« サイト更新完了 | トップページ | 今日は何の日 »

2008年5月 8日 (木)

今日は何の日


2008  5/8 (木)先勝

オダマキとは昔、麻糸を巻いた道具で
花のカタチが似ていることからこの名がついた。
<過去の出来事>


百済・加羅などが新羅と戦い日本に援軍を乞う(552年)


英国国教会の統一令にエリザベス1世が署名(1559年)


大坂城落城、大坂夏の陣が終結(1615年)


イギリス議会で王権復古の決定(1660年)


鼠小僧次郎吉、捕らわれる(1832年)


ロンドン労働者協会が人民憲章を公表(1838年)


台湾島民を日本国籍に編入する(1902年)


米軍基地拡張に反対する砂川闘争始まる(1955年)


富山県のイタイイタイ病を厚生省が公害認定(1968年)
<記念日>


●世界赤十字デー
1828年5月8日、国際赤十字の創始者アンリ・デュナンが誕生したことを記念し、国際赤十字連盟が1948年にスウェーデンのストックホルムで開催された連盟理事会で制定した日。日本では戦前、ジュネーブ条約加盟の1886年11月15日を記念して「赤十字デー」としていたが、1948年以降、毎年5月8日を「世界赤十字デー」とすることにした。
<今日生まれの著名人>


渋澤龍彦 (作家・仏文学者・評論家 1928年)


林家きく姫 (落語家 1970年)


田島寧子 (水泳選手・タレント 1981年)


天童荒太 (作家 1965年)


中原めいこ (歌手 1959年)


池田貴族 (ミュージシャン・評論家・作家 1963年)


赤坂晃 (俳優 1973年)


小池一夫 (漫画原作者・作家 1936年)


曙太郎 (アメリカ・力士・格闘家 1969年)


宗田理 (作家 1928年)


榊原郁恵 (歌手・女優・タレント 1959年)


吉川美代子 (アナウンサー・解説委員 1954年)


ハリー・S・トルーマン (アメリカ・第33代大統領 1884年)


さくらももこ (漫画家 1965年)


かたせ梨乃 (女優 1957年)


アンリ・デュナン (スイス・国際赤十字創始者 1828年)
<今日の雑学>

平和と健康のために活躍する赤十字
1828年5月8日はアンリ・デュナンがスイスで誕生した日。彼は1859年のイタリア統一戦争で傷病兵の惨状を見聞して、著書『ソルフェリーノの思い出』で戦時の中立的救護組織の必要を訴えた。このことがきっかけで1863年に人道主義的民間団体として赤十字が発足。1864年には赤十字条約(ジュネーブ条約)を採択、加盟国には政府公認の1国1社の篤志救護団体(赤十字社)が作られることになった。標章にはスイス国旗の配色を逆にした「白地に赤十字」が用いられている。当初は戦時の傷病者救護のみが任務だったが、第一次大戦後は平時の災害・疾病の救護・予防、病院・輸血センター・看護短期大学の運営も行なっている。ちなみにデュナンは1901年に第1回ノーベル平和賞を受賞。赤十字国際委員会、赤十字社連盟もノーベル平和賞を受賞している。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

社員学の第一歩
社員はまず、社長をはじめ首脳者というものがいかに忙しい仕事をし、いかにその職責が重大なものであるか、ということを知っていただきたい。私は社員学の第一歩は、そこから始まると思う。またそういうように、社員が首脳者の苦労を知ると同時に、社長や会社の幹部は、社員の立場に対して理解を持ち、そして社員の働き、苦労に対して大いに感謝することが大切である。こういうようなことに双方がなると、どんな事業でも成功すると思う。またそういう考え方がどの程度にあるのか、ということによって、その会社の将来を非常にはっきりと判定できると思うのである。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 蟹座 棚からぼたもちが転がり落ちてきそう ◎ ◎ ◎
2 双子座 今日の運気は真剣さが鍵を握っています ◎ ◎ ○
3 魚座 知らない人に話しかけてみるといいかも ◎ ◎ ○
4 乙女座 部屋や仕事場の模様替えをして見ませんか ◎ ◎ △
5 蠍座 妥協も時には吉となるでしょう ○ ○ ○
6 天秤座 責任・プレッシャ−にまけずに、しっかり ○ ○ ○
7 牡羊座 もう少し経験を積んでから再チャレンジを ◎ △ ○
8 牡牛座 意識してリラックスを心がけましょう ○ △ ○
9 山羊座 足下に注意してください ◎ △ △
10 射手座 刺激の強いものはあまり食べないように △ △ ○
11 獅子座 重箱の隅をつつくような細かいことは気にしないように
△ △ △
12 水瓶座 急がば回れです △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=エメラルド(幸福・愛情)

誕生花=あやめ(良い便り)
<季節の言葉>

●皐月(さつき)
五月は田植えの季節。早苗(さなえ)を植える月という意味で早苗月といっていたのを略して、さつきと呼ばれるようになった。万葉集などでは五月と書いてサツキと読ませていたことから、皐月の字をあてるようになったのは後世のこと。雨月、橘月などの異称もある。五月晴れ、八十八夜、立夏、麦秋、薫風、卯の花腐し(うのはなくたし)、田植え、新茶、鯉のぼり、菖蒲湯、初鰹
<旬の味>

五月の風物詩といえば「目に青葉、やまほととぎす初鰹」。相模湾沖に回遊してきた鰹は脂がのっておいしく、鎌倉あたりで水揚げされたものを、江戸っ子は家財を質入れしてまで買い求めたという。木の葉で餅や食べ物を包むのも古来からの知恵。風味が増すばかりでなく、防腐効果もあるという。柏餅や粽(ちまき)もおいしいけれど、たまには青葉でおにぎりなどを包んで、ピクニックでもいかが。

魚介類=鰹、太刀魚(たちうお)、飛び魚、いさき、ほたるいか、きす、どじょう
野菜・果物=茶、莢えんどう、グリンピース、そらまめ、ごぼう、キャベツ、蕗、ワラビ
<今月の草花>

五月は山野草のもっとも美しい季節。群馬県尾瀬ケ原、長野県鬼無里、栂池などで水芭蕉の群生を見ることができる。子どもたちが花の冠や首飾りを作って遊ぶ赤詰草や白詰草も、この季節の代表的な野草。昔、外国からの荷物は、この草を詰めて中身を保護していたので、詰草の名がついたといわれる。ヨーロッパでは花の祭りが行われ、フランスでは5月1日に鈴蘭を贈ると、贈った人にも贈られた人にも幸せが訪れるという言い伝えがある。

赤詰草、白詰草、浜昼顔、鈴蘭、白根葵、いかり草、アマドコロ、水芭蕉、牡丹、シャクヤク、藤、ライラック、ツツジ、カキツバタ、アヤメ
<風習・伝承>

●端午の節句
端午とは、上巳(3月3日)や七夕(7月7日)などとともに五節句の一つ。中国では、昔この日に野に出て薬草を摘んだり、菖蒲酒を飲んだり、ヨモギで作った人形を戸口にかけて邪気を祓う風習があり、これが平安時代に日本に伝わったもの。もともと日本には、この日、田植えを始める前に早乙女(さおとめ/田植えをする若い女性)が、身を清める行事が行われていた。古来、端午は女性の節句であったのだ。やがて武家社会の台頭とともに、菖蒲と尚武が同音であることなどから上巳と対照的に男子の節句となった。戦国時代には、男子の無事と立身出世を願って、家紋や、武者、疫病を防ぐ中国の鬼神・鍾馗(しょうき)や出世魚の鯉を描いた幟(のぼり)が立てられるようになり、江戸期になると庶民にもそれが広がった。現代でも鯉のぼりや武者飾りとして、その風習は受け継がれている。

|

« サイト更新完了 | トップページ | 今日は何の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/478758/20843041

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は何の日:

« サイト更新完了 | トップページ | 今日は何の日 »