田中角栄 (政治家・首相 1918年)


仲谷昇 (俳優 1929年)


大内順子 (服飾評論家 1934年)


大黒将志 (サッカー選手 1980年)


正司花江 (女優 1936年)


森繁久彌 (俳優 1913年)


小沢遼子 (評論家 1937年)


小泉信三 (経済学者 1888年)


山田美保子 (放送作家・コラムニスト 1957年)


笹川良一 (政治家 1899年)


佐々木梓 (女優 1981年)


光永亮太 (歌手 1980年)


芹沢光治良 (作家 1896年)


菊池桃子 (女優・歌手 1968年)


ブルーノ・タウト (ドイツ・建築家 1880年)


オードリー・ヘプバーン (ベルギー・女優 1929年)


エミール・ガレ (フランス・ガラス工芸家 1846年)
<今日の雑学>

ラムネのビンの作り方は?
1950年代まで、清涼飲料水の王者といえば「ラムネ」だった。ラムネは「レモネード」がなまったもので、1968年(明治元年)に初めて中国人の蓮昌泰という人が東京・築地で作っている。日本人では72年5月4日に、千葉勝五郎という人物が最初にラムネの製造販売許可<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

日に新たな経営を
よく長い歴史と伝統を持った“しにせ”と言われるところが、経営の行き詰まりに陥ることがある。そういうところは正しい経営理念を持たないかというと決してそうではない。むしろ、創業以来の立派な理念が明確に存在している。しかし、そうしたものを持ちながら、それを実際に適用していく方針なりやり方に、今日の時代にそぐわないものがあるわけである。もちろん、旧来のやり方でも好ましいものはそのまま続ければいいわけだが、やはり時代とともに改めるべきは改めていかなければならない。その時どきにふさわしい日に新たな経営があってこそ、正しい経営理念も永遠の生命を持って生きてくるのである順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 魚座 周りにうらやましがられることが起きそうです ◎ ◎ ◎
2 牡羊座 時 には思いきり羽目を外しましょう ◎ ◎ ◎
3 射手座 思いがけない人の名前が浮上してくるでしょう ○ ◎ ◎
4 双子座 世間体を気にしすぎないでください ○ ○ ◎
5 乙女座 感謝の気持ちは言葉に出して ○ ◎ ○
6 天秤座 思いがけない来客など、周囲に変化が…… ○ ○ ○
7 牡牛座 我慢のしすぎは解決につながりません ◎ ○ △
8 獅子座 とにかく動くこと、これにつきます ○ ○ ○
9 水瓶座 人の誘いにのってお金と時間を無駄にしそう △ ◎ △
10 蟹座 暴飲暴食に気をつけましょう △ △ ◎
11 山羊座 目的もなくふらふら出歩かない方がよさそう △ △ ○
12 蠍座 あなたの溜息が周りまで暗い気分にして悪循環に △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ

<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

収録終わり

とりあえず丸亀お城祭りのパレードの奴終わった。
ちょっと去年より行くのが遅かった。
まー明日在るけん又行くかなー。
動画を上げたけど写ってとるかどうかは分からん。
なをこの模様は同じくサイトにもアップ予定。ttp://atura.jp/bbs/top/ts870

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよ。
今日は最高気温27℃やと。高知市は29℃。
今日は暑いぞー。わし暑いんいよいよ好かんのやけど。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  5/3 (土)赤口

果実は赤く熟し、霜が降りる頃になると、
白い粉をふいて甘くなり食べられる。
<過去の出来事>


糸割符制度が始まる(1604年)


国民党北伐軍と衝突した日本軍が済南市占領(1928年)


大阪最初の都下鉄、梅田〜心斎橋間が開通(1933年)


極東国際軍事裁判が開廷(1946年)


日本国憲法施行(1947年)


吉田首相が南原東大総長を「曲学阿世の徒」と非難(1950年)


ヨーロッパ自由貿易連合EFTAが正式発足(1960年)


常磐線三河島駅で脱線・衝突。死者160人(1962年)
<記念日>


●憲法記念日
「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重」などを基本理念とした日本国憲法は1946年11月3日に公布され、47年5月3日から施行された。これを記念し、「国民の祝日に関する法律」で、「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」祝日とされた。この日は、憲法改正派や護憲派がそれぞれに大会を開催している。
<今日生まれの著名人>


野村宏伸 (俳優 1965年)


天川美穂 (タレント 1987年)


猪口邦子 (国際政治学者・政治家 1952年)


相原コージ (漫画家 1963年)


上田早苗 (アナウンサー 1963年)


松尾伴内 (タレント 1963年)


三宅裕司 (俳優・タレント 1951年)


佐藤貢三 (俳優 1968年)


橋幸夫 (歌手 1943年)


岩井友見 (タレント・女優 1951年)


為末大 (陸上競技選手 1978年)


ニッコロ・マキャヴェッリ (イタリア・政治思想家 1469年)


ジェームス・ブラウン (アメリカ・ミュージシャン 1933年)


クリストファー・クロス (アメリカ・歌手 1951年)


カーリー西條 (アメリカ・料理研究家 1949年)
<今日の雑学>

マキャヴェリズムの由来
近代政治学の祖とされる、イタリア・ルネッサンス時代の政治思想家マキャヴェリは、1469年5月3日、フィレンツェの小貴族の家庭に生まれた。当時のイタリアは政情不安だったが、彼はイタリアが在りし日の栄光を取り戻すことを念願し、フィレンツェ共和政府の外交・軍事の要職で活躍。メディチ家の復活を見届けたのち、文筆生活に入った。宗教や道徳からの政治の解放を唱えた彼は、主著『君主論』で「君主は獅子のごとくたけだけしく、狐のごとく狡猾でなければならぬ」と説いたことから、のちには目的のためには手段を選ばず、権謀術数をたくましくする政治上の行動様式や主義が「マキャヴェリズム」と呼ばれるようになった。しかし、マキャヴェリ自身の理念は、国家統一を通じて人民の福祉を図るというものであったという。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

法律は国民自身のために
民主主義の政治のもとにおける法律は、国民お互いの暮らしを守り、それぞれの活動の成果を得やすくし、一人ひとりの幸せを生み高めていくところに、究極の目的なり存在意義があるのだと思います。いってみれば、国民が国民自身の幸せを実現していくためにみずから法律を制定する、というしくみになっているわけです。したがって、国民お互いがこういう法律を軽視し、無視するような姿がかりにあるとするならば、それはいわば自分自身を軽んじ、自分の尊厳を失うことにも通じると思います。そのことをお互い国民は正しく認識しあい、法律を常に正しく守りあってゆくことが肝要だと思います。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 射手座 南の方角にラッキーポイントあり ◎ ◎ ○
2 山羊座 おいしいものや楽しいことについています ○ ◎ ◎
3 天秤座 何事も肯定的に考えた方が、得ですね ○ ○ ◎
4 水瓶座 苦手なタイプでも付き合ってみるとおもしろいかも ○
◎ ○
5 蟹座 筆記用具は身近に置いておきましょう ○ △ ◎
6 魚座 昔から身近にいた人を大切にすると吉 ◎ ○ △
7 獅子座 急ぎの用事がたてこんで、ミスを犯しがち △ ◎ △
8 牡牛座 嫉妬すると、大事な人を失います △ △ ◎
9 牡羊座 無理押しして話をまとめても、後が大変 ○ △ △
10 乙女座 家族や周囲に対する気配りを忘れないように △ △ ○
11 蠍座 体調を崩しそうな気配 ○ △ △
12 双子座 こんな日もあるさ、と思ってしまえば気が楽 △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

今日は何の日


2008  5/2 (金)大安

写真はは紅花花水木で、北米原産の落葉樹
秋には美しく紅葉する。
<過去の出来事>


元明天皇が諸国に『風土記』の編纂を命じる(713年)


和田義盛が挙兵。和田合戦(1213年)


将軍家光が諸大名に隣国出兵の禁を緩める(1638年)


東京と横浜で郵便貯金業務開始(1875年)


尾崎紅葉が『我楽多文庫』を創刊(1885年)


医師法公布。医師が開業許可制から免許制に(1906年)


カリフォルニア州議会が排日土地法案を可決(1913年)


ソ連軍がベルリンを占領(1945年)


ラッセルらが「ベトナム戦犯裁判」を開廷(1967年)
<記念日>


●郵便貯金の日
1875年5月2日、東京と横浜で「貯金預かり所」が開業し、郵便貯金制度が始まった。これを記念して制定された日。


●緑茶の日(毎年八十八夜)
「夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が繁る…」と茶摘み歌に歌われているように、八十八夜は茶摘みの適期といわれている。そのため、日本茶業中央会が、緑茶の消費拡大を目的に、毎年八十八夜を「緑茶の日」と制定した。八十八夜は日本独特の雑節のひとつ。立春から数えて88日目で、現行暦では5月2日前後にあたる。この八十八夜が過ぎれば、まず遅霜の心配はないことから、茶摘み、苗代のもみまきなどの目安にするなど、農事上の重要な節目となっている。
<今日生まれの著名人>


野村祐人 (俳優 1972年)


北出菜奈 (歌手 1987年)


武蔵丸光洋 (アメリカ・力士 1971年)


内山眞人 (俳優 1986年)


笛吹雅子 (アナウンサー 1968年)


秋元康 (作詞家・作家 1956年)


佐藤利奈 (声優 1981年)


源純夏 (水泳・競泳選手 1979年)


河合克敏 (漫画家 1964年)


夏木マリ (女優 1952年)


加藤みづき (女優 1991年)


鮎川誠 (ミュージシャン 1948年)


ビング・クロスビー (アメリカ・俳優・歌手 1903年)


デビッド・ベッカム (イギリス・サッカー選手 1975年)


エカチェリーナ2世 (ドイツ・ロシア皇帝 1729年)

<今日の雑学>

郵便貯金の時効は?
郵便貯金は、民間金融機関が未発達で支店もほとんどない時代、どんな片田舎であっても郵便局を利用して預金できるようにと設けられた制度で、政府にとっては大衆零細預金を吸収して財政投融資などの源資にできるという利点があった。郵便制度を作った前島密が、1861年にイギリスで初めて採用された郵便貯金制度の成果をみて、75年に取り入れたもの。近年は、民営化を主張する意見が強まっている。ところで、郵便貯金の時効は10年と決まっていることはご存知だろうか?つまり、最後の出し入れをしてから10年間ほったらかしにしておくと、貯金は国庫に吸収されてしまうことになるのだ。その前には、郵政省から預け換えの通知が来るので、うっかり忘れていても問題はないが、住所が変わった時などに通知が届かないこともあるので要注意。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

カメの歩みの如く
カメの歩みというのは、一見のろいようだが、私は結局はこのあせらず、騒がず、自分のペースで着実に歩むというのが、一番よいのではないかと思う。手堅く歩むから力が培養されてゆく。逆にパッとやればどうしても手堅さに欠けるから、欠陥も出てくる。だから見たところでは非常に伸びたようだが、あとであと戻りをしなければならないということも起こってくる。ウサギのカケ足では息が切れる。といってハヤ足でもまだ早い。一番いいのはやはりナミ足で、カメの如く一歩一歩着実に歩むことではないかと思う。人生行路だけではない。事業経営の上でも、大きくは国家経営の上においても同様であろう。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 蠍座 周りが優しくしてくれる日です ◎ ◎ ◎
2 獅子座 雑誌の情報に幸運あり ○ ○ ◎
3 山羊座 しばらく会っていない友達と復活できそうな気配 △ ◎

4 牡羊座 体調が運気を左右します。休息をとりましょう ◎ △ ◎
5 蟹座 諦めない方が良い ◎ ○ ○
6 乙女座 いつもと同じ景色に、新たな発見をすることが…… ○
○ ○
7 天秤座 時には少し寄り道をしてみては? ○ ○ ○
8 双子座 どんなことがあっても騒ぎすぎないように ○ ○ △
9 水瓶座 のんびりしすぎかもしれません ◎ △ △
10 牡牛座 時の流れ、人の和を知りましょう △ ○ ○
11 射手座 足のむくみは体調の黄信号です ○ △ △
12 魚座 慌てずにマイペースを保ちましょう △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

タスポ

今日からタスポがなかったら自販機でたばこ買えんようになったのー。
未成年の喫煙を防ぐためとは言うけど。
タスポをもろとる人が少ないげなしタスポでなかったら自販機でたばこ買えん言うのは不便なけん言うて免許証を入れたらたばこ買えるようにするような方向にするげな。
そなん事しても無駄やと思うけどの。
コンビニやたばこ屋でも手売りやったら未成年の奴らも買えるんやけどの。
なんか鼬ごっこやが。
わしはタスポ申し込むはがきもう二ヶ月前に自販機のポケットからとって帰っとるけど申し込みはしてない。
しても直ぐにこーへんし。
まーコンビニでわしは買うと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »