« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

今日は何の日


2008  8/1 (金)先勝

スズメダイの一種で西部太平洋、インド洋、相模湾以南の
南日本に多く見られる種類。
<過去の出来事>


日清戦争始まる(1894年)


鉄道弘済会売店をキヨスクと呼称(1973年)


NTTがファックスの営業を開始(1973年)


東京山手線駅で終日禁煙に(1992年)
<記念日>


●マージャンの日
8・1をパイと読むことから、健全な娯楽としての麻雀をPRするために、全国麻雀業組合総連合会が制定した日。


●水の日
水の使用量の多い8月の始まりの今日を「水の日」、この日から1週間を「水の週間」として1977年に国土庁が制定。水不足や水質汚染を改善するために、水の大切さを訴えるPR活動などを行っている。
<今日生まれの著名人>


木下杢太郎 (詩人 1885年)


米倉涼子 (女優 1975年)


冨永愛 (モデル 1982年)


柊瑠美 (女優 1987年)


田村正和 (俳優 1943年)


酒井抱一 (画家 1761年)


室生犀星 (詩人 1889年)


三ツ矢歌子 (女優 1936年)


金田正一 (野球選手 1933年)


ハーマン・メルヴィル (アメリカ・小説家 1819年)


つのだひろ (ミュージシャン 1949年)


ジャッキー吉川 (ドラマー 1938年)


きんさん、ぎんさん (双子長寿日本一 1892年)


イブ・サンローラン (アルジェリア・デザイナー 1936年)


E・H・エリック (フランス・タレント 1929年)
<今日の雑学>

8月1日は八朔(はっさく)
旧暦8月1日は、八月朔日(ついたち)を略して八朔(はっさく)と呼ばれる。現代ッコには八朔といえば柑橘類の名前だが、昔、八朔は「二百十日」、「二百二十日」(それぞれ立春から数えた日数)とならんで台風の襲来が多い三大厄日とされ、収穫を前にした農家では豊作祈願の行事が行われていた。また1590(天正18)年の八朔に徳川家康が初めて江戸城入りしたことから、江戸時代には記念日として武家から町民まで、祝いの行事を行っていた。現代では八朔も旧暦より現行暦でいわれることも多く、かつてのような行事もほとんど行われなくなった。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

身をもって範を示す
指導者というものは、いろいろなかたちでみずから信じるところ、思うところを人びとにたえず訴えねばならない。と、同時に大切なのは、そのことを自分自身が身をもって実践し、範を示すようにつとめていくことであろう。“百日の説法屁一つ”ということわざもあるように、どんなにいいことを説いても、その成すところがそれに反していたのでは、十分な説得力は持ち得ない。もちろん、力及ばずして100%実行はできないということもあろう。というよりそれが人間としての常かもしれない。しかし、身をもって範を示すという気概のない指導者には、人びとは決して心からはしたがわないものである。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=紅縞めのう(夫婦愛)

誕生花=百合(純潔、高貴、自尊心)
<季節の言葉>

●葉月
新暦では夏の盛りの八月も旧暦では秋。月の異称や季語も秋のイメージを誘う。代表的な異称「葉月」は、中国では月に生えると信じられていた桂の葉の月という意味。残暑、晩夏、秋暑、夕立、土用波、盆踊り、雲の峰、蝉しぐれ、線香花火、虫の音
<旬の味>

「秋茄子は嫁に食わすな」というのは、意地悪ではなく、茄子は体を冷やす陰性の食物であるという言い伝え。茄子や冬瓜など、夏の食物には体を冷やす陰性のものが多いのは、自然の心遣いなのだろうか。

魚介=秋刀魚(さんま)、穴子、はぜ、鰹(かつお)、鰈(かれい)、いさき、鱸(すずき)、鮑(あわび)、ほや
野菜・果物=かぼちゃ、ピーマン、キュウリ、ごぼう、冬瓜(とうがん)、枝豆、山芋、トマト、なす、すいか、梨
<今月の草花>

照りつける陽射しに負けないで、青空に向かって伸びる向日葵(ひまわり)は、子供の頃の夏休みを思い出させる花。しかし最近は小型のものが春から花屋さんに並び、季節感もなくなってきた。夏の夕暮れに風情を添える大待宵草(おおまつよいぐさ)には、月見草の名もある。高地では束の間の夏を謳歌するように、可憐な花々が咲き乱れる。

百日紅(さるすべり)、百日草、カンナ、白粉花(おしろいばな)、柳蘭(やなぎらん)、駒草、夕菅(ゆうすげ)
<風習・伝承>

●薮入り(やぶいり)
農耕民族の習慣と仏教が混じり合った日本のお盆には、先祖の霊を慰め、秋の豊穣をお願いする気持ちが込められている。古くは一年に二回、8月16日と1月16日だけは、「薮入り」といって里帰りが許される習慣があり、嫁いだり働きに出て家を離れた人々も故郷に戻ってきた。レジャーなどない昔は、懐かしい家で日頃の垢を流し、幼なじみと盆踊りに興じてひとときの骨休め。しかし、最近は海外旅行する人も多く、薮入りという言葉も死語になりつつあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

今日は何の日


2008  7/31 (木)仏滅

雲の高さが違い、それぞれの進む方向も異なり神秘
的な美しさがある。天気が悪化する前触。
<過去の出来事>


サン・テクジュペリ没(1944年)


日本最古の市電・北野線が廃止に(1961年)


東京・山手線に冷房車初登場(1970年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


和泉雅子 (女優 1947年)


柳田国男 (民族学者 1875年)


本田美奈子 (歌手 1967年)


島田律子 (タレント 1968年)


中山秀征 (タレント 1967年)


中原早苗 (女優 1935年)


大橋りえ (歌手 1973年)


石立鉄男 (俳優 1942年)


古谷徹 (声優 1953年)


岩田光央 (声優 1967年)


岸本祐二 (俳優 1970年)


岡崎友紀 (女優 1953年)


愛内里菜 (歌手 1980年)


ジャン・デュビュッフェ (フランス・画家 1901年)


ウイリアム・スミス・クラーク (アメリカ・教育者 1826年)


J・K・ローリング (イギリス・児童文学作家 1965年)
<今日の雑学>

マラソン競技の由来
マラソンのルーツは遥か昔、紀元前490年のギリシャ。ペルシャ戦争で苦戦していたギリシャ軍はアテネ市民の支援によって、マラトンの丘の戦いでペルシャ軍を打ち破ることができた。この勝利を伝えるために、伝令は昼夜を走り続けてアテネに着き、市民に勝利を伝えたのだが、そこで力つきて死んでしまったという。この故事にちなんで、マラソン競技が行われるようになったのだ。すでにお分かりの通り、マラソンという名は、勝利の戦場となったマラトンの丘からつけられたもの。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

自分自身への説得
説得というものは、他人に対するものばかりとは限らない。自分自身に対して、説得することが必要な場合もある。自分の心を励まし、勇気をふるい起こさねばならない場合もあろうし、また自分の心を押さえて、辛抱しなければならない場合もあろう。そうした際には、自分自身への説得が必要になってくるわけである。私がこれまで自分自身への説得をいろいろしてきた中で、いまでも大切ではないかと思うことの一つは、自分が運が強いと自分に言い聞かせることである。ほんとうは強いか弱いかわからない。しかし、自分自身を説得して、強いと信じさせるのである。そういうことが、私は非常に大事ではないかと思う。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑かったのー

今日も暑かった。高松市では35度3分まで気温が上がった。
この暑さは月曜日に比べるとまだましである。明日も最高気温は今日と同じ35度という予想であるが、さてどうだろう。

今からしばらくの間蝉時雨が結構に屋かなけど盆をすぎたら泣く数が減ってくる。
毎日毎日やかましいからなく数が減ってくれた方がわしとしては嬉しい。
明日で7月も終わりになるが後に週間ちょっとの辛抱だ。
熊ゼミの声は結構騒音に等しいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよう。相変わらず暑いし蝉もやかましい。
テレビのニュースで今年は熊蝉の繁殖が凄い言いよった。
ローカルの放送局のニュース。高松市は昔はアブラゼミをたくさん見かけたが最近はあんまりみん。
昨日の朝蝉の鳴き声を測定したらしいが90DB「デシベル」在ったらしい。
90DB言うたら降下したで居って上を列車が通過して行く音よりまだ大きい。
熊ゼミの鳴き声は騒音やの。
これだけ熊ゼミが増えたというのは原因は地球温暖化のようだ。
これからだんだん地球温暖化が進んで行くと蝉の繁殖が増えるだろうと話ていた。
けど今から30年ほど前はもっと今より多かった気がするけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつらうつらしよった

今までうつらうつらしよった。

たばこが切れたから近所のコンビニへお財布携帯でたばこ買いに行く。日付が変わった頃に出て行ってコンビニについてそれで、近所のコンビニへ到着。
いつものねえちゃんがおらんかった。
愛想の悪い兄ちゃんがふてくされたげな顔して出てきた。
お財布携帯でたばここうてコンビニを出た。
片道1km程往復にkm程。
時間にして30分程で帰ってきた。
今から遅いけど風呂に入ってまた寝ることにしよう。
今晩もエアコンつけてドライにして寝る事にしよう。
また後で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

今日は何の日


2008  7/30 (水)先負

マンタの背に乗り水中遊泳。魔法のジュータン、い
や孫悟空のきんと雲のようで、しばし夢心地。
<過去の出来事>


明治天皇崩御(1912年)


日本プロレスリング協会結成(1953年)


谷崎潤一郎没(1965年)


沖縄で左側通行に(1978年)


古賀政男に国民栄誉賞(1978年)


東北自動車道、浦和〜青森間全通(1986年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


立原道造 (詩人 1914年)


堀内賢雄 (声優 1957年)


徳川秀忠 (江戸幕府第2代将軍 1579年)


東條英機 (軍人 1884年)


渡辺奈緒子 (女優 1984年)


新美南吉 (作家 1913年)


三島霜川 (作家 1876年)


荒井注 (タレント 1928年)


ロザンナ (タレント 1950年)


ヘンリー・フォード (アメリカ・フォード・モーター創設者 1863年)


ジャン・レノ (フランス・俳優 1948年)


ケイト・ブッシュ (イギリス・歌手 1958年)


エミリー・ブロンテ (イギリス・作家 1818年)


アーノルド・シュワルツェネッガー (アメリカ・俳優 1947年)
<今日の雑学>

江戸時代、人は左側通行だった
現代は、車は左、人は右。しかし江戸時代の武士は左側を歩いていた。武士は、いつでも刀を抜けるように体の左側に刀を差していたので、道の右側を歩くと、他の武士とすれ違うときに刀と刀が触れる可能性があるからだ。刀は武士の魂。それに触れることはタブーであり、万が一触れると、果たし合いになっても文句は言えない。このために武士は常に道の左側を歩くようにしていたのだという。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

声をかけるサービス
商売をしている限り、いつの時代でもサービスは大事ですが、中でも特に故障や不満のないときのサービスということが大事です。だんだん暑くなってきて、扇風機がそろそろ要るようになる。そんなとき、ちょっと立ち寄って“去年の扇風機の調子はどうですか”と声をかける。また“お納めした品物の具合はどうでしょう”と聞いてみる。いわば“声のサービス”です。これは全くの奉仕で、それですぐどうこうというものではないでしょうが、ご需要家にしてみたらどんなに嬉しく、また頼りに思われることでしょう。そういうところに、商売をする者の真の喜びを感じ、尊さというものを自覚しなければならないと思うのです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよー

おはよう。
今日も朝から暑い。
最高気温は昨日は37度超えたけども。
今日も多分そのぐらい上がるだ郎。昨日の夕方は久し振りに雷の音を聞いた。

相変わらず蝉の声がやかましい。
NHKのラジオでは、子供科学電話相談をやっている。
この番組を聞くと、真夏やなーと実感を毎年している。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

今日は何の日


2008  7/29 (火)友引

オニイトマキエイの別名、熱帯域のうみに棲む。全
長6〜7メートルに達し、プランクトンを食べる。
<過去の出来事>


パリの凱旋門完成(1836年)


ゴッホ、ピストル自殺(1890年)


第14回オリンピックロンドン大会開催。日本不参加(1948年)


チャールズ皇太子とダイアナ結婚(1981年)
<記念日>


●アマチュア無線の日
1973年、日本アマチュア無線連盟が、アマチュア無線の健全な発達と、知識の普及を目的にして制定した。アマチュア無線は20世紀初頭にアメリカで始まり、日本でも1925年頃から始まった。ハム(ham)の語源は、大根役者という意味のhamからきたとも、アマチュアamateurのamが変化したものともいわれる。
<今日生まれの著名人>


鈴木光枝 (女優 1918年)


不破万作 (俳優 1946年)


秋吉久美子 (女優 1954年)


三屋裕子 (バレーボール選手・タレント 1958年)


坂上香織 (女優 1974年)


高木美保 (女優 1962年)


橋本龍太郎 (政治家 1937年)


久里千春 (女優 1938年)


加藤理恵 (女優 1985年)


安奈淳 (女優 1947年)


ベニート・ムッソリーニ (イタリア・政治家 1883年)


チャンネ・リー (アメリカ・小説家 1965年)


せんだみつお (タレント 1947年)


クララ・ボウ (アメリカ・女優 1905年)

『住宅購入や賃貸物件、リフォームから引越しまで』住まいのことならhi-ho不動産
新築マンション・戸建て
ネットなら情報収集・資料請求もカンタン! 賃貸物件検索
ワンルームからファミリー向けまで、こだわりのお部屋探しは最新物件の検索から リフォームの相場・事例
今の相場は和室をフローリングに15万円〜
トータルリフォーム170万円〜

売却支援
住み替えや物件の売却計画を豊富なマーケットデータでサポート
不動産体験談募集
QUOカード500円プレゼント。不動産に関する事なら何でもお寄せ下さい 引越し一括見積もり
一度の入力で最大15社の引越料金を完全比較

ハイホーコンテンツ一覧です。
hi-hoサービス一覧
■入会・コース変更 FTTH入会 | ADSL入会 | フレッツ光 | フレッツADSL | 光ファイバー提供エリア | ADSL提供エリア
■暮らす 不動産・住宅 | 新築マンション| 中古マンション| 新築一戸建て| 中古一戸建て| 賃貸| リフォーム| 住宅ローン| 引越し| 自
動車&バイク| 新車 | 中古車 | 自動車買取・バイク買取 | 自動車保険 | 旅行情報 | 国内旅行 | 海外旅行 | マネー | ネット証券 |
外為FX | ローン | クレジットカード | 保険 | 求人・転職 |
紹介転職 | スカウト | 派遣 | アルバイト | パート | 暮らし生活

| 結婚式場 | 結婚準備 | ダイエット | レシピ| 花粉症| 資格・お稽古
■楽しむ ゲーム | 占い | 芸能ニュース | グラビア |
■調べる 天気予報 | 花粉| 電話帳 | 日めくりカレンダー | サイト検索 | 大学・専門学校進学 | 書籍/雑誌 | ショッピング
--------------------------------------------------------------------------------

<今日の雑学>

バスケットボールの起源
バスケットボールはバレーボールと同じく、アメリカのYMCAで始まったスポーツ。ネイスミス博士によって、1891年に考案された。当時は体育館の2階の手すりに果物などの収穫に使うバスケットを下げ、そこにボールを投げ込んで得点を競っていた。今のように底が開いたネットではないから、ボールがかごに入るたびに、はしごをかけてボールを取り出していたそうだ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

力の限度にあった仕事を
2、3人の人を使っての個人企業の経営者としては立派に成績を上げたけれども、10人、20人と人が増えてはもうやっていけないという人もあろう。このことは、ひとり経営者についてだけでなく、部とか課の責任者、さらには一人ひとりの社員が仕事と取り組む上での心構えといった点で大事な教訓を含んでいると思う。それは一言でいえば、お互いが自分の能力を知り、その上に立って自己の適性というか、力の限度にあった仕事をしていかねばならないということである。自分の能力を常に検討し、適性にあった仕事をしていくということになってこそ、自分自身、ひいては会社や世の中にも貢献することができると思うのである。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高気温更新

今日の香川県は最高気温を更新した。
昨日は37度3分だったが今日はさらに更新して37度6分まで気温が上がった。

香川県の観測地点は7箇所在るが全部軒並み35度超えて36度台になっている。明日も最高気温は36度だと言う予想だが、恐らく今日と変わらんかもわからん。今から40分程前から雷がなっているが、雨は降っていない。ラジオにも空電が断続的に入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らくらくホンV が発売

らくらくホンVが8月1日に発売される。
携帯のお知らせのページは
http://i.nttdocomo.co.jp/f/info/news_release/page/080728_01.html
になる。
high speedには対応してない。
搭載iアプリは
メモ帳と能力ストレッチのアプリと地図ナビアプリとそれから健康生活日記と歩数計。
まー詳しくは上記のページを参照してな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよ。
相変わらず暑いのー。
今日も最高気温は36℃。
昨日みたいに多分上がるわ。
今日もよろしく。
朝からセミやかましいのー。
後三日で7月も終いやの。
早いのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

今日は何の日


2008  7/28 (月)先勝

日没後30分ぐらいを薄明といい、空の表情がいち
ばん美しく変化に富む時。
<過去の出来事>


第一次世界大戦勃発(1914年)


日本人がオリンピックで初の金メダル獲得(1928年)
第9回アムステルダム・オリンピックで、三段跳びで織田幹雄、200m平泳ぎで鶴田義行が、日本人としてはじめて金メダルを獲得した。


江戸川乱歩没(1965年)


ロサンゼルス五輪。ソ連不参加(1984年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


矢井田瞳 (歌手 1978年)


畑山隆則 (ボクサー 1975年)


徳重聡 (俳優 1978年)


渡瀬恒彦 (俳優 1944年)


大滝詠一 (歌手 1948年)


神園さやか (タレント 1986年)


根本はるみ (タレント 1980年)


高橋陽一 (漫画家 1960年)


桂銀淑 (歌手 1961年)


ビアトリクス・ポター (イギリス・絵本作家 1866年)


セルジオ越後 (サッカー評論家 1945年)


スガシカオ (歌手 1966年)


サエキけんぞう (歌手 1958年)

『住宅購入や賃貸物件、リフォームから引越しまで』住まいのことならhi-ho不動産
新築マンション・戸建て
ネットなら情報収集・資料請求もカンタン! 賃貸物件検索
ワンルームからファミリー向けまで、こだわりのお部屋探しは最新物件の検索から リフォームの相場・事例
今の相場は和室をフローリングに15万円〜
トータルリフォーム170万円〜

売却支援
住み替えや物件の売却計画を豊富なマーケットデータでサポート
不動産体験談募集
QUOカード500円プレゼント。不動産に関する事なら何でもお寄せ下さい 引越し一括見積もり
一度の入力で最大15社の引越料金を完全比較

ハイホーコンテンツ一覧です。
hi-hoサービス一覧
■入会・コース変更 FTTH入会 | ADSL入会 | フレッツ光 | フレッツADSL | 光ファイバー提供エリア | ADSL提供エリア
■暮らす 不動産・住宅 | 新築マンション| 中古マンション| 新築一戸建て| 中古一戸建て| 賃貸| リフォーム| 住宅ローン| 引越し| 自
動車&バイク| 新車 | 中古車 | 自動車買取・バイク買取 | 自動車保険 | 旅行情報 | 国内旅行 | 海外旅行 | マネー | ネット証券 |
外為FX | ローン | クレジットカード | 保険 | 求人・転職 |
紹介転職 | スカウト | 派遣 | アルバイト | パート | 暮らし生活

| 結婚式場 | 結婚準備 | ダイエット | レシピ| 花粉症| 資格・お稽古
■楽しむ ゲーム | 占い | 芸能ニュース | グラビア |
■調べる 天気予報 | 花粉| 電話帳 | 日めくりカレンダー | サイト検索 | 大学・専門学校進学 | 書籍/雑誌 | ショッピング
--------------------------------------------------------------------------------
<今日の雑学>

五輪金メダルの製造元は?
栄冠を勝ち取った選手の胸にさんぜんと輝く金メダルは、どこで作られているのだろうか。オリンピック発祥の地ギリシャ?正解は、開催国の公的な機関。1964年の東京オリンピックのときは、大蔵省の造幣局で作られたそうだ。開催国で作るといっても、勝手に作っているわけではなく、オリンピック憲章によって定められた「直径60ミリ、厚さ3ミリで純度92・5パーセント以上の銀を土台に、6グラム以上の金メッキを施す」という基準に従って製造されている。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

降格は公の心で
部長が適任でない場合どうするか、ということは非常に大事な問題である。日本の会社では、とりかえるということはむずかしいことである。だが、それはやらなくてはならない。やりにくいことをやらなければ物事は成り立たない。断乎としてやる勇気を持たなくてはいけない。そういうときに、一つ勇気を出す方法がある。それは会社は個人のものではない、公のものである、だから個人の情において忍びなくても、公のためには変えなければならない、と考える。実際はそう理屈通りにはいかないが、そのような解釈を強く持つか持たないかによって、それが適切にできるかできないかという差がでてくるのではないだろうか。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

37度3分

今日は今年一番の暑さやった。
37度3分やの。
頭がくらくらしよったのー。
外に出た瞬間汗がだらだら噴き出していかんかった。
去年F883IESのインプレッションしたのが8月17日からやったけどその8月17日は36℃越えとったのー。それより暑いんやけんのー。
明日も最高気温35℃やいいよるけど多分今日みたいに上がるん違うかのー。
暑いけん体調壊さんようにの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日と一緒

今気温見てみたら高松市の気温が13時の時点で35.4℃。昨日と変わらんが。へたしたら昨日より暑いん違うかのー。
多治見市では39℃やったし昨日は。
今日はなんぼやろか。後から見てやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよー

今日も朝から暑いのー。
昨日の夜仲良しの連れでもあるokaちゃんがうちにきた。
泊まってさっきばいばいした。ゆっくり寝られたみたいななー。
結構疲れとったんやろう。
今から教会いっきょる。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

今日は何の日

2008年7月27日:赤口
動物にとって日没は危険で忙しい、昼の生き物と夜
の生き物が入れ替わる時。
<過去の出来事>


朝鮮戦争休戦協定調印(1953年)


東京に初の光化学スモッグ注意報(1970年)


田中角栄前総理大臣がロッキード事件で逮捕される(1976年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


目黒真希 (女優 1972年)


麻倉未稀 (歌手 1960年)


渡嘉敷勝男 (ボクサー 1960年)


長崎宏子 (水泳選手・スポーツコンサルタント 1968年)


大山倍達 (空手家 1923年)


大久保貴光 (俳優 1970年)


星野真里 (女優 1981年)


勝野洋 (俳優 1949年)


寺田恵子 (歌手 1963年)


山本有三 (劇作家・小説家 1887年)


榊原利彦 (俳優 1969年)


高島忠夫 (俳優 1930年)


かわぐちかいじ (漫画家 1948年)
<今日の雑学>

参加することに意義があると言ったのは?
「オリンピックは勝つことではなく、参加することに意義がある」という言葉は、近代オリンピックの父・クーベルタン男爵の言葉として知られている。しかし、この言葉を最初に使ったのはイギリスのペンシルバニー主教。第4回ロンドン大会で、勝負にこだわる傾向を嘆き、礼拝に集まった選手たちに語った言葉だった。これを聞いたクーベルタン男爵が感激し、オリンピック精神の理想として伝えたのだ。第10回ロサンゼルス大会で主要競技場に掲示されたことで、この言葉は世界中に広まった。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

人間の幸せのための政治
私たちが決して忘れてならない大事なことは、政治は結局、お互い人間の幸せを高めるためにある、ということです。過去においては多くの人びとが政治によって苦しめられ、お互いの血を血で洗うということもありました。しかし、そうした好ましくない姿は、政治の本来の姿ではない。政治は本来、お互い人間のそれぞれの活動をスムーズに進めることができるようなものです。それらの調整調和をはかり、共同生活の向上をはかって、一人ひとりの幸せを生み高めることをその使命としているのです。この“政治は本来、人間の幸せのためにある”ということを私たちはまず正しく認識しあう必要があると思います。申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよ。今なんじや。
05:52かー。
朝から蝉が五月蠅いのー。せっせっせっせ言うてなっきょるし。
これ泣き出したらやかましいけんのー。
今日も暑げなぞー。
昼間も34℃か35℃位まであがるげなし。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

この時間が来ても暑い

11時半やのにこの時間が来てもまだ30℃在るが。
明日の朝も27℃までしか下がらんげなが。
完璧な熱帯夜やのー。
エアコンなかったら寝られんけど冷やし過ぎんようにのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  7/26 (土)大安

魚類から進化したほ乳類、サルから分かれ森に棲ん
だヒト、都会でDNAが海を恋しがる。
<過去の出来事>


太田道潅没(1489年)


ポツダム宣言発表(1945年)


福岡市の地下鉄1号線開業(1981年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


萩原健一 (俳優 1950年)


杜けあき (女優 1960年)


中土居宏宜 (タレント 1985年)


森山周一郎 (俳優 1934年)


小山内薫 (劇作家 1881年)


加藤夏希 (女優 1985年)


ロジャー・テイラー (イギリス・ドラマー 1949年)


ユン・ピョウ (香港・俳優 1957年)


ミック・ジャガー (イギリス・歌手 1943年)


スタンリー・キューブリック (アメリカ・映画監督 1928年)


ジョージ・バーナード・ショー (アイルランド・劇作家 1856年)

ケイト・ベッキンセイル (イギリス・女優 1973年)


カール・グスタフ・ユング (スイス・心理学者 1875年)
<今日の雑学>

オリンピックから生まれたバタフライ
クロール、平泳ぎくらいはなんとかなってもバタフライとなると、ちょっとという人も多いはず。この泳法、実は1928年のアムステルダム五輪の平泳ぎ競技から生まれたのだ。手足が左右対称の動きをすればよいという当時の規定範囲の中で、少しでも速くと考えたドイツのラーデマッヒェル選手が始めたもの。バタフライ泳法をまねする選手が多くなって、1956年のメルボルン五輪から新たにバタフライが種目として追加された。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

経営にも素直な心が
成功する経営者と失敗する経営者の間にある大きな違いは、私心にとらわれず、公の心でどの程度ものを見ることができるか、ということにあると思います。私心つまり私的欲望によって経営を行なう経営者は必ず失敗します。私的欲望に打ち勝つ経営者であってこそ、事業に隆隆たる繁栄、発展をもたらすことができると思うのです。私の欲望にとらわれず、公の欲望を優先させるということは、言葉をかえれば、素直な心になるということです。そのように私心にとらわれず、素直な心で物事を見ることができるようにみずからを常に顧み、戒めることが大切だと思います。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

今日も朝から暑げなのー。
蝉も五月蠅いし。
最高気温も35℃やと。
然しまいるのー。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地図ナビソフト総まとめ

ゼンリンの地図ナビアプリでのインプレッションの総まとめをインプレッションしてUPした。
4月14日以来昨日「7月25日まで」の合計36回。
なを新しいのが一番上で古いのは一番下になっとるので下から聞いていただけると分かると思う。

他にもまだインプレッションの予定も在るので良かったらわしのサイト
http://9.pro.tok2.com/~jg5gqs/index.shtml
の中にメールフォームが在るし携帯に直接メールが出来るようにしとるからリクエストしてくれたら在りがたいなー。
と言う事でよろしく。
プレミアムのページは
http://9.pro.tok2.com/~jg5gqs/rakrak/rakrak.htm
になる。
よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

今日は何の日


2008  7/25 (金)仏滅

何もない。何もいらない。何も持ち込まない。残り
少ない地上の楽園バンドス島の浜。
<過去の出来事>


日清戦争はじまる(1894年)


バルセロナ五輪開幕(1922年)


山形県で日本の最高気温40度8分を記録(1933年)


日本住宅公団が発足。「DK(ダイニングキッチン)」の表示が使われるように(1955年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


津坂早紀 (タレント 1980年)


中村紘子 (ピアニスト 1944年)


川野夏美 (歌手 1980年)


小磯良平 (画家 1903年)


高木渉 (声優 1966年)


高島礼子 (女優 1964年)


荻野梓 (タレント 1980年)


トニー・タナカ (美容家 1948年)


たてかべ和也 (声優 1934年)


クレア・デュヴァル (アメリカ・女優 1977年)


KONTA (歌手 1960年)
<今日の雑学>

オリンピックで綱引き?
綱引きといえば運動会にはかかせない種目だが、以前はれっきとしたオリンピックの競技種目だった。1890年の第2回パリ大会から、1920年の第7回アントワープ大会まで、正式種目として採用されていた。ところが、特製のスパイクを履いたりするチームが出てくるなど、ルールの確立が難しく、正式種目からはずされてしまったのだ。日本の各地には、綱引きによって豊作を占うお祭りもある。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

三回ダメを押す
新しい仕事をするときはよほど注意をしなければいけない。その仕事を進めていくとき、上長の人に承諾を得ても、実行するに当たっては、三回ダメを押したい。一度だけ「よろしいか」、「ああよかろう」と承認されても、それで事足れりとしてはいけない。そして後でうまくいかなかったときに、「あのときに上長のあなたが承諾したからやったのだ」というようなことを言うのは、言う方が間違っていると考えるべきだと思う。一度はんを押してもらったからもうそれで事足れりというような考えでは、真に過ちのない、生きた仕事はできるものではないと思うのである。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑かったのー

今日も暑かったのー。
薬がなしんなったけん病院行ってもろてきた。
又2週間分。肝臓の薬とコレステロールを吸収する薬。
ゼチーアやの。
体重は変わらず。
いかんのー。
とにかく食欲在りすぎる位在るけんのー。
今も行きつけのうどん屋で食うたし。
さて帰ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

今日は何の日


2008  7/24 (木)先負

夕餉の仕度ができたとの、母の声など知らんぷり。
日暮れても遊び足りない夏休み。
<過去の出来事>


芥川龍之介、自殺(河童忌)(1927年)


児島明子、日本人初のミス・ユニバースに(1959年)


北の湖、21歳2カ月の最年少横綱に(1974年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


谷崎潤一郎 (作家 1886年)


水川あさみ (女優 1983年)


須藤理彩 (女優 1976年)


植草克秀 (タレント 1966年)


酒井ゆきえ (タレント 1954年)


坂本昌行 (タレント 1971年)


久保田利伸 (歌手 1962年)


吉本ばなな (作家 1964年)


河合奈保子 (歌手 1963年)


ジェニファー・ロペス (アメリカ・女優・歌手 1970年)


ガス・ヴァン・サント (アメリカ・映画監督 1952年)


アルフォンス・ミュシャ (オーストリア・グラフィックデザイナー 1860年)


MAIKO (歌手 1986年)
<今日の雑学>

アンカーという名の由来
水泳や陸上競技のリレーで、一番最後に出る人をアンカーという。アンカーとは船の錨(いかり)のこと。リレーとは何の関係もない言葉なのだが、これはもともと綱引き競技で使われていた言葉なのだ。綱の最後尾に一番体の重い人を配して、錨のように綱をしっかりとつなぎ止めるという意味で、アンカーという呼び名が使われていた。これが転じてリレーなどで一番最後に泳いだり、走ったりする人のことをアンカーと呼ぶようになったのだ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

利害を超える
ある日、私のところに「自分の会社で造る製品の販売を引き受けてもらえないか」という話を持ってこられた人がいた。私はいろいろとその人の話を聞いてみて、この人はえらい人だなと思った。普通であれば、自分にできるだけ有利になるよう交渉する。それがいわば当たり前である。ところが、その人は「すべてをまかせる」という、自分の利害を超越した態度をとられた。私はその態度に感激し心を打たれた。われわれはともすれば自分の利害を中心に物を考える。これは当然の姿かもしれない。しかし、それだけにそれを超越したような姿に対しては、心を動かされる。これもまた人間としての一つの姿ではないか。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑かった

今日も暑かったの。
最高気温は34℃ちょっとやったけど3時過ぎに真っ黒になったけど雨降らんと済んだ。
明日も又暑い。
それはえーけどあほげな事件多いの。
仕事の相談親にしたらのってくれんかったけん言いてむしゃくしゃして刺し殺しとるの。京王八王子の駅ビルの中の店で。
33にもなるおっさんが親に普通仕事の事親に相談するか?
わしは信じれん。そんなんした事亡いし。
仕事の事は家に持って帰ってくるもんではないけんのー。
悩みが在ったとしても。
一緒に仕事しよる連れとか同僚に相談と言うんなら分かるけどの。
なんかおかしいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  7/23 (水)友引

海人(うみんちゅ)の行水は珊瑚礁。潮焼けした母
の顔に、満ち足りた日々の豊かさがひかります。
<過去の出来事>


潜水艦「なだしお」が釣船と衝突(1988年)
<記念日>


●文月・ふみの日
7月は文月(ふみつき)、23日は「ふみ」と読むことから、手紙文化の振興を図るために1979年に郵政省が制定。キャンペーン切手を発売したり、全国で手紙・はがきに関する様々な行事が行われる。毎月23日も「ふみの日」と定められている。
<今日生まれの著名人>


和希沙也 (タレント 1983年)


朝丘雪路 (女優 1935年)


倉田真由美 (漫画家 1971年)


松方弘樹 (俳優 1942年)


小松彩夏 (女優 1986年)


山本貴司 (水泳選手 1978年)


山岡鉄舟 (政治家 1836年)


三上博史 (俳優 1962年)


久米大作 (ミュージシャン 1957年)


レイモンド・チャンドラー (アメリカ・作家 1888年)


ミッキー・カーチス (歌手・俳優 1938年)


ダニエル・ラドクリフ (イギリス・俳優 1989年)


スラッシュ (アメリカ・ミュージシャン 1965年)
<今日の雑学>

手紙の語源
「手紙」という言葉の語源は、飛鳥時代のころに、書くことや筆跡を「テ」といったことと、書かれるものである紙(かみ)が一緒となり、いつとはなく「てがみ」といい始めたのではないかといわれている。切手の制度が始まったのは19世紀ころのイギリス。郵便料金が受取人払いだったために、封筒の表に暗号で用件を書いてやり取りし、料金を払わずに郵便人に返すことが頻発した。これを防ぐために郵便料金先払いの切手制度が工夫されたのだ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

末座の人の声を聞く
みなさんが長という立場に立って会議をする場合、一番若輩と言われるような人からも意見が出るということが非常に大切だと思います。そしてそのためには意見が出るような空気というか雰囲気をつくっているかどうかがまず問題になります。だから末座に坐っている人でも、遠慮なく発言できるような空気をつくることが、長たるものの心得だと思うのです。そして、末座に坐っている人から意見が出たなら、葬ってしまうようなことをせず、喜んでそれを聞く謙虚さ、雅量というものを持つことが非常に大事だと思います。それを持っていないと、そのグループなり会社はうまくいかなくなってしまうでしょう。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 魚座 まじめな友愛は順調に育ちます ◎ ◎ ○
2 牡牛座 今日は新しい発想が湧いてきそう ○ ◎ ◎
3 牡羊座 そろそろ機は熟してきました ○ ◎ ◎
4 射手座 ラッキーナンバーは2と5 ○ ○ ◎
5 山羊座 感謝の気持ちは言葉に出して ○ ◎ ○
6 双子座 言外のメッセージを心で読みとってください ○ ○ ○
7 蟹座 待ち合わせに遅れないようにしましょう △ ◎ ○
8 獅子座 ピュアな気持ちを大事にしてください ◎ △ △
9 蠍座 健康は足元から。靴を見直してみましょう ○ △ △
10 水瓶座 怒りは顔に出さないように △ ○ △
11 乙女座 日常業務に手を抜くと、大変なことになります △ ◎

12 天秤座 知ったかぶりは状況をますます悪くします △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

今日は何の日


2008  7/22 (火)先勝

モンゴル系の在来馬、与那国島に約200頭生息
し日本競馬協会によって保護されている。
<過去の出来事>


文部省が初の肥満児調査を発表(1969年)
<記念日>


●下駄の日
下駄の寸法には「7寸7分」など「7」の数字がよく使われ、下駄の跡は「二」の字。そこで全国木製はきもの業組合連合会が、下駄の良さを再認識してもらおうと設けた日。
<今日生まれの著名人>


薬師寺保栄 (ボクサー 1968年)


浜口庫之助 (音楽家 1917年)


内村光良 (タレント 1964年)


藤井恒久 (アナウンサー 1969年)


渡辺典子 (タレント 1965年)


長谷川京子 (女優 1978年)


中原ひとみ (女優 1936年)


浅井忠 (画家 1856年)


森公美子 (タレント 1959年)


原辰徳 (野球選手 1958年)


家田荘子 (作家 1958年)


岡林信康 (歌手 1946年)


ドン・ヘンリー (アメリカ・ドラマー 1947年)


グレゴール・ヨハン・メンデル (オーストリア・植物学者 1822年)

KOKIA (歌手 1976年)
<今日の雑学>

下駄の始めは一本歯
「二の字、二の字の下駄の跡」と川柳にも詠まれたとおり、下駄の歯は二本というのが常識。しかしその昔、歯は一本しかなかった。下駄は平安時代、山で修行する僧侶や修験者たちが履いたのが始まりだという。山道を登り降りするには一本歯の方が滑りにくいのだ。京の五条の橋の欄干をひらりひらりと飛び回った牛若丸の高下駄も一本歯だったはず。後に庶民がはくようになって、平地を歩くために二本歯に改良され、江戸時代には下駄が全盛となった。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

フグの毒でも
今日のわが国では、せっかくいいものが発明されても、それに万に一つでも欠陥があれば、もうそれでそのものはすべてだめ、としてしまうような傾向が強いように思われます。それは言ってみれば、フグの毒を発見してフグを食べるのを一切やめてしまうようなものだと思います。科学技術が非常に進歩した今日に生きる私たちは、フグの安全な調理に成功した昔の人に笑われないよう、物事を前向きに考え、せっかくの科学技術の成果を十分に活用できるだけの知恵を、さらに養い高めていくことが必要ではないかと思います。そこに人間としての一つの大きな使命があるのではないかと思うのです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い

然し暑いのー。昨日と一緒。困ったもんや。
今日もよろしく。天気は晴れ。気温33℃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は

昨日も教会行った。携帯で地図ナビソフトでのナビの実験をしながら。
けど無茶苦茶暑かったのー。
35℃越えとったの。
土曜日と殆ど変わらへん。
昼飯はカレーうどん。
二杯食うた。
これはまいどの事やけどの。
それでも3時間ほどしたら腹が減る。
なんぼ食うても一緒やが。
持たんのやけん。
土曜日もや。
その時は教会では食うてないけど高松駅の中にうどん屋が在るけんそこで食うたんやけどの。
因みに今も腹空いとる。
なんか食うてやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

今日は何の日


2008  7/21 (月)赤口

守護神シーサーは、各戸の屋根や門の上にかざられ
空に向かって吠え続けている。
<過去の出来事>


初代駐日総領事ハリス来る(1856年)


第一回文化功労者選定(1951年)


千代の富士、第58代横綱に昇進(1981年)


若花田大関に。史上初の兄弟同時大関(1993年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


池田聡 (歌手 1963年)


船越英一郎 (俳優 1960年)


川谷拓三 (俳優 1942年)


杉本哲太 (俳優 1965年)


小林麻央 (タレント 1982年)


勝村政信 (俳優 1963年)


初世野村萬斎 (狂言役者 1862年)


山田かまち (アーティスト 1960年)


黒田福美 (女優 1956年)


岩崎恭子 (水泳選手 1978年)


羽賀研二 (タレント 1962年)


ロビン・ウィリアムス (アメリカ・俳優・コメディアン 1952年)

ポール・ジュリアス・ロイター (ドイツ・通信社ロイター創成者 1816年)


アーネスト・ヘミングウェー (アメリカ・作家 1899年)
<今日の雑学>

蚊に刺されるとかゆくなるわけは?
蚊の羽音が聞こえると、暑い夜がもっと寝苦しくなってしまうが、人間の血を吸うのはメスの蚊だけ。オスは植物の汁しか吸わないのだそう。蚊はフンといってストローのようなものを人間の皮膚に差し込んで血を吸うのだが、刺されるとかゆくなるのは蚊の唾液のせい。血には凝固作用があるので、そのままではゆっくり吸うこともできないし、フンが抜けなくなったら一大事。そこで凝固作用を妨げる物質を含んだ唾液を流し込みながら血を吸うのだ。この唾液が人間にかゆさを感じさせるというわけ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

世間は神のごときもの
事業が大きくなってくると、仕事もだんだんと複雑になって、そこにいろいろな問題が起こってくる。私は、この問題をどう考え、どう解決すべきかと日々の必要に迫られて、その解決策の根本を求めていくうちに、“世間は神のごときもの、自分のしたことが当を得ていると、世間は必ずこれを受け入れてくれるにちがいない”という考えに行きついた。正しい仕事をしていれば悩みは起こらない。悩みがあれば自分のやり方を変えればよい。世間の見方は正しい、だからこの正しい世間とともに、懸命に仕事をしていこう……こう考えているのである。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半自動

おはよ。今日は朝から30℃越えとる。8時現在で。
それはえーとしてJR四国関内の普通電車や列車は今日から8月31日までの間車内の冷房をきかせるために半自動扱いになった。
乗降の時に開閉のボタンをさんかったらドアが開かん。車内保温保持の為。
いつもの年より遅いような気がするんやけどのー。
今朝それを知らん人が居った。
電車が到着した時にぼーっとしとる人が居った。わしは知っとるけんボタン押して乗り込む。
ほんだらそのおばはん「あー」言いながら乗ってきた。
あんがいその辺意識してない人が多い。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

今日は何の日


2008  7/20 (日)大安

海の日を決めた人間は愚かで傲慢。海が人間の日を
決めて、さあ今日は人間を大切にしましょう!
<過去の出来事>


「国民の祝日に関する法律」制定(1948年)


アポロ11号、月面に軟着陸(1969年)


銀座三越内に日本マクドナルド第一号店開業(1971年)
<記念日>


●海の日
1876年7月20日、明治天皇は、軍艦ではなく、商船「明治丸」をご利用になり、東北巡幸から無事帰還された。これを記念して1941年から、海への関心を深めるために制定された記念日だったが、祝日法の改正(ハッピーマンデー制度)により2003年から7月第3月曜日となった。


●勤労青少年の日(労働省)
7月の第3土曜日。働く青少年の成長を願い、「勤労青少年福祉法」によって制定された日。
<今日生まれの著名人>


魏涼子 (女優 1972年)


鈴木聖美 (歌手 1952年)


野口清香 (女優 1990年)


穂積隆信 (俳優 1931年)


八波一起 (タレント 1955年)


赤坂芳恵 (タレント 1966年)


石橋凌 (俳優・歌手 1956年)


上原歩 (タレント 1982年)


松坂慶子 (女優 1952年)


小川範子 (タレント 1973年)


緒形拳 (俳優 1937年)


佐野泰臣 (俳優 1984年)


間寛平 (タレント 1949年)


はなわ (芸人 1976年)


ナタリー・ウッド (アメリカ・女優 1938年)


カルロス・サンタナ (メキシコ・ギタリスト 1947年)
<今日の雑学>

カーネル人形はなぜ白スーツ?
マクドナルドの登場で、日本にもファーストフード時代が訪れた。その一つ、ケンタッキー・フライドチキンの店先には、創業者カーネル・サンダースをモデルにした等身大人形が置かれている。あの人形の白スーツ姿には、こんなわけがあった。ある冬の日、急にテレビ出演を頼まれたカーネルおじさんが着ていく服を探したら、冬物はみんなシワシワ。そこで夏の白スーツを着て出演したところ、これが大うけ。以来白スーツが彼のトレードマークになったそうだ。ちなみに人形の眼鏡は本物の老眼鏡とか。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

“仕事の上手”に
日本古来の武道の一つに“弓道”があるが、この道の達人の域に達すると、たとえ眼かくしをして矢を放っても、ピシャリと的を射るという。しかし、こういった名人の域に達するには一朝一夕ではとても覚つかない。一矢射るたびに必ず検討を加え、工夫を重ねていって、一歩一歩、上達していくのである。私は“仕事”にしても、これと同じことが言えると思う。日々、みずからの仕事の成果を検討することに努めれば、必ずや“仕事の名人”とまではいかなくとも“仕事の上手”にはなれると思う。100本の矢を射れば、少なくとも80本は的に当たるという“上手”の域にまで、おのおのの仕事を高めたい。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイト更新完了

サイト更新完了。
地図ナビアプリのインプレッションを2つアップ。
http://9.pro.tok2.com/~jg5gqs/rakrak/rakrak.htm
になる。
これで一応地図ナビアプリの主立ったインプレッションは収束「今は」にしようかな。
またこんなんしてくれーみたいなんが在ったらよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて

さてとりあえず寝るかー。
明日は明後日礼拝があるけどそのときに歌う賛美歌の演奏は毎回しよるけど明日もその練習で教会行く。
昼からやの。
暑いけど頭もすかっとしとるけん今までよりはましやろう思う。
練習は1時間程度で終わり。
それから戻るけんかえってきよったら夕方になりそうなのー。
間違いないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

今日は何の日


2008  7/19 (土)仏滅

きれいな海は、貧しい。貧しいから戦う、生き残り
のためのタクティクスはカタチを創造する。
<過去の出来事>


ヘルシンキの第15回オリンピックに日本は戦後初の参加(1952年)


中山マサが日本初の女性大臣(厚相)に(1960年)


沖縄国際海洋博覧会開幕(1975年)


モスクワ五輪開催。日・米・中国などボイコット(1980年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


藤木直人 (俳優 1972年)


杉本彩 (歌手 1968年)


水野忠邦 (幕府老中首座 1794年)


水野晴郎 (映画評論家 1931年)


小嶺麗奈 (女優 1980年)


三波春夫 (歌手 1923年)


近藤真彦 (歌手 1964年)


宮藤官九郎 (脚本家・俳優 1970年)


菊池麻衣子 (女優 1974年)


家城啓之 (芸人 1976年)


安岡力也 (俳優 1947年)


レイチェル・マイナー (アメリカ・女優 1980年)


ブライアン・メイ (イギリス・ギタリスト 1947年)


エドガー・ドガ (フランス・画家 1834年)
<今日の雑学>

聖火が途中で消えたらどうする?
1996年のこの日アトランタオリンピックが開幕。開会式のハイライトである聖火は、リレーによって運ばれるが、一人の聖火ランナーが走る時間は約10分。もし途中で転んだりして聖火の火が消えたらどうなるのだろうか。聖火の火をランプに保管して伴走する人がいるので、万が一消えた場合でも大丈夫。開催国では、オリンピック終了までランプに厳重に保管しているというから、聖火は安全に開催地まで運ばれ、会期中も選手の活躍を見守ることができるというわけ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

会社の病気の早期発見
癌は早期発見すれば治すことができるということですが、見てもらったときには手遅れであるという場合も少なくないようです。そういうことは、会社の経営においても言えるように思います。“会社の状態がちょっといかんなあ”と気がついたときには、もう末期の状態で手のつけようがないということが往々にしてあるわけです。ですから、どんなに順調に発展している会社、商店であっても、経営には常に自己診断をすることを怠ってはならないと思います。そして“この点に欠陥があるな”ということを早く知ることができれば、大きな問題にはならず、手当ても可能だと思うのです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散髪

散髪
いやー散髪したぞ。
今日は思い切って丸坊主にした。
これ写っとるかのー。
久しぶりに丸坊主にしたら気持ちえーが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

いやー今日も朝から暑い。気温は27℃くらいやけど湿度が高い。暑い。
最高気温33℃くらいまで上がる。今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

今日は何の日


2008  7/18 (金)先負

自分探しの旅に出た。シャワーのようなスコールの
中を抜け、バイクは一時物干しになる。
<過去の出来事>


永平寺建立(1244年)


東条内閣が総辞職(1944年)


山陰・北陸に豪雨。死者・行方不明128人(1964年)


光化学スモッグ第1号発生(1970年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


鈴木麗 (タレント 1988年)


北原ミレイ (歌手 1949年)


浜田麻里 (歌手 1962年)


板尾創路 (芸人 1963年)


中西保志 (歌手 1961年)


大倉孝二 (俳優 1974年)


松原のぶえ (歌手 1961年)


秋篠美帆 (女優 1957年)


佐々木愛 (俳優 1943年)


広末涼子 (女優 1980年)


ネルソン・マンデラ (南アフリカ・政治家 1918年)


ザ・グレート・サスケ (プロレスラー 1969年)
<今日の雑学>

初の光化学スモッグはアメリカで
1970年の今日、東京都杉並区のグラウンドで高校生が次々と倒れ、東京都公害研究所は全国で初めての光化学スモッグ公害と推定した。光化学スモッグ(PhotochemicalSmog)は、1940年代初期に、米国ロサンゼルスにおいて最初に認められたもので、自動車や工場から出される窒素酸化物や炭化水素成分などが、大気中で光化学反応を起こし、オキシダントなどを生成して大気を汚染するもの。オキシダントは目やのどを刺激し、ときにはしびれや呼吸困難などの重症被害を引起すこともある。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

公事のために人を使う
たくさんの人が働いている企業の中には、いろいろさまざまな職種がある。けれどもそのどれをとっても、一つとして私の仕事はない。みな、その企業が事業を通じて社会に貢献していくために必要なものである。その必要な仕事をやってもらうために人を雇い、人を使っているわけである。形の上では使う立場、使われる立場はあるけれども、あくまで私のためではなく、公のために人を使うのである。だから、単に私的な感情や利害で人を使ったり、処遇することは許されない。常に社会の公器としての企業の使命というものに照らして、何が正しいかを考えつつ、人を使うように心がけなくてはならない。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らくらくホンV


この機種はF883IESの多分後継機種やろなー。
プレミアムわし使いよるけど機能的にはやっぱり劣る。
多分今年中にはもう1機種位出る思うたら案の定やったの。
良樹。。
ラクラクホンVが発表された。
http://i.nttdocomo.co.jp/f/product/easy_phone/foma_rakuraku5/index.html
カメラは外側カメラが200万画素。
内側カメラは32万画素。
今までの歩数計に加えて血圧計とか体脂肪が測定出来る機能が追加された。
詳しくは上記のurlにアクセスしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

今日は何の日


2008  7/17 (木)友引

漁夫は水平線の彼方にあすを信じ、未来に生きる。
農夫は先祖伝来の土地と過去に生きる。
<過去の出来事>


「江戸ヲ称シテ東京(とうけい)トナスノ詔書」が出され、江戸が東京になる(1868年)


ポツダム会談開催(1945年)


経済白書で「もはや戦後ではない」と発表。流行語になる。(1956年)


石原裕次郎没(1987年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


木村麻美 (タレント 1984年)


木原実 (気象予報士 1960年)


北村一輝 (俳優 1969年)


峰岸徹 (俳優 1943年)


徳川家茂 (江戸幕府第14代征夷大将軍 1846年)


田中律子 (女優 1971年)


丹波哲郎 (俳優 1922年)


大竹しのぶ (女優 1957年)


青島幸男 (東京都知事 1932年)


杉山清貴 (歌手 1959年)


神坂一 (小説家 1964年)


三林京子 (女優 1951年)


吉村涼 (女優 1978年)


伊達建士 (俳優 1977年)


ウォン・カーウァイ (香港・映画監督 1958年)


C・W・ニコル (作家 1940年)
<今日の雑学>

へちまの名の由来
自然志向で、へちま化粧水や体を洗うへちまたわしが見直されている。へちまは漢字で書くと糸瓜。江戸時代初期に中国から渡ってきたものだが、当初は字の通りに「いとうり」と呼んでいた。それがへちまになったのは、「いとうり」がつまって発音されて「とうり」になり、やがて「と」が、いろはにほへとで「へ」と「ち」の間にあることから、「へちま」となったもの。江戸庶民は、なかなかのユーモアセンスをもっていたようだ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

自他相愛の精神
個人と個人との争い、国と国との争いは、相手を傷つけ、さらには社会全体、世界全体を混乱させる。そういう争いの大きな原因は、自他相愛の精神というか、自分を愛するように他人を愛し、自国を愛するように他国を愛する精神の欠如によるものであろう。そういう精神の大切さは昔からいろいろな教えによって説かれていながら、いまだに争い事が絶えないのは、人びとが、このことの大切さを真に悟っておらず、その精神に徹していないからだと思う。争いはみずからをも傷つけるということを身をもって知り、人類に平和をもたらすために力を合わせていくことが肝要である。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去年の今日は

今日は7月16日。
さて去年の今日は月曜日。
新潟県の中越沖地震が起きた日。
午前10時13分発生。
その時わしは無腺で連れと話をしよった。
ほんだら突然地震速報が出てどこで地震が在ったんやろかと思いながら調べたら新潟県。
平成16年の10月23日にも在った。
去年の今日も在ったけどその時の夕方から2.3時間ほど香川県は激しい雷雨に見舞われた。
けど早いのー。
あれからはや1年になるんかー。
去年の今日はまだ梅雨明けしてなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早明浦ダム貯水率

ここんとこずっと雨が少ない。
早明浦ダムの貯水率が78%に減少した。
この前は98%やったんやけどのー。
先週の金曜日の地天では。
来週には第1時取水制限に入る可能性が高い。
けど台風7号が在るけどこの台風がどうなるかなー。
明日は昼から天気が崩れて雨になると言う予報が出とるけど。
それにちなんでやけど香川県の西のほうに三豊市があるけどここに調整地が出来た。
これは香川県は平成6年に大渇水が在った時に断水をしたけどそれを教訓にして作られた池。
満濃池の5分の1くらいの大きさ。
深さは17メートル。
面積はどれくらいやったか忘れたけどここに水を貯めた場合香川県での断水は避けられる。
2週間分はこれで凌げるらしい。
来月の5日から試験淡水をしてこの調整地の強度とかいろいろ調べて来年4月からは本格的に運用を始めるらしい。
さてこれから先どうなるかのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い

今日も暑いのー。今日は最高気温35℃や言いよるし。
ぎらぎらしよるし。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直ったのー

昨日の夕方5時ごろに虫に指されたけど直ったのー。
潰すときに指されたみたいなけどのー。
潰した後でちょっとだけやけど痛みが在ったのー。
ほんで後から見たら若干やけど腫れたけどそれもどうやら直ったみたいな。
潰す時に気持ち良かったのー。
ぱっちーん言うて潰れたし。
この間連れでは蜂に指された言う奴が居ってのー。
どうやら集団でやられたみたいなけど一週間ほど腫れがひかんかったげな。
右手から始まって胸や腹を指されたりしたげなけどのー。
困ったもんじゃ。
蜂には指された事はわしはないのー多分。
その連れは歩きよってやられたげな。
田んぼのあぜ道での。
蜂の巣が在ったんやろうと思うけど。
ほんで黒い服を着とったらくると言う話を聞いた事が在るけどあれほんまなんやろかのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  7/16 (水)先勝

珊瑚礁の砂は、珊瑚や貝のカケラでできていて星砂
だけの浜はキュキュと音がする。Ilovenature!
<過去の出来事>


第一回模型飛行機大会開催(1911年)


アメリカで世界初の核実験(1945年)


伊東絹子がミス・ユニバース大会で3位に(1953年)


高見山が外人力士としてはじめて大相撲で優勝(1972年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


松本隆 (作詞家 1949年)


児嶋一哉 (タレント 1972年)


佐久間信子 (タレント 1988年)


黒沢ひろ (タレント 1982年)


袴田吉彦 (俳優 1973年)


古川登志夫 (声優 1946年)


古手川祐子 (女優 1959年)


桂三枝 (落語家 1943年)


加茂さくら (女優 1937年)


ロアルド・アムンゼン (ノルウェー・探検家 1872年)


フィービー・ケイツ (アメリカ・女優 1963年)


バーバラ・スタンウィック (アメリカ・女優 1907年)


ジャン=バティスト・カミーユ・コロー (フランス・画家 1796年)

コタニキンヤ (歌手 1979年)
<今日の雑学>

梅干しの効用
健康のためには、体を弱アルカリ性に保つことが大切。ところが、日本人の主食であるご飯は、体内で酸性に変わってしまう食品なのだ。これを中和してくれるのが梅干し。梅干し1個には、茶碗2杯分のご飯を中和してくれる働きがある。梅干しと一緒に漬けられる赤じそには、解毒作用もある。科学知識のない時代に、体によくて、しかも保存性の高い梅干しを考え出した昔の人の智恵には、あらためて驚かされる。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

仕事は無限にある
この頃は不景気で仕事がないと言うけれども、今後百年の日本というものを考えてみると、その間に日本の建物という建物はほとんどつくり変えなければならなくなるだろう。橋や道路も同じである。そういうことを考えてみただけでも、仕事はいわば無限、困るほどにあるのである。ところがそういう見方をせずに、みずから仕事がないようにし、不景気にしているのが、いまの日本の実情ではないだろうか。これはものの見方を変えないといけない、発想の転換をしなければならない、ということである。そうしてこそはじめて、わが国に無限の仕事があることがわかるのである。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 牡羊座 やりたいことが、思い通りにできる時期です ◎ ◎ ◎
2 山羊座 二番手でも福は回ってきます ◎ ○ ◎
3 蠍座 自然体のままで十分です ○ ○ ◎
4 牡牛座 あなた次第で何事も良くも悪くもなります ○ ◎ ○
5 射手座 生活にリズムを取り戻してください ○ △ ◎
6 双子座 おだてにのると損な役が回ってきます ○ ◎ ○
7 天秤座 利益よりも楽しむことを第一に行動してください ○ △

8 水瓶座 夢の実現を、もう少し待ちましょう ○ ○ ○
9 乙女座 物ごとがうまくゆかず、カッとならないように △ ○ △
10 魚座 出る話は急なのに、入るあては当分先のこと ○ △ △
11 蟹座 健康に注意。胃の調子を整えましょう △ △ ○
12 獅子座 急がば回れです △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

虫に刺された

首の側警部に虫が止まったけん払いのけようとしてぱんとやった瞬間刺された。
ちょっと痛いけど指した虫を捕まえて握りつぶしてやった。
取りあえずなんか付けねいかんのー。小さい虫やったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  7/15 (火)赤口

もうすぐビーチパラソルの花が咲く、カラフルな水
着の熱帯魚達が太陽をいっぱい浴びに来る。
<過去の出来事>


磐梯山爆発(1888年)


宝塚唱歌隊が設立(1913年)
宝塚唱歌隊は、現・阪急電鉄が乗客を集めるために小林一三によって始められたもの。1919年には宝塚音楽歌劇学校となり、多くのスターを生み出している。


三鷹事件(1949年)


岸内閣総辞職(1960年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


北原雅樹 (タレント 1976年)


長谷川哲夫 (俳優 1938年)


長沢久美子 (歌手 1960年)


柱谷哲二 (サッカー選手 1964年)


星野奈津子 (女優 1987年)


瀬古利彦 (マラソン選手 1956年)


上橋菜穂子 (児童文学作家 1962年)


小池百合子 (政治家 1952年)


国木田独歩 (作家 1871年)


久住小春 (タレント 1992年)


笠松美樹 (歌手 1960年)


永瀬正敏 (俳優 1966年)


レンブラント (オランダ・画家 1606年)
<今日の雑学>

お中元の由来
お中元は、もともと中国の星祭りの一つで、1月15日が上元、7月15日を中元、10月15日を下元といい、これら三元の日には、庭で火を焚く行事などが行われていた。それが日本に伝わって、お盆の風習と結びつき、先祖の霊に供えると同時に、親戚などに食べ物を贈るのが習わしとなっていったもの。今でも、お中元は7月15日までに贈るものとされるのは、この由来からきている。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

ありがたいお得意さん
お得意さんの中には、つくったものを持っていくと「これはなかなか苦心してつくってある。よくできている」とこちらが嬉しくなるようなことを言って買ってくださる非常にいいお得意さんもあれば、逆に「こんなものはダメだ。値も高いし、できもよくない。よそのはもっといい」と持って帰れと言わんばかりのお得意さんもあります。そのときにどちらがありがたいかということです。ほめて買ってくだされば、それが一番いいけれど、そんないいお得意さんばかりでもかえって具合が悪い。世の中を甘く見、勉強しないようになるからです。厳しいお得意さんも、またありがたいお得意さんと言えるでしょう。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 獅子座 頼まれたことを何でも喜んでやりましょう ◎ ◎ ◎
2 射手座 良い知らせが届きます ◎ ◎ ○
3 山羊座 好きな音楽や趣味を通じて幸運が訪れそう ◎ ◎ △
4 双子座 献身的な奉仕が、自分のためになります ◎ ○ ○
5 牡牛座 肯定することで不運を回避できます ◎ ○ ○
6 蠍座 ゆっくり入浴でもして、体をほぐしてください ◎ △ ○
7 水瓶座 短所もあなたの一部だと割り切って ○ ○ △
8 乙女座 屋外での行動がいい日です △ ◎ △
9 魚座 ささいなことで喧嘩になってしまうかも △ △ ◎
10 牡羊座 何かに衝突するかも △ △ ○
11 天秤座 浪費癖には、くれぐれも注意を △ △ △
12 蟹座 金運大乱調。出費に注意 △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AVG

ウイルス駆除ソフトやけどわしはAVGの最新バージョン8を使いよる。
なんか調子が悪かった。
メールを送った後にウイルスはありませんでしたよーみたいなメールが文面の下側に書いとるけどそれがおかしい。
「内部ウイルスデータは最新のものではありません」と出るけんアップデートしたけどあんまりぱっとせん。
無料バージョンの奴やけどAVGのサイト繋いで調べたらこの4にちに又新しいのが出とった。
ほんでバージョンアップしたら直った。やれやれ。
もうちょっと寝る。お休み。
今日は何の日は朝やの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

猛暑日

今日は猛暑日になったが。
高松の最高気温35℃越えた。
暑かったのー。
天気は終日良かったけど愛媛県や岡山県では雷注意報が出とる。
ラジオには弱いけど空電が入ってきよるけど今は収まった。
明日も覚悟しとかねいかんなー。
今晩も熱帯夜やと。気温下がらんげな。
まーエアコン付けて寝るけん問題ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて

さて取りあえず今から寝るかー。
サイトの更新はしたいけど明日にする予定。
ワーシップソングとそれから気動車「1000系」の走行音の収録もしてきたしそれから又例のごとく地図ナビソフトの実験もしてきたし。
それらもサイトに掲載する予定。
地図ナビの実験はメニュー62でアプリ立ち上げてそれから4を押して1が出発地と目的地を指定してナビをするという奴でじっけん。
出発地も目的地もも両方駅を指定。
それで電車で移動すると言うのが出てきたら通常ナビを動かす操作をしたら質全的に電車のナビに自動的になる。
それで仮に目的地を自宅にしとる場合は最寄り駅を降りたときに徒歩ナビに自動的に変わる。
これは役にたつと思うぜ。
さーほんだら取りあえず寝るかの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/13 歩数

日付:2008/07/13
歩数:15099歩
カロリー:656kcal
累積歩数:803384歩
いきいき歩数:9921歩
いきいき累積歩数:481387歩
脂肪燃焼量:93グラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

今日は何の日


2008  7/14 (月)大安

風に流されるようになんの執着もなく物に応じ、こ
とに従って行動する。修行する僧を雲水という。
<過去の出来事>


廃藩置県実施(1871年)


政府が日本の呼称を「ニッポン」の呼び名に統一(1970年)


ひまわり1号の打ち上げ(1977年)


日本一の70階建て横浜ランドマークタワー完成(1993年)
<記念日>


●検疫記念日(日本検疫衛生協会)
1879年(明治12年)7月14日、海港虎列刺(コレラ)病伝染予防規則が公布され、我が国の検疫制度が発足した。これを記念して1961年に制定された日。


●フランス革命記念日(パリ祭)
1789年のこの日、フランスの王政、貴族政治に反発する民衆によってバスチーユ牢獄が占拠され、フランス革命が始まった。フランスではこの日を、民衆自身の手で自由を闘いとった勝利の日として記念される。
<今日生まれの著名人>


本谷有希子 (女優 1979年)


椎名桔平 (俳優 1964年)


斉藤慶子 (女優 1961年)


水野智則 (俳優 1970年)


水谷豊 (俳優 1952年)


森喜朗 (政治家 1937年)


緒方洪庵 (医者・蘭学者 1810年)


出光 (俳優 1935年)


桜庭和志 (格闘家 1969年)


久米宏 (キャスター 1944年)


安田ユーシ (タレント 1975年)


グスタフ・クリムト (オーストリア・画家 1862年)


イングマール・ベルイマン (スウェーデン・脚本家 1918年)


あいはら友子 (女優 1954年)
<今日の雑学>

日本はいつから日本になったのか
1970年の今日、正式呼称として「ニッポン」が採用されたが、日本という国名が定められたのは大宝律令から。古くは「秋津島(あきつしま)」とか「豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)」「大和(やまと)」などといっていた。大宝律令のころには日本と書いて「やまと」とか「ひのもと」と読まれていたが、奈良時代に漢字の知識が広がって、音読みで「にほむ」と発音するようになり、室町時代に東国の勢力が強まると、東国の発音によってニッポンと読まれるようになった。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

資本の暴力
事業を行なう限り、利潤の確保に努めることは当然である。が、それはあくまで適正な競争によるべきであって、手段を選ばぬ過当競争によるものであってはいけない。ところが現実には、自社製品の市場占有率を高めることのみ考え、損を覚悟で売るという姿が見受けられることがある。これは資本による暴力にほかならないと思う。とくに大企業が、その資本に頼り、暴力的行為に出れば、その業界は大いに混乱する。そしてそればかりか業界の信用をも落とすことになりかねない。今日、いわゆる暴力が禁止されているごとく、資本による横暴も一つの罪悪とみて、厳しく自戒すべきだと思う。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰り

教会終わって今帰り。10:35に着。用事思い出したけん立ち寄りしよったらおそんなってしもた。
昼飯は肉うどんで今日は6月と7月に誕生日の人が居るけん誕生日会やってそれ終わって教会を出た。
13:00。
取りあえず今から帰る。外は相変わらず暑い。朝どよーんとしとった雲もとれてしもたみたいなの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよ。教会に向けて移動中。天気は悪いなー。どよーんとしとる。
湿気も多いし蒸し暑い。
今日は最高気温32℃。
因みに昨日は34.7℃。
今日もよろしく。
金曜日の晩にあんまり寝られてなかったけんよう寝た。
睡眠時間はわしはあんまり長いことないけど。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアルプロデューサーベーシックのその後

あれからいろいろサイト探して検索してみたんやけどぱっとするソフトがなかった。
困ったなー。
今リアルプロデューサーベーシック11を入れとるけどこのプログラムのショートカットがデスクトップに出来とるけどそれをクリックしても動かん。
取りあえずアンインストールしてみて再度入れてみるかなー。
もう2年前になるけどこのソフトつこてRM形式のファイル作ったけどそれからはない。
あんまり今日はおそまでおきとく訳にもいかん。
教会に行くけんそこそこ切り上げて寝ないかんし。
取りあえずデュアルプロデューサーベーシック11をプログラムノ追加と削除でアンインストールしてから再度入れ直しては見たけど状況は全然変わらん。
困ったなー。
なんかほかにリアルメディア形式に変換できるソフトがないかなー。
フリーで在ったらえーけどな。
リアルプロデューサーベーシックのソフトはリアルプレーヤーのページで落とすことが出来る。
それを落として2大のデスクトップマシーンに入れたんやけど両方ともいかなんだ。
これは考えられんけどリアルプレーヤーのサイトに上がっとるプログラム事態が壊れとると言うことはあり得んしなー。
後の形式「例えばWMA形式とかMP3形式とか3GP形式とかは全く問題ないんやけどなー。
まーえーか。今から4時間ほど寝てそれから教会に行く。
今日も賛美歌やワーシップソングの演奏やな。
取りあえずねんねする。
お休み。又明日やの。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

今日は何の日


2008  7/13 (日)仏滅

南国の黄昏時、都会の喧噪を忘れて地酒オリオンビ
ールを飲む。
<過去の出来事>


日本標準時制定(1886年)
1886年(明治19年)7月13日、東経135度を日本の標準時として3年後の1888年1月1日より実施すると公布された。これによって東経135度にある兵庫県明石市の正午が、全国どこでも正午ということになった。日本標準時は、経度0度を基準とする世界標準時より9時間進んでいる。


第1回サッカーワールドカップ(1930年)


優生保護法公布(1948年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


鈴木紗理奈 (タレント 1977年)


北斗晶 (女子プロレスラー 1967年)


道重さゆみ (タレント 1989年)


中森明菜 (歌手 1965年)


青木繁 (画家 1882年)


松本美香 (タレント 1970年)


渋谷飛鳥 (タレント 1988年)


堺屋太一 (作家・経済評論家 1935年)


関口宏 (司会者 1943年)


遠藤章造 (タレント 1971年)


ハリソン・フォード (アメリカ・俳優 1942年)


オットー・ワーグナー (オーストリア・建築家 1841年)
<今日の雑学>

いなびかりと雷鳴
ゴロゴロ、ピカピカという雷の雷鳴といなびかりはどうしておこるのか。もともと電気を通しにくい空気中を、何億ボルトという雷の電気が一気に通るとき、この通り道に何万度という高い熱が発生し、光がでる。これが雷のいなびかりである。またこの熱のために空気が急激に膨張して周りの空気を押し、押された空気が再び押し返してくるので、空気が振動するために大きな音が発生する。これが雷鳴として聞こえるというわけ。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

世論を超える
一般に、指導者というものは世論というか多数の意見を大切にしなくてはいけない。世論に耳を傾けず、自分一個の判断で事を進めていけば、往々にして独断に陥り、過ちを犯すことになってしまう。けれども、それはあくまで平常の場合のことである。非常の場合にはそれだけでは処し切れない面も出てくる。そういう場合には、指導者は世論を超えて、より高い知恵を生み出さなくてはいけない。常は世論を大切にし、世論を尊重しつつも、非常の場合には、あえてそれに反しても、より正しいことを行う。それができない指導者ではいけないと思う。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困ったなー

久しぶりに拡張子がRMのファイルにWAVから変換して作ってやろうと思うてリアルプロデューサー11を起動したらなんか調子悪いし動かんのやけどほかにソフトでRM形式「リアルメデイア形式」に変換出来るようなソフトはないもんやろかなー。
なんか在ったら教えてくれん?
いろいろ検索もしてみたんやけどぱっとするもんないしなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空電

今ラジオ聞いとるけど若干やけど空電が入りだした。
雷雲が居るかな。
外も曇っとるし。
兵庫県には大雨洪水警報が出とるし。
今から2時間ほど前までは晴れてぎらぎらしよったんやけどの。
雷なってくれー。
思いっきり雷の音聞きたいし。
やっぱり夏はこれきかなんだらいかんのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよ。然し朝から暑いのー。07:00現在で27℃越えとる。
今日の最高気温33℃。
日曜日と変わらんが。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

高校野球

今日から高校野球の香川県大会が始まったの。
決勝は順調に行ったら24日が決勝戦。
24日言うたら木曜日やの。
まーどなんなるか。
岡山でも今日から始まった。
ラジオでもベスト8位からはラジオでも中継するやろう。
来月はオリンピックやしの。
然し暑いのー。この時間でもまだ27℃在るし明日も朝は熱帯夜らしい。
さてちょっと早いけど寝るかのー。エアコン付けて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


2008  7/12 (土)先負

水着、サングラス、サンオイル。帰ったら白いシャ
ツを着る。太陽は万人への平等なプレゼント。
<過去の出来事>


源頼朝、征夷大将軍になる(1192年)


北海道南西沖地震発生。奥尻島青苗地区が壊滅的な被害を受ける(1993年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


片平なぎさ (女優 1959年)


梅垣義明 (タレント 1959年)


渡辺美里 (歌手 1966年)


中村玉緒 (女優 1939年)


足利義教 (室町幕府6代将軍 1394年)


真弓明信 (プロ野球選手 1953年)


荒俣宏 (小説家 1947年)


京唄子 (女優 1927年)


芥川也寸志 (作曲家・指揮者 1925年)


安部聡子 (女優 1965年)


ユリウス・カエサル (イタリア・政治家 紀前100年)


ジョサイア・ウェッジウッド (イギリス・陶芸家 1730年)


イ・ビョンホン (韓国・俳優 1970年)


アメデオ・モディリアーニ (イタリア・画家・彫刻家 1884年)
<今日の雑学>

雷が鳴ると梅雨が明ける?
昔から、雷が鳴ると梅雨が明けるといわれている。強くなってきた太平洋高気圧に押し上げられた梅雨前線が日本を北上するころに、前線の近くに部分的に強い上昇気流がおこって、雷が発生する。雷は、暑い太平洋高気圧が張り出して、夏が近づいた証でもあるのだが、梅雨前線は梅雨の終わりころ、かえって活発になり、北上したり戻ったりするので、雷が鳴ったからといって、必ずしも梅雨が明けるとは限らない。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

みずからをつかむ
人それぞれに顔、かたちが違うように、人間は誰しも、一人ひとり違った素質、才能を持っている。ただそれらは、顔を鏡にうつすごとくには表面に出にくい。しかし、そういう自分の素質とか才能というものを自分でハッキリとつかみ、そしてそれを日々の活動に、ひいては人生に生かすことができたら、どれだけ人間としての喜びに満ちた生活が営まれ、人生の妙味というものを味わうことができるだろうか。一人ひとりが他と違ったものを持ち、そして日々新たに発展していく。そこには苦しみもあろうが、何物にもかえがたい喜びもあるはずである。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよ。今日は朝から曇り。湿度も高いし蒸し暑い。
最高気温32℃。今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

今日は何の日


2008  7/11 (金)友引

熱・亜熱帯に自生するイチジクの仲間。大きいもの
で20メートルにもなり木陰を提供してくれる。
<過去の出来事>


総評(日本労働組合総評議会)結成される(1950年)


第1回全日本サーフィン大会が千葉県鴨川海岸で開催(1966年)

東名日本坂トンネル事故(1979年)
<記念日>


●世界人口の日(国連人口基金)
1987年7月11日、世界人口が50億人に到達。この日を記念して世界人口問題に関心を深めてもらおうと制定された。国連の人口予測によると、20世紀末の世界人口は62億人で、2025年には85億人になるとされている。
<今日生まれの著名人>


鈴江奈々 (アナウンサー 1980年)


葉月里緒奈 (女優 1975年)


木の実ナナ (女優 1946年)


徳川光圀 (常陸国水戸藩2代目藩主 1628年)


藤井フミヤ (歌手 1962年)


沢田雅美 (女優 1949年)


前田亜季 (女優 1985年)


森本亮治 (俳優 1982年)


小牧ユカ (DJ・タレント 1965年)


山本正之 (歌手 1951年)


近藤サト (アナウンサー 1968年)


ロバート1世 (スコットランド王 1274年)


アーネスト・ホースト (オランダ・キックボクサー 1965年)
<今日の雑学>

サーフィンの始まり
1966年のこの日、100人あまりが参加して、千葉県鴨川海岸で日本初のサーフィン大会が行われた。サーフィンの発祥地はご存じのようにハワイ諸島。古くからあったスポーツだが、本格的に広まったのは、1920年に、アントワープ五輪100メートル自由形の金メダリスト、カハナモクがワイキキにサーフィンのクラブを作ったことから。日本では1960年ころ、アメリカ人が湘南海岸や外房海岸でサーフィンをするようになってから広まり、1965年には日本サーフィン連盟が発足した。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

礼儀作法は潤滑油
私は礼儀作法というものは、決して堅苦しいものでも、単なる形式でもないと思います。それはいわば、社会生活における“潤滑油”のようなものと言えるのではないでしょうか。職場では、性格や年齢、ものの考え方など、いろいろな面で異なる人びとが相寄って仕事をしています。そのお互いの間をなめらかに動かす役割を果たすのが礼儀作法だと思うのです。ですから、礼儀作法というものは、当然、心のこもったものでなければなりませんが、心に思っているだけでは潤滑油とはなり得ません。やはり形に表わし、相手に伝わりやすくし、心と形の両面があいまった適切な礼儀、作法であってこそ、はじめて生きてくると思うのです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の坂出市の事件その後

今朝坂出市の入り船町で強盗事件が在ったけどあれ狂言やったらしい。
借金しとってその返済のかねが欲しいけん言うて思いついて狂言したらしい。
あほげなこと考える奴やのー然し。
困った奴や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採血結果

いやー今さっき病院電話して昨日の採血の結果聞いた。
中性脂肪の値が今までで一番高い。
405やと。
びっくりしたが。
コレステロール値が212。
GOTが20でGPTが30。
HDLは41でLDLは90。
一生懸命ウォーキングしよるのに成果が全くなかったということになる。
これは困ったの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い

今日も朝から暑いのー。
今朝早くやけど坂出市で事件があった。
入り船町言うて坂出市の北部になるんやけどそこでの。
運送会社の駐車場で仕事が終わったけん言うて運転手が自分のトラック止めて乗用車に乗り換えようとしたときに二人の男に殴られて倒れとんを見つけたらしいけどその人のけがは軽かったらしいけど乗用車の中の現金が無いんやと。
4.5万円ほどあったらしいけどの。
やられたんやろう。
ろくなやつおらんのー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

今日は何の日


2008  7/10 (木)先勝

ブッダを思い浮かべる人は宗教家。レンコンは食通
モネを思い浮かべた人は夢想家。あなたは?
<過去の出来事>


学位授与式の始め(1879年)


大日本体育協会(現・日本体育協会)創立(1911年)
<記念日>


●納豆の日
7月10日を「ナットウ(納豆)」と読ませる語呂合わせからきた記念日。最初に始めたのは関西納豆工業協同組合で、関西人には嫌われがちな納豆のPRのために1981年に制定。その後、1992年に全国納豆協同組合連合会によって全国版の記念日となった。


●国土建設記念日(建設省)
国土建設の意義や目的などを広く理解してもらおうと設けられた記念日。
<今日生まれの著名人>


米倉斉加年 (俳優 1934年)


布施博 (俳優 1958年)


田中圭 (俳優 1984年)


中村不折 (洋画家 1866年)


沢村一樹 (俳優 1968年)


村山由佳 (小説家 1964年)


松島トモ子 (タレント 1945年)


小泉孝太郎 (俳優 1978年)


佐藤夕美子 (女優 1978年)


高島象山 (易者 1886年)


円谷英二 (映画監督 1901年)


マルセル・プルースト (フランス・作家 1871年)


ジョルジョ・デ・キリコ (イタリア・画家 1888年)
<今日の雑学>

昔の納豆は糸を引かなかった
納豆独特のネバネバは、好き嫌いがはっきり分かれるが、奈良時代に中国から伝わったといわれている当初は糸も引かず、塩辛い乾燥豆だった。中国ではトウチといわれ、納豆という言葉は日本語。寺院の納所(なっしょ)で作られた豆だからという説や、桶に納めて貯蔵した豆だからという説などがあり、語源ははっきりしない。糸引き納豆については、東北地方が起源だとする言い伝えが、東北各地に伝わっている。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

おとなの責任
現代の青年は夢がないとか、生きがいを見失っているとか言うけれども、それは青年自身の問題ばかりでなく、社会の問題、おとなの問題とも言えるのではないだろうか。つまり、おとなというか、その国、その政治が青年たちに生きがいを持たすようにしていない。夢を与えていない。使命観を与えていないのである。たとえ同じ仕事をするにしても、そのことの意義とか価値というものをはっきりと自覚させられ、教えられていないから、迷ったり不平を持って、やがては現代の社会をのろうようにもなるわけであろう。そこに今日の日本の根本の問題があるのではないかと思う。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院

今日は採血せねいかんけん病院行ってきた。
体重は64KG。
ヘモグロビンの値は15.5。
採血して薬薬局でもろて今帰った。
しっかし今日も暑いのー。
中性脂肪とコレステロール値下がってくれとったらえーけどの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小腹がすいた

小腹がすいたのー。
パン食う。
温度も下がらんのー。
12:00現在で25℃。
今晩も熱帯夜かの。
今ラジオ深夜便きいとる。
マシーンも今のところ調子もえーし問題ないけんOK。
今年中にはマシーン買い換えたいのー。
今のマシーンいつまで使えるか分からんしの。
ちょっととりあえずパンでも食うわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

今日は何の日


2008  7/9 (水)赤口

中国から渡来した多年草の水草。和名は蜂巣で、果
実の入った花床がハチの巣に似ていることによる。
<過去の出来事>


上田敏没(1916年)


森鴎外没(1922年)


東京・後楽園遊園地オープン(1955年)
後楽園遊園地が開園で、ジェットコースターが初めて日本に登場した。コースは全長1500メートル、最高時速は55キロで、黒山の見物人が集まったという。
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


南流石 (振付師 1958年)


朝比奈隆 (指揮者 1908年)


草磲剛 (タレント 1974年)


浅野ゆう子 (女優 1960年)


松下由樹 (女優 1968年)


細野晴臣 (音楽家 1947年)


佐久田修 (俳優 1958年)


高見知佳 (タレント 1962年)


久本雅美 (タレント 1960年)


可愛かずみ (タレント 1964年)


稲垣潤一 (歌手 1953年)


トム・ハンクス (アメリカ・俳優 1956年)
<今日の雑学>

絶叫マシンの安全性は?
日本初のジェットコースターが誕生してから40年余り。最近は、絶叫マシンといわれるようにスリリングなものが次々と作られているが、安全性はどうやって決めているのか。ジェットコースターは乗り物ではあっても、全体は建造物の扱いになる。そこで安全性を認可するのは建設省というわけ。年々過激になっていくコースターは、それぞれに特徴があり、安全基準をそのまま当てはめられないことが多いので、建築以外に人間工学や心理学、医学などの専門家が集まって安全性を審査するという。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

自己資金での経営
商店、会社というものは、本当は借金をせずして自己資金の範囲で経営しなければならないと思います。と言っても、そうするにはそれだけのものを儲けなければならないわけですから、なかなか容易なことではありません。ただ高く売るのではお客様は買ってくださらない。原価を引き下げるとか、お客様にキメこまかいサービスをするということに成功するより仕方がありません。それに成功するならばお客様に喜んでいただきつつ、自分も適正に儲け、そして経営の体質も改善されてくるでしょう。自己資金での経営に徹するという決心があれば、それは必ず可能だと思うのです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震

今から10分ほど前に地震が九州地方と沖縄県に掛けて在った。
マグにチュード6.1げなの。
震度5弱が奄美大島とかやの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ雷雨

今から1時間ちょっと前に10分ほどぱらぱらっと雨降って雷が鳴った。
遠雷やったのー。
すさまじい音が聞きたかったのー。
そのときは真っ黒やったんやけどその雨も今は止んで腫れとる。
最高気温32℃位。
明日の朝は22℃やと。
三日続けて熱帯夜やったんやけどの。みんなのとこはどんなんや?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日

2008  7/8 (火)大安

花のある生活。そこに住む人も、旅行者も、花にお
はよう!声をかけると本当に喜ぶのです。
<過去の出来事>


秀吉の刀狩り(1588年)


プロ野球ナイター初の実況中継(1950年)


東京空港に初めてジェット旅客機が着陸。着陸機は英国のコメット号(1952年)


金日成北朝鮮主席死去(1994年)


向井千秋さんの乗るスペースシャトル打ち上げ成功(1994年)
<記念日>


●質屋の日
7月8日を「しちや」と読ませる語呂合わせから、各地の質屋組合が制定した日。
<今日生まれの著名人>


東山魁夷 (日本画家 1908年)


中村有志 (ミュージシャン 1956年)


谷原章介 (俳優 1972年)


三谷幸喜 (脚本家 1961年)


三枝成彰 (作曲家 1942年)


桜沢エリカ (漫画家 1963年)


佐々木信綱 (国文学者 1872年)


久世星佳 (女優 1965年)


沖田総司 (新選組隊士 1842年)


フェルディナンド・フォン・ツェッペリン (ドイツ・軍人・発明家 1838年)


フィリップ・ジョンソン (アメリカ・建築家 1906年)


ジョン・ロックフェラー (アメリカ・実業家 1839年)
<今日の雑学>

質屋の歴史
担保をとってお金を貸す質屋は、古くから世界各地にあった。日本でも奈良や平安時代に土地などの質入れが行われ、大宝律令(701年)には質の最高利息額が定められていた。しかし、この時代に貸し付けを行っていたのは、主に寺院や富豪。現代のように専門的な職業になったのは、鎌倉時代の「土倉(どぞう)」が始まりだったといわれている。質屋の名称が生まれたのは江戸時代。「歩でも何でも向こうへはいると金になる」という洒落から、質屋の看板は、将棋の駒だったとか。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

欠点を知ってもらう
上に立つ人は、自分の欠点をみずから知るとともに、それを部下の人たちに知ってもらい、それをカバーしてもらうようにすることが大事だと思う。部下の人が全知全能でないごとく、上に立つ人とても完全無欠ではない。部下の人よりは欠点は少ないかも知れないが、それでも何らかの欠点を持たないという人はいないだろう。その欠点多き上司が自分の知恵、自分の力だけで仕事をすすめていこうとすれば、これは必ずといっていいほど失敗するだろう。やはり、自分の欠点を部下の人に知ってもらい補ってもらってこそ、はじめて上司としての職責が全うできるのである。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

サイト更新完了

サイトの更新完了。
徒歩と乗り物を併用して目的地まで行くナビ実験をやったインプレッションを公開中。
なをこの実験は予行演習も何もなし。ぶっつけ本番でやった。
家を出るときにやってみたらどうなるかと思うたのでやってみた。
と言うことで良かったら聞いてみてなー。
urlは
http://9.pro.tok2.com/~jg5gqs/rakrak/rakrak.htm
です。
感想など良かったらメールなりわしのblogなり好きなところに書き込んでくれたら嬉しいなー。
実験はえーけど暑かった。
けど去年発売されたらくらくホンF883IESのインプレッションの時よりはましやったけど。
それでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地図ナビソフトの実験

gqs。
今朝出発地と目的地を設定して徒歩と電車を乗り継いでナビをして目的地まで行くと言うのをインプレッションした。それを後ほどmp3にて公開予定。
実験したソフトはゼンリンの地図ナビソフトで実験。
自宅を出るところからナビを開始。駅に到着したら自動的に電車ナビに変わる。それで目的地近くの駅を降りたら又徒歩ナビに自動的に戻った。
電車ナビの時は出発地の駅の次の駅手前1.5kmと目的地の近くの駅手前1.5km付近でポーンとチャイムがなる。
と言うことで後ほど公開する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

今日は何の日

2008  7/7 (月)仏滅

七夕。天の河の両岸にある彦星と織女星が年に一度
逢える夜、織女の髪飾りに一輪手折る。
<過去の出来事>


アーサー・コナン・ドイル没(1930年)


日中戦争の発端となる廬溝橋事件(1937年)
<記念日>


●ゆかたの日(日本ゆかた連合会)
七夕にちなんで1981年に制定。昔、入浴の時に着た「ゆかたびら」が、江戸時代、湯上がりに着て湿気をとるものに変わり、やがて今のようなゆかたとなった。


●竹・たけのこの日(日本竹産業連合会)
「かぐや姫が竹の中から生まれた日は7月7日ではないか」という話題から制定された日。


●乾めんの日(全国乾麺協同組合連合会)
七夕に素麺を食べた風習にちなみ制定された日。


●ギフトの日(全日本ギフト用品協会)

<今日生まれの著名人>


白河天皇 (第72代天皇 1053年)


堤真一 (俳優 1964年)


大川隆法 (宗教家 1956年)


青江三奈 (歌手 1945年)


崇徳天皇 (第75代天皇 1119年)


上田正樹 (歌手 1949年)


黒澤優 (女優 1982年)


研ナオコ (タレント 1951年)


結城美栄子 (女優 1943年)


塩野七生 (小説家 1937年)


ロバート・アンソン・ハインライン (アメリカ・作家 1907年)


リンゴ・スター (イギリス・ミュージシャン 1940年)


マルク・シャガール (ロシア・画家 1887年)


マーラー (オーストリア・作曲家 1860年)


ピエール・カルダン (イタリア・デザイナー 1922年)


ナンシー関 (コラムニスト 1962年)


MISIA (歌手 1978年)
<今日の雑学>

七夕の由来
今日は七夕。この日、年に一度だけ、天の川を渡って織女と牽牛が出会うという織女伝説がもとになって、旧暦の7月7日の夕方である七夕(しちせき)が、布を織る機(はた)の名である「たなばた」と呼ばれるようになった。中国では七夕に、女子は色糸を結び、7本の針とウリを供えて、手芸・裁縫の上達を祈るという。日本では機織りだけでなく、字も上手になるとされ、朝露ですった墨で短冊に詩や歌を書き、笹に吊して、織女星に供えた。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

信ずることと理解すること
繁栄、平和、幸福をより早く、より大きく生むためには、信ずることと理解すること--この二つを全うしてゆかなければなりません。というのは信を誤らないためには、理解を正しく働かさなければなりません。理解を捨てると、迷信に陥りやすく、また理解だけで信ずる心がなければ信念に弱気を生じてしまうからです。では信と解を全うしてゆくにはどうすればよいか。それにはまず素直な心になることです。正しい理解も素直な心から生まれてきますし、信ずることも素直な心から高まってくると思います。心が素直であって、信と解がともに高まれば、あらゆる場合に適切な働きができるようになると思います。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日


今日は7月6日


日めくりカレンダーTop


今日の一言
過去の出来事
記念日
今日生まれの著名人
今日の雑学
松下幸之助一日一話
今日の運勢


誕生石・花
季節の言葉
旬の味
今月の草花
風習・伝承
カレンダー


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<<前月 翌月>>

2008  7/6 (日)先負

<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

『住宅購入や賃貸物件、リフォームから引越しまで』住まいのことならhi-ho不動産
新築マンション・戸建て
ネットなら情報収集・資料請求もカンタン! 賃貸物件検索
ワンルームからファミリー向けまで、こだわりのお部屋探しは最新物件の検索から リフォームの相場・事例
今の相場は和室をフローリングに15万円〜
トータルリフォーム170万円〜

売却支援
住み替えや物件の売却計画を豊富なマーケットデータでサポート
不動産体験談募集
QUOカード500円プレゼント。不動産に関する事なら何でもお寄せ下さい 引越し一括見積もり
一度の入力で最大15社の引越料金を完全比較

ハイホーコンテンツ一覧です。
hi-hoサービス一覧
■入会・コース変更 FTTH入会 | ADSL入会 | フレッツ光 | フレッツADSL | 光ファイバー提供エリア | ADSL提供エリア
■暮らす 不動産・住宅 | 新築マンション| 中古マンション| 新築一戸建て| 中古一戸建て| 賃貸| リフォーム| 住宅ローン| 引越し| 自
動車&バイク| 新車 | 中古車 | 自動車買取・バイク買取 | 自動車保険 | 旅行情報 | 国内旅行 | 海外旅行 | マネー | ネット証券 |
外為FX | ローン | クレジットカード | 保険 | 求人・転職 |
紹介転職 | スカウト | 派遣 | アルバイト | パート | 暮らし生活
| 結婚式場 | 結婚準備 | ダイエット | レシピ| 花粉症| 資格・お稽古
■楽しむ ゲーム | 占い | 芸能ニュース | グラビア |
■調べる 天気予報 | 花粉| 電話帳 | 日めくりカレンダー | サイト検索 | 大学・専門学校進学 | 書籍/雑誌 | ショッピング
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------

hi-ho top 入会案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今帰り

今帰り。
113系の電車の中。昼間やけんがらがらやのー。
けど外は暑い。14:00現在の気温32℃。
多分もうちょっと上がるかも分からんのー。
今日は教会の最寄りの駅までJRで移動。
高松から乗り換えて2駅。
その時は1000系のディーゼル車両。
久しぶりに乗ったの。
後三ヶ月したらJR四国から車両が3つ引退する。
気動車でキハ58と65と28系。
これらの3つは昔は特にキハ65なんかは今はもうないけどキハ181系とおんなじエンジンやった。
又寂しいの。けどこれも時代の流れでいたしかたないやろうの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよ。今日も朝から暑い。
今日はなんの日アップするの忘れたなー。夕方アップする。
今教会に向けて移動中。
朝今日はなんの日あげる予定がばたばたして上げれてない。
夕方あげるけんまっちょってな。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

雷雲

ほかのblogには掲載したけど雷雲が近づいてきているかどうかを調べる方法を書いとく。
今からは雷の時期。
雷から身を守る方法は一般的なやり方はここでは掲載せん。
わしらアマチュア無線家はいろんな方法で雷を知ることができる。
一般的なのは風向きが変わったとか冷たい風が吹き出したとか言うのは在るけどそんな方法ではない。
ヒントはラジオと144mhzの無線機。。
空電ノイズ言うて空中で放電したときに発生するノイズのこと。
AMのラジオでは遠方に雷雲がある時から空電のノイズが入る。
そのときはじゃじゃーっと言うノイズ。
このノイズが断続的に入るようになりだしたら雷が近づいてきていることをさす。
↑その時にはなるべく遠方の放送局を受信するようにすること。
近距離の放送局では雷雲が本当に近づいてこないと↑のようなノイズはまず聞こえてこんので要注意。
次に無線機で雷が近づいてきているかどうかを確かめる方法。
これを調べるのには144mhzの無線機「ハンディーの無線機ではfmやけん分かりにくいと思う」。
ssb「シングルサイドバンド」の無線機が分かりやすい。
このバンドで空電が入るようになってきたら雷が近づいてきているということに鳴る。
なを430mhzとか1200mhzになると空電のノイズは入らん。
これはマイクロ波になるため。
まーわしはこんな感じで雷のチェックをするようにしとるけど大体合うなー。
良かったら参考にしてなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

おはよー。今日は朝4時頃にわしの好きな雷がなったのー。天気は今雨。最高気温31℃みたいやな。
4時頃になった雷は近いところではなかった。
この音がしたら夏到来やのー。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

今日は何の日

2008  7/5 (土)友引

東アジア原産。ハイビスカスも芙蓉属、芙蓉峰は富
士山の異称、美しい顔立ちを「芙蓉の顔」
<過去の出来事>


ミニバイクにヘルメットの着用を義務づけ(1986年)


下山事件(1949年)


沢松和子、日本選手として初めてウインブルドンで優勝(1975年)

<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


脇田寧人 (タレント 1972年)


八神ひろき (漫画家 1967年)


日渡早紀 (漫画家 1961年)


藤圭子 (歌手 1951年)


仲本工事 (タレント 1941年)


大塚周夫 (声優 1929年)


草村礼子 (女優 1940年)


杉山愛 (テニスプレーヤー 1975年)


山田優 (タレント 1984年)


幹てつや (タレント 1967年)


ジョルジュ・ポンピドー (フランス・政治家・首相 1911年)


ジャン・コクトー (フランス・作家 1889年)


ウォーレン・オーツ (アメリカ・俳優 1928年)
<今日の雑学>

ビキニ水着の由来
いよいよ海のシーズンの幕開け。最近は泳ぐためより見せるための水着が定着した。なかでも大胆ビキニは渚の注目の的。このビキニ水着が発表されたのが1946年の今日。フランスのルイ・レアールが世界で最も小さい水着として発表した。ビキニより先に発表された大胆なカットの水着が、アトム(原子)と呼ばれ、世界で最も小さい水着として評判になっていたことから、それよりもっと大胆な水着ということで、発表の4日前にアメリカの原爆実験を行ったビキニ環礁からその名をとって名前をつけたという。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

責任を生きがいに
人は成長するにつれて、だんだんその責任が重くなっていきます。そして、成人に達すると法律的にもはっきり少年のころとは違った責任を問われます。また、次第に高い地位につくようになると、それだけ責任が重くなります。しかし、人はもともと責任を問われるところに、人としての価値があるのだと思います。責任を問われることが大きければ大きいほど、それだけ価値が高いということが言えましょう。ですから、責任を問われるところに、生きがいもあろうというものです。責任を背負い、そのことに生きがいを覚えないとしたら、年齢は20歳をどれだけ過ぎようと一人前の人ではありません。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明け

今日は四国地方が梅雨明けした。
平年より13日、去年よりは19日早く梅雨明けした。わしの予想では、来週の頭から後半にかけてがおそらく梅雨明け宣言になるかと思ったら、予想より遥かに早く今日の昼過ぎに、梅雨明け宣言を行った。
平成10年の時には7月三日に梅雨明け宣言があったが、それよりは、一日遅い。今のところ天気は晴れているが山の方は時々誘導雲が在るみたい。
明日の朝は最低気温24の最高気温31℃という予想だ。

それはさておき、ライターを一つ落としたみたいだ。
ライターに入っているが座っ、多少残っているので別に気にはしていない。
今からしばらくの間晴天が、続くようだ。

さーてとりあえず今から、こそこそと用事をしようかな。とりあえず、またあとから出てくることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよ

いやー今日も朝から暑い。8時現在の気温29℃。最高気温は32℃まで上がるげな。
静岡県は大雨やと言うのにこっちは真っ青な青空までとはいかんけど天気はえー。
今日もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気温下がらん

今は2時48分。相変わらず気温は高い。2時現在26℃。これ以上さ伽藍のかなー。。エアコンは運転中とりあえず今から寝て明日のことにしようかなあ。今ラジオでは大滝栄一の曲が聞こえてくる。
これを子守歌にしてとりあえず寝ます。また明日もblogの更新するけんよろしく。
それでは、おやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

今日は何の日

2008  7/4 (金)先勝

ハッカ収穫後の休田に肥料用の菜種を植える。これ
は春まきで初夏に花が咲く。北海道北見。
<過去の出来事>


新橋にビヤホール開店(1899年)


フィリピン共和国成立(1946年)


初の経済白書発表(1947年)


第1回プロ野球オールスターゲーム開催(1951年)
<記念日>


●アメリカ独立記念日
1776年7月4日、前年からイギリスと戦っていたアメリカで、13の植民地からなるアメリカ大陸会議が、T・ジェファーソンの起草した独立宣言書を採択し、イギリスからの独立を宣言したのを記念する日。独立記念日は1977年に当時の首都であったフィラデルフィアで祝われたのが始まりだが、アメリカでは憲法百年記念祭を制定した以外に、国家で制定した祝祭日はなく、この日も国家の祝日ではない。そのかわり、各州で祝日が制定されている。
<今日生まれの著名人>


中川貴志 (タレント 1975年)


中原果南 (女優 1971年)


滝沢馬琴 (作家 1767年)


増田貴久 (タレント 1986年)


赤西仁 (タレント 1984年)


真野あずさ (女優 1957年)


ヤン・マグヌッセン (デンマーク・レーサー 1973年)


ニール・サイモン (アメリカ・劇作家 1927年)


ナサニエル・ホーソーン (アメリカ・作家 1804年)


スティーブン・フォスター (アメリカ・作曲家 1826年)


おりも政夫 (タレント 1953年)


あびる優 (タレント 1986年)


gackt (歌手 1973年)
<今日の雑学>

白くなくてもなぜ白書?
1947年の今日、初の経済白書が発表された。各省庁が年次報告を発表する書類などを「白書」というが、この白書という言葉は、「ホワイト・ペーパー」という英語からきている。元になったホワイト・ペーパーはイギリス政府が国民に外交の内容を知らせるためにつくった報告書の名で、文字どおり白い紙を表紙に使っていたことから、こう呼ばれた。日本の白書はそれを直訳したものである。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

心から訴える
私は自分の考えた一つの案を、会社なり上司に用いてもらうには、やはりそれなりの方法というか、持っていき方があるのではないかと思います。これは商売人が物を売り込むのと一緒です。“これ、いいから買え”と生意気に言ったのでは、うまくいきません。その売り込み方が肝心なのです。まあ商売であれば、いろいろの言葉も使えましょう。また宣伝の仕方もいろいろありましょう。しかし要は、それを非常に誠心誠意、訴えていくということだと思います。提案をするにしてもこれと同じことです。誠意を基本に喜んで用いられるような接し方を工夫する、そういうことが非常に大事な問題だと思うのです。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑かったのー

今日の香川県は今年一番の猛暑日だった。最高気温は高松市で33℃6分で綾川町と言うとこがあるけどここでは35度を超えて非常に暑くなっていた。
明日も最高気温は今日と同じく32度くらいまで上がるというよそうだった。
来週の前半から後半にかけてひょっとしたら梅雨明け宣言が出る可能性がある。今年の梅雨明けは平年よりも確実に早くなる可能性がある。
平成10年の7月には梅雨明けが3日だったこと覚えている。ちょうどその時には和歌山で毒物カレー事件が発生した年である。
この時の夏も非常に暑かったことを思い出した。
日中36度超えるような猛暑は前日続いていたことを思い出した。
しかし今年はセミが鳴くのが遅い。去年は7月の1日に蝉の鳴き声を聞いたが今年は全く蝉の鳴き声は全く聞いていない。
また、蝉が鳴き出したら蒸し暑いし風もなし。結構こたえるやろうなあ。
5月の終わりからずっと毎日冷房入れて就寝はするようにしている。
これは毎年恒例では在るが5月の終わりから9月の終わりまで毎日かかすことなく冷房入れて就寝もするようにしている。
わしが子供の頃には冷房は家には着いてなかったので、毎日毎晩大変寝るのに苦慮したことを思えている。ちなみに今も風邪はなし。雨は1時間程前に上がったけど、パラパラカラッとしか雨は降ってなかったので、蒸し暑さはずっと継続。
気温は27℃という気温だが、明日の朝は24度までしか下がらない予想だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02 歩数

日付:2008/07/02
歩数:11429歩
カロリー:478kcal
累積歩数:722920歩
いきいき歩数:7712歩
いきいき累積歩数:432565歩
脂肪燃焼量:68グラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

今日は何の日

2008  7/3 (木)赤口

開墾しつくされた北海道美瑛の丘、自然と人間の合
作が新しい風景をつくる。人の営みがそこにある。
<過去の出来事>


大阪市の天王寺公園の西に「新世界」が完成(1912年)


第4回日露条約調印(1916年)
<記念日>

今日は記念日はありません
<今日生まれの著名人>


池乃めだか (芸人 1943年)


西野亮廣 (タレント 1980年)


深作欣二 (映画監督 1930年)


森下涼子 (女優 1973年)


小橋めぐみ (女優 1979年)


初代引田天功 (マジシャン 1934年)


佐野あゆみ (タレント 1987年)


橋本真也 (格闘家 1965年)


岡村隆史 (タレント 1970年)


フランツ・カフカ (チェコ・作家 1883年)


トム・クルーズ (アメリカ・俳優 1963年)


つのだじろう (漫画家 1936年)
<今日の雑学>

不快指数のしくみ
この季節、よく聞くのが不快指数という言葉。暑くなると汗をかき、汗が蒸発するときに体から熱を奪うことで体温を一定に保つように調節しているのだが、湿度が高いと汗が蒸発しにくくなり、体温が下がらない。そこで気温と湿度の組み合わせで、実際に体に感じる暑さを計ろうというのが不快指数。不快指数が80になると、すべての人が暑くて不快だと感じる。気温が30度だと湿度が70パーセント前後で、不快指数80。湿度が80パーセントになると気温30度以下でも、不快指数は80になる。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

是を是とし非を非とする
とかく人間というものは、物事を数の大小や力の強弱といったことで判断しがちである。そしてまた、そういうことを中心に考えた方がいいという場合もあるだろう。しかし、それは日常のことというか、いわば小事について言えることではないだろうか。大事を決するに当たっては、そうした利害、損得といったものを超越し、何が正しいかという観点に立って判断しなくては事をあやまってしまう。それができるということが、指導者としての見識だと思うのである。とかく長いものにまかれろ的な風潮の強い昨今だけに、指導者にはこうした是を是とし、非を非とする見識が強く望まれる。
今日の運勢


申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>

Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>

●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>

土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>

夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杖こうた。ちょっと値段が高いけどと言うても5250円やけどの。アメリカ製の奴。
売っとる場所も直ぐ分かった。
さて今日こうた杖で何年使えるかやけど4年や5年は使いたいのー。
天気はあんまり芳しいことはない。
さっきぱらぱらっと雨降ってきたけど今は止んどる。
今晩も昨日同様に気温が下がらんらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

然し暑いなー

いやー然し暑いなー。風も全くないし。
さっきたばこワンカートン買いにコンビニ行ってきた。
今日から全国的にタスポが使えるようになったけどあれは不便やしタスポを導入した事によって未成年者の喫煙を抑止する事ができるとは言い切れんわの。
こないだもどこやったか忘れたけどおやじが息子にタスポのカードを貸してどうのこうのと言うニュースが在ったけど。
自販機でのたばこの売り上げは激減しとるやろうけど逆にコンビニなんかの手売りで買うところの売り上げはどうやろか。
さっきコンビニ行ってきたけどわしが吸うタバコが5箱しかなかったけんいつも吸うタバコのちょっと軽い奴にした。
因みにわしはロングピース「ロンピー」や。
中学校2年からタバコ吸いよるけどいろんな銘柄を試してみたけど最終的に戻ってずっと継続。
これ吸うたらほかのタバコはちょっといかん。
臭いなー。
朝目が覚めた瞬間に一本つけてから起きあがって活動開始。
さー今日も一日終わったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日

2008  7/2 (水)先負







シソ科、地中海沿岸が原産。花を蒸留して芳香のあ
る揮発性のラベンダー油が香料、薬用となる。
<過去の出来事>


ツェッペリンが初の硬式飛行船の試験飛行に成功(1900年)


国宝・金閣寺炎上(1950年)


東大全共闘結成。安田講堂バリケード封鎖(1968年)


南北ベトナム統一(1976年)
<記念日>


●うどんの日
7月2日は夏至から11日目で、雑節の半夏生(はんげしょう)のころにあたる。香川県ではこのころ、農民がうどんを作って食べ、忙しかった農繁期の労をねぎらうという習慣がある。これにちなんで「讃岐うどん」で有名な香川県生麺事業協同組合が、うどんのPRのために、1980年に制定した。
<今日生まれの著名人>


尾崎士郎 (作家 1898年)


南沙織 (歌手 1954年)


浅丘ルリ子 (俳優 1940年)


石川達三 (作家 1905年)


西川きよし (タレント 1946年)


上松美香 (音楽家 1982年)


小柳ルミ子 (歌手 1952年)


三宅健 (タレント 1979年)


亀山忍 (タレント 1969年)


恩地孝四郎 (版画家 1891年)


岡鹿之助 (洋画家 1898年)


レツゴーじゅん (芸人 1945年)


ルネ・ラコステ (フランス・ラコステ・ブランド創設者・テニス選手 1904年)


ヘルマン・ヘッセ (ドイツ・作家 1877年)


ダレン・シャン (アイルランド・作家 1972年)
<今日の雑学>

うどんの由来
うどんはもともと中国のもので、奈良時代に日本に伝わった。そのころは今のような形ではなく、小麦粉の皮に野菜や肉のあんを入れて煮た「混沌(こんとん)」と呼ばれる団子状のものだった。こねた小麦粉を平たくのばして切るという現代のような形になったのは室町時代ともいわれ、呼び名も「こんとん」から「うんとん」、「うどん」へと変わっていったのである。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

経営力の大切さ
商売を発展させていく上で、経営力というものが大切であることは、いまさら言うまでもないと思います。そしてそういった経営力は、その主人公といいますか、経営する立場にある人がみずからこれを持てば、一番望ましいことはもちろんです。けれども、現実には必ずしもそうでない人もあると思います。その場合、その会社や商店の経営はうまくいかないかというと必ずしもそうではありません。主人公みずからが経営力を持たなければ、しかるべき番頭さんを求めたらいいわけです。経営力の大切ささえ忘れなければ、やり方はいくらでもあると言えましょう。
申し訳ありませんが、この日の運勢はありません。
<誕生石・花>



Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>



●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>



土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>



夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も暑かった

今日も暑かった。気温は28℃まで上がった。
明日は天気が崩れてひる頃から雨になる。最高気温も多分今日と変わらんやろうの。
それはえーとして手絵のゴムが杖たし調子悪いけん買いに行く。
ちょっと値段がはるけどしゃーないわのー。
今の杖も4年使いよる。けど全く曲がってない。
この杖で結構歩いとるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日

2008  7/1 (火)友引







ラベンダー畑にポピー一輪、鳥の糞に混じった種か
ら生まれたのか?自然のいたずら。北海道富良野
<過去の出来事>


東海道線が全線開通。(1889年)
開通当時の新橋〜神戸間は20時間5分。


第1回衆議院議員選挙(1890年)


名神高速道路全線開通(1965年)


郵便番号制度実施(1968年)


環境庁発足(1971年)


総務庁発足(1984年)


山形新幹線開業(1992年)
<記念日>


●クレジットの日(日本クレジット産業協会)
1977年に制定された、正しいクレジット普及のための記念日。


●童謡の日
大正7年7月1日、児童文芸誌「赤い鳥」創刊にちなみ、日本童謡協会が1984年に制定。「赤い鳥」には芥川龍之介や有島武郎の小説や北原白秋、西条八十の童謡が掲載された。


●厚生保護の日(法務省)


●カナダ建国記念日

<今日生まれの著名人>


明石家さんま (タレント 1955年)


田丸美寿々 (キャスター 1952年)


大木凡人 (タレント 1949年)


浅井慎平 (写真家 1937年)


川崎敬三 (俳優 1933年)


星野一義 (カーレーサー 1947年)


山本圭 (俳優 1940年)


香山リカ (精神科医 1960年)


江頭2:50 (タレント 1965年)


関口知宏 (俳優 1972年)


横内正 (俳優 1941年)


レスリー・キャロン (フランス・女優 1931年)


ダイアナ妃 (英国王族 1961年)


カール・ルイス (アメリカ・陸上選手 1961年)


エミー・ジョンソン (イギリス・行士 1903年)


ウィリアム・ワイラー (アメリカ・映画監督 1902年)
<今日の雑学>

誤解から国名が決まったカナダ
1864年、イギリスの4つの植民地が連邦を結成してカナダとなり、1867年7月1日、イギリス連邦カナダ自治領になった。これを記念して、毎年7月1日は「カナダ・デー」(建国記念日)とされている。しかし完全な独立国家となるまでには、その後、115年の歳月を要した。カナダという国名は、インディアンのカナタ(kanata=小屋の集落)という言葉を、この地にきたフランス人J・カルティエが地名と思い込んだことからついた名だという。
<松下幸之助一日一話> PHP研究所編

素直な心の初段
聞くところによると、碁を習っている人は、大体1万回くらい碁を打てば初段になれるということです。素直な心の場合もそれと同じようなことが言えるのではないかと思います。まず素直な心になりたいと朝夕心に思い浮かべ、そうしてたえず日常の行ないにとらわれた態度がなかったかを反省する。そういう姿を1年、2年と続けて、1万回、約30年を経たならば、やがては素直の初段ともいうべき段階に到達することもできるのではないかと思うのです。素直の初段にもなったならば、まず一人前の素直な心と言えるでしょう。だから大体において、過ちなき判断や行動ができるようになってくると思います。
順位 星座 アドバイス 愛

運 健

運 金

1 山羊座 周りから幸運のお裾分けがありそうです ◎ ◎ ◎
2 乙女座 順調に運んで、心にもゆとりが生まれるでしょう ◎ ○ ◎
3 天秤座 尽くす相手を間違わなければ、奉仕は報われます ◎ ○ ○
4 双子座 目的をはっきり言えば思わぬ応援も得られそう ◎ ◎ ○
5 蟹座 早寝早起きすると気持ちが上向きます ○ △ ◎
6 蠍座 訪問者には、親切な態度で接しましょう ◎ ○ ○
7 牡羊座 先輩や上司を味方にしないと成就しません ◎ ○ △
8 水瓶座 過ぎたことにいつまでもくよくよしないこと ○ ○ △
9 魚座 トラブルには筋を通した和解を求めましょう △ ○ △
10 獅子座 物まねは度をすぎない程度に △ △ ○
11 射手座 物事がうまく行かずとも、クサらずボヤかずです ○ △ △
12 牡牛座 軽率な発言は慎みましょう △ △ △


星座一覧表
牡羊座 3 月21日〜 4 月19日生まれ
牡牛座 4 月20日〜 5 月20日生まれ
双子座 5 月21日〜 6 月21日生まれ
蟹 座 6 月22日〜 7 月22日生まれ
獅子座 7 月23日〜 8 月22日生まれ
乙女座 8 月23日〜 9 月22日生まれ
天秤座 9 月23日〜 10 月23日生まれ
蠍 座 10 月24日〜 11 月22日生まれ
射手座 11 月23日〜 12 月21日生まれ
山羊座 12 月22日〜 1 月19日生まれ
水瓶座 1 月20日〜 2 月18日生まれ
魚 座 2 月19日〜 3 月20日生まれ
<誕生石・花>



Illustrated by rueshell

誕生石=ルビー(情熱、威厳)

誕生花=蓮(雄弁)
<季節の言葉>



●暑中見舞い
暑中見舞いは7月中旬の梅雨明けから8月初旬の立秋までに着くように出しましょう。それ以降は残暑見舞いとして。梅雨明け、海開き、盛夏、猛暑、真夏日、油照り、入道雲、夕立、打ち水、虹、蚊遣り、土用干し
<旬の味>



土用にうなぎやしじみを食べる風習は、食欲が衰えがちな夏の栄養を補うための知恵。夏ばてを防ぐためには、タンパク質やビタミン豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

魚介=鰻(うなぎ)、烏賊(いか)、鱚(きす)、泥鰌(どじょう)、太刀魚(たちうお)、蜆(しじみ)、鮑(あわび)
野菜・果物=オクラ、茗荷(みょうが)、ししとう、枝豆、スイカ、メロン
<今月の草花>



夏の朝は、露に濡れた蓮や朝顔の花が涼しさを誘う。朝顔は遣唐使が種を持ち帰ったのが最初とか。最近は昼もしぼまない品種の朝顔も出回っている。
草原では一面を黄色に染めてニッコウキスゲが咲き、長野県霧ケ峰や栃木県霧降高原の群生が有名。

睡蓮(すいれん)、撫子(なでしこ)、桔梗(ききょう)、露草、昼顔、さぎ草、ほおずき、山百合、夏椿、ムクゲ
<風習・伝承>

●土用
7月19日から8月6日までは、土用(どよう)にあたる。土用は本来、年に4回。立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間をそれぞれ土用というのだが、現在では夏の土用だけを指すようになっている。土用とは「土旺用事(土がさかんになる)」が略されたもので、土用の間は土をいじったり、殺生を忌む習慣があった。土用にウナギを食べるのが盛んになったのは江戸時代から。平賀源内が知り合いのウナギ屋のために、土用丑の日のウナギを宣伝したら大当たり。以来定着したという説がある。地方によっては土用にしじみや餅、卵を食べる習慣もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »