« 今日は何の日 | トップページ | おはよ »

2008年5月 3日 (土)

今日は何の日


2008  5/3 (土)赤口

果実は赤く熟し、霜が降りる頃になると、
白い粉をふいて甘くなり食べられる。
<過去の出来事>


糸割符制度が始まる(1604年)


国民党北伐軍と衝突した日本軍が済南市占領(1928年)


大阪最初の都下鉄、梅田〜心斎橋間が開通(1933年)


極東国際軍事裁判が開廷(1946年)


日本国憲法施行(1947年)


吉田首相が南原東大総長を「曲学阿世の徒」と非難(1950年)


ヨーロッパ自由貿易連合EFTAが正式発足(1960年)


常磐線三河島駅で脱線・衝突。死者160人(1962年)
<記念日>


●憲法記念日
「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重」などを基本理念とした日本国憲法は1946年11月3日に公布され、47年5月3日から施行された。これを記念し、「国民の祝日に関する法律」で、「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」祝日とされた。この日は、憲法改正派や護憲派がそれぞれに大会を開催している。
<今日生まれの著名人>


野村宏伸 (俳優 1965年)


天川美穂 (タレント 1987年)


猪口邦子 (国際政治学者・政治家 1952年)


相原コージ (漫画家 1963年)


上田早苗 (アナウンサー 1963年)


松尾伴内 (タレント 1963年)


三宅裕司 (俳優・タレント 1951年)


佐藤貢三 (俳優 1968年)


橋幸夫 (歌手 1943年)


岩井友見 (タレント・女優 1951年)


為末大 (陸上競技選手 1978年)


ニッコロ・マキャヴェッリ (イタリア・政治思想家 1469年)


ジェームス・ブラウン (アメリカ・ミュージシャン 1933年)


クリストファー・クロス (アメリカ・歌手 1951年)


カーリー西條 (アメリカ・料理研究家 1949年)
<今日の雑学>

マキャヴェリズムの由来
近代政治学の祖とされる、イタリア・ルネッサンス時代の政治思想家マキャヴェリは、1469年5月3日、フィレンツェの小貴族の家庭に生まれた。当時のイタリアは政情不安だったが、彼はイタリアが在りし日の栄光を取り戻すことを念願し、フィレンツェ共和政府の外交・軍事の要職で活躍。メディチ家の復活を見届けたのち、文筆生活に入った。宗教や道徳からの政治の解放を唱えた彼は、主著『君主論』で「君主は獅子のごとくたけだけしく、狐のごとく狡猾でなければならぬ」と説いたことから、のちには目的のためには手段を選ばず、権謀術数をたくましくする政治上の行動様式や主義が「マキャヴェリズム」と呼ばれるようになった。しかし、マキャヴェリ自身の理念は、国家統一を通じて人民の福祉を図るというものであったという。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

法律は国民自身のために
民主主義の政治のもとにおける法律は、国民お互いの暮らしを守り、それぞれの活動の成果を得やすくし、一人ひとりの幸せを生み高めていくところに、究極の目的なり存在意義があるのだと思います。いってみれば、国民が国民自身の幸せを実現していくためにみずから法律を制定する、というしくみになっているわけです。したがって、国民お互いがこういう法律を軽視し、無視するような姿がかりにあるとするならば、それはいわば自分自身を軽んじ、自分の尊厳を失うことにも通じると思います。そのことをお互い国民は正しく認識しあい、法律を常に正しく守りあってゆくことが肝要だと思います。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 射手座 南の方角にラッキーポイントあり ◎ ◎ ○
2 山羊座 おいしいものや楽しいことについています ○ ◎ ◎
3 天秤座 何事も肯定的に考えた方が、得ですね ○ ○ ◎
4 水瓶座 苦手なタイプでも付き合ってみるとおもしろいかも ○
◎ ○
5 蟹座 筆記用具は身近に置いておきましょう ○ △ ◎
6 魚座 昔から身近にいた人を大切にすると吉 ◎ ○ △
7 獅子座 急ぎの用事がたてこんで、ミスを犯しがち △ ◎ △
8 牡牛座 嫉妬すると、大事な人を失います △ △ ◎
9 牡羊座 無理押しして話をまとめても、後が大変 ○ △ △
10 乙女座 家族や周囲に対する気配りを忘れないように △ △ ○
11 蠍座 体調を崩しそうな気配 ○ △ △
12 双子座 こんな日もあるさ、と思ってしまえば気が楽 △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

|

« 今日は何の日 | トップページ | おはよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478758/20724178

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は何の日:

« 今日は何の日 | トップページ | おはよ »